2020.06.30

中国の古典編―漢詩を読んでみよう(3)『楚辞』(1)-「楽しい読書」第273号

 ―第273号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★ 2020(令和2)年6月30日号(No.273)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(3)『楚辞』(1)」

------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年6月30日号(No.273)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(3)『楚辞』(1)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回は、「中国の古典編―漢詩を読んでみよう」の3回目。

 前々回は、「漢詩とはなにか」について。

2020(令和2)年4月30日号(No.269)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか」

2020.4.30
中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか
-「楽しい読書」第269号
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2020/04/post-4871b8.html

 前回は、中国最古の詩集『詩経』を。

2020(令和2)年5月31日号(No.271)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(2)『詩経』から」

2020.5.31
中国の古典編―漢詩を読んでみよう(2)『詩経』から
-「楽しい読書」第271号
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2020/05/post-55a373.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/8784e67564bc9f86246c8785c366a2f2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ 中国最古の詩集 ◆
 中国の古典編―漢詩を読んでみよう(3)
  『楚辞』(1)
  ~ 『楚辞』とは何か ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Soji-sihsho-dsc09369-2

 ●『楚辞』とは何か

日常的、現実的なテーマの『詩経』に対し、
『楚辞』は、空想的、非日常的。

「離騒」では、

 《この地上では自分の離騒が実現しそうにないので、
  天国にのぼって理想をかなえてくれる人物をさがすという、
  空想的、幻想的な内容になっています。》

   一海知義『漢詩入門』より

 ●屈原

 《民衆に人望のあった屈原の命日、五月五日に、
  人々は屈原の遺体が水神の竜に食われぬようにと、
  竹の筒に米を入れて川に流し、
  それが端午の節句の粽(ちまき)の起源だ
  という説があります。》

   一海知義『漢詩入門』より

 ●代表作「離騒」

入谷仙介『漢詩入門』によりますと、

 《代表作の「離騒」は、屈原が国を追われて
  その悲しみをまぎらわすために、
  四方の世界へ空想的な旅をし、
  最後は竜にひかせた車に乗って、
  天上はるかに去っていくという、
  雄大な構想になっています。》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 漢詩の入門書等を読む

▲★『漢詩入門』一海知義/著 岩波ジュニア新書 1998.6.22

★『漢詩を読む 1 『詩経』、屈原から陶淵明へ』
江原正士、宇野直人/著 平凡社 2010/4/20
―漢詩の歴史をたどるシリーズ全4巻。第1巻は『詩経』から屈原の
 『楚辞』、漢や三国時代を経て東晋の陶淵明まで。
 俳優・声優の江原正士が専門家の宇野直人を相手に、代表的な詩
 を対話形式でわかりやすく読み解く。

▲★『漢詩入門』入谷仙介/著 日中出版 1979/01
―漢詩の有名作をたどりながら、その歴史と構造を解く漢詩入門。

★『中国の古代文学(一)神話から楚辞へ』白川静/著 中公文庫
BIBLIO 1980.9.10
―中国文学の原点『詩経』と『楚辞』の古代歌謡を『記紀万葉』と
 対比して考察する。文学の原点である神話が、中国では『書経』
 に人間の歴史として書き変えられ定着していると解説する。

 ●『楚辞』を読む

★『詩経・楚辞』目加田誠/訳 平凡社〈中国古典文学大系・15〉
昭和44 (1969)
―『詩経』の翻訳と解説。(後半は『楚辞』)

▲★『新書漢文大系・23・楚辞』星川清孝/著 鈴木かおり/編
 明治書院 2004.6.20
―原文に書下し文と解説・背景を伏したコンパクトな入門書。

 ▲マークは、本文で取り上げた本
 ★マークは、筆者のおすすめ本です。本選びの参考にどうぞ。
 (基本的に、筆者が“偶然”手にしたものを取り上げています。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌は、「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(3)『楚辞』(1)」」と題して、について、中国で二番目に古い詩集『楚辞』を紹介しています。

『楚辞』は、揚子江(長江)下流域の楚という国の歌の辞(ことば)の意で、屈原という一人の詩人の作品を中心にまとめられたものです。

屈原は、貴族の出身で国王の側近として国事にも仕えていましたが、他の寵臣の讒言によって追放され、二度目には入水自殺したという悲劇の人物です。

そういう背景に基づく詩ですので、なかなか心に迫るものがあります。

現代にも通じるものがあります。
一度は読んでほしいものです。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

 

『レフティやすおのお茶でっせ』

〈メルマガ「楽しい読書」〉カテゴリ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

| | Comments (0)

2020.06.25

ツイッター【#左利きミステリ入門】30回、ついにホームズものに突入!

以前、↓で紹介しましたように、

2020.5.24
ツイッターで【左利きミステリ入門】始めました


ツイッター左利きライフ研究30年☆レフティやすおで5月16日からは始めました
【#左利きミステリ入門】
ですが、

ついに30回となり、いよいよアーサー・コナン・ドイルのホームズものに突入しました。

最初のホームズものは、左利きが犯人の「ボスコム谷の謎」。

【#左利きミステリ入門】030/#アーサー・コナン・ドイル「#ボスコム谷の謎」1

Tw-hidarikikimystery-30-holmes-600

これは、世界三大推理小説名短編集の一つ、ホームズもの最初の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』の一編です。

また、この作品は「犯人が左利き」とバラしてもなんの問題もない、数少ない?作品の一つです。

次のホームズものは、第二短編集から「依頼人が左利き」の「黄色い顔」です。


ホームズ関連第三弾は、35回からジュリアン・シモンズの伝記『コナン・ドイル』から、ホームズの推理法を学んだ恩師の講義についてです。

第四弾は、1999年のクリスマス・デイの犯罪を描く、エドワード・D・ホックのホームズ・パスティーシュ「クリスマスの陰謀」です。

お楽しみに!



第一短編集:
『シャーロック・ホームズの冒険【新訳シャーロック・ホームズ全集】』日暮雅通訳 光文社文庫

第二短編集:
『シャーロック・ホームズの回想【新訳シャーロック・ホームズ全集】』日暮雅通訳 光文社文庫

ドイル伝記:
ジュリアン・シモンズ『コナン・ドイル』深町真理子訳 創元推理文庫

ホームズ・パスティーシュ:
『エドワード・D・ホックのシャーロック・ホームズ・ストーリーズ』日暮雅通他訳 原書房

| | Comments (0)

2020.06.15

私の読書論133-本と読書の話題-松岡正剛、佐藤勝対論集『読む力』から(3)

 ―第272号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2020(令和2)年6月15日号(No.272)「私の読書論133-
本と読書の話題-松岡正剛、佐藤勝対論集『読む力』から(3)」

------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年6月15日号(No.272)「私の読書論133-
本と読書の話題-松岡正剛、佐藤勝対論集『読む力』から(3)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回までは、松岡正剛、佐藤勝の両氏の対論集
 
 『読む力 現代の羅針盤となる150冊』中公新書ラクレ 2018/4/9

200515-yomutikara

 の第一章「子どもの頃に読んだのは」から、本好きであろう
 ご両人の子供時代の読書経験について見てきました。

 今回は、第二章以降の「本のガイド」である本書の軸の部分?
 から、
 私の気になった部分をピックアップしてみようと思います。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ◆ “知の系譜”をたどる ◆
  私の読書論133-
   本と読書の話題あれこれ
    ~ 松岡正剛、佐藤勝対論集『読む力』から (3) ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ●「現代の羅針盤となる150冊」のうちの100冊

 ●「通俗本」

ファラデー『ロウソクの科学』

p.160
《松岡 海外でいえば、イギリスの化学者・物理学者の
   マイケル・ファラデーは、電磁誘導、電気分解の法則を
   発見するなど、数々の偉大な業績を上げたのみならず、
   『ロウソクの科学』(1861年)のような、
   一般の人の科学に対する興味をかきたててやまない名著を
   残しているわけです。
 佐藤 確かにファラデーは重要です。私が子どもの頃は、
   読書好きの小学生は必ず読んでいた。》

p.181
《松岡 通俗本だからこそ、世界中の少年少女を、いや大人をも
   科学の神髄に目覚めさせる力を持ちえたのです。》

 ●読書には見取り図(読書ガイド)が必要だ

【気になった部分】――

「第三章 ナショナリズム、アナーキズム、神道、仏教……」

・読書には見取り図が必要だ

p.83
《佐藤 松岡さんが一か月で精読できる本は何冊ぐらいですか。
 松岡 何冊と数えたことはないですね。
   僕は一冊ずつ読むというわけではなく、
   関係する書物三〇冊くらいを図形のように配置して
   ほぼ同時に読むような読み方をしています。
   そのうち、読む必要がないと思ったものは途中でやめて、
   これは重要だと思った本は、目次から最後までじっくりと
   精読するような読み方です。
 佐藤 そうした読み方を可能にするためにも、まず、
   体系立てた学術的な知識が必要ですよね。
   読書には見取り図が必要です。》

 ●紙の本の利用法

「第四章 民族と国家と資本主義」

・フットノート(脚注)のあるなし

p.125
《佐藤 日本のアカデミズムではフットノートがないものは
   学術書として認定されない。
   居酒屋談義と同じ扱いになります。》

・紙の本はなくならない

pp.145-146
《松岡 本はコストパフォーマンスもいいし、折ったり、
   赤線を引いたりしながら読めます。
   ダブルページ(見開き)単位で
   内容を追っていけるのもいい。スクロールでは、
   かなり段落を短くしないと読みにくい。
 佐藤 僕も「本は汚く読め」と言っています。
 松岡 賛成。『読書の技法』の冒頭に書いていましたね。
   僕も「本はノートにしろ」
 佐藤 どうしても綺麗に読みたければ、二冊買えと。
   一冊は書き込んで、一冊は保存用にすればいいのだから。》

 ●翻訳について

「第五章 ラッセル、養老孟司、弘兼憲史」

・翻訳について

p.174
《佐藤 「元の言語で読むべし」などと
   翻訳を否定する人もいますが、これは実に間違った話で、
   絶対に必要なものだと思っています。
 松岡 バベルの塔の崩壊以来、必要です。
 佐藤 翻訳のなかには、必ず解釈が入ってきます。
   この解釈が重要なのです。ただし、解釈は人によって違う。
   ですから本当のことを言うと、
   基本的な書物、重要な書物に関しては、
   複数の翻訳が存在することが望ましいのです。
   読み比べれば、
   内容の把握を誤る危険性は低くなるでしょう。
   「この翻訳者は、なぜこういう訳をしたのか」
   を考えていくと、
   原著がより深く理解できるかもしれません。
 松岡 ロシア文学には、
   米川正夫と亀山郁夫の両方が必要だということ。》

*参照:
【アリストテレス『詩学』】

2020(令和2)年2月29日号(No.265)「私の読書論128-
私の年間ベスト3・2019年(前編)リアル系」

『詩学』アリストテレス/著 三浦洋/訳
光文社古典新訳文庫 2019/3/8

『アリストテレス 詩学/ホラーティウス 詩論』松本仁助・
岡道男/訳 岩波文庫 1997/1/16


【ロバート・ネイサン『ジェニーの肖像』】

2019(平成31)年1月15日号(No.239)-190115-
「私の読書論115-私の年間ベスト2018(後編)フィクション系」

『ジェニーの肖像』ロバート・ネイサン 大友香奈子訳
創元推理文庫 2005/5/23

『ジェニーの肖像』ロバート・ネイサン 井上一夫訳
ハヤカワ文庫 NV 1975/03


 ●複数の視点を持つ

・自分たちの教義を受け入れさせるための戦略

p.179
《松岡 やはり自分たちの教義を正しく落としていくためには、
   「排除」や「無視」では駄目だとわかっているのですね。》

 ●「読む」力が重要

佐藤優「あとがき」

《言語コミュニケーションにおいては、「読む」「聞く」
 「書く」「話す」と言う四つの力が要求される。
 そのうち読む力が基本になるということが
 意外と理解されていない。
 大人になってから外国語を習得する状況を考えてみよう。
 読む力の範囲内で残りの三つの力が発揮されるのである。
 外務省の研修で、ロシア語を徹底的に叩き込まれた際に、
 私はそのことを痛感した。実は、母語においても、
 知的に高度な操作が必要とされる分野においては、
 読む力をつけることが何よりも重要なのである。》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌は、「私の読書論133-本と読書の話題-松岡正剛、佐藤勝対論集『読む力』から(3)」と題して、『読む力』の第二章以降について、気になった部分を抜き出し、私のコメントを付けて説明しています。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

『レフティやすおのお茶でっせ』

〈メルマガ「楽しい読書」〉カテゴリ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | Comments (0)

2020.05.31

中国の古典編―漢詩を読んでみよう(2)『詩経』から-「楽しい読書」第271号

 ―第271号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

 

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★ 2020(令和2)年5月31日号(No.271)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(2)『詩経』から」

 

 

------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年5月31日号(No.271)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(2)『詩経』から」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回は、「中国の古典編―漢詩を読んでみよう」の2回目。

 

 前回は、

 

2020(令和2)年4月30日号(No.269)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか」

 

2020.4.30
中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか
-「楽しい読書」第269号
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2020/04/post-4871b8.html

 

 で、「漢詩とはなにか」について見てきました。

 

 

 今回は、中国最古の詩集『詩経』を取り上げます。

 

 『詩経』は、以前「中国の思想編」で、
 四書五経の一つとして紹介しました。

 

2016(平成28)年4月30日号(No.174)-160430-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(6)詩経を読む(前編)」

 

2016.4.30 古代中国思想編(6)詩経を読む(前編)
―第174号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2016/04/6-a99b.html

 

2016(平成28)年5月31日号(No.176)-160531-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(7)詩経を読む(後編)」

 

2016.5.31 古代中国思想編(7)詩経を読む(後編)
―第176号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2016/05/7-1014.html

 

 

 今回は、文学書の一つの詩集として取り上げてみます。

 

 今回も、一海知義さんの『漢詩入門』を参考に書いてゆきます。

Kansi-iwanamij


一海知義『漢詩入門』岩波ジュニア新書 1998.6.22

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ 中国最古の詩集 ◆
 中国の古典編―漢詩を読んでみよう(2)
  『詩経』から
  ~ 桃と花嫁―「桃夭」 ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 ●『詩経』とは何か

 

2016(平成28)年4月30日号(No.174)-160430-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(6)詩経を読む(前編)」

 

から

 

--
 ●『詩経』の解釈

 

  《... 『詩経』の歌は神々の物語を欠く代わりに、人間は、
   個人的にも集団的にも、実に多様また詳細に観察され、あ
   るいは民謡として、あるいは抒情詩として、あるいは風刺
   詩として表現されている。... 》p.127-8

 

     (竹内照夫『四書五経入門』)
--

 

 ●『詩経』の基本型
 ●『詩経』「桃夭」

 

『白川静 漢字の世界観』「第四章 古代歌謡と興の方法」

 

  《... 謡(うた)ってみようと感じた「そのこと」「そのおも
   い」を詠むために、まず歌い手や詠み手が何かを思いおこ
   すことがおこります。このとき先行するイメージや言葉の
   動きの初動が「興」というものです。》p.121

 

  《... 歌謡にはそれが生まれたときのさまざまな本来の原風
   景や原体験のようなものがあるはずなのですが、その原風
   景や原体験は【興的な方法】(原文傍点)によって、当時の
   呪能性とともによびおこせるようになっているのだろうと
   いうことです。》p.132

 

一海知義『漢詩入門』より

 

「桃夭」

 

(原文) (読み下し)
桃之夭夭  桃(もも)の夭夭(ようよう)たる
灼灼其華  灼灼たり 其の華
之子于帰  之(こ)の子(こ) 于(ゆ)き帰(とつ)ぐ
宜其室家  其(そ)の室家(しつか)に宜(よろ)しからん

 

桃之夭夭  桃の夭夭たる
有■(ふん)其実  有(まこと)に蕡(ふん)たり 其の実
之子于帰  之の子 于き帰ぐ
宜其家室  其の家室に宜しからん

 

桃之夭夭  桃の夭夭たる
其葉蓁蓁  其の葉 蓁蓁(しんしん)たり
之子于帰  之の子 于き帰ぐ
宜其家人  其の家人(かじん)に宜しからん

 

(訳)
桃の木の若々しさよ。燃え立つようなその花よ。
桃の花のようなこの娘は、いまお嫁にゆく。
とつぎ先にふさわしいいい嫁御(よめご)になることでしょう。

 

桃の木の若々しさよ。はちきれんばかりのその実よ。
桃の実のようなこの娘は、いまお嫁にゆく。
とつぎ先にふさわしいいい嫁御になるでしょう。

 

桃の木の若々しさよ。ふさふさと繁ったその葉よ。
桃の葉のように豊かなこの娘は、いまお嫁にゆく。
その嫁ぎ先にふさわしいだろう。
とつぎ先の人々にもいい嫁御になるでしょう。

 

 《三千年も前の人々なのに、
  たいへんよく計算して詩を作っていることがわかります。》

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本誌は、「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(2)『詩経』から」と題して、『詩経』の一編「桃夭」を例に取り上げて説明しています。

 

『詩経』は以前「中国古代思想」編で取り上げています。
それを振り返りながら、漢詩の一例という文学作品として解釈しています。

 

 ・・・

 

詳細は本誌で!

 

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

 

『レフティやすおのお茶でっせ』

〈メルマガ「楽しい読書」〉カテゴリ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 漢詩の入門書を読む

 

一海知義『漢詩入門』岩波ジュニア新書 1998.6.22

 

『漢詩を読む 1 『詩経』、屈原から陶淵明へ』江原正士、宇野直人/著 平凡社 2010/4/20
―漢詩の歴史をたどるシリーズ全4巻。第1巻は『詩経』から屈原の『楚辞』、漢や三国時代を経て東晋の陶淵明まで。俳優・声優の江原正士が専門家の宇野直人を相手に、代表的な詩を対話形式でわかりやすく読み解く。

 

『漢詩入門』入谷仙介/著 日中出版 1979/01
―漢詩の有名作をたどりながら、その歴史と構造を解く漢詩入門。

 

 ● 『詩経』の概説書・その他を読む

 

『中国の古代文学(一)神話から楚辞へ』白川静/著 中公文庫BIBLIO 1980.9.10
―中国文学の原点『詩経』と『楚辞』の古代歌謡を『記紀万葉』と対比して考察する。文学の原点である神話が、中国では『書経』に人間の歴史として書き変えられ定着していると解説する。

 

『白川静 漢字の世界観』松岡正剛/著 平凡社新書440 2008.11.14

 

竹内照夫『四書五経入門 中国思想の形成と展開』平凡社ライブラリー320 2000.1.24
「第四章 風雅の起り―『詩経』」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

| | Comments (0)

2020.05.24

ツイッターで【左利きミステリ入門】始めました

私のツイッター
左利きライフ研究30年☆レフティやすお
で、

「#おうち時間 は一人で #本 #読書」ということで、


【#左利きミステリ入門】

を始めました。

Hidarikiki-mystery-oversea-3
海外ミステリ

Hidarikiki-mystery-2
国内ミステリ

 ・・・


●5/16

自粛一部解除とはいえ

#おうち時間 は一人で #本 #読書 !

#左利きライフ研究家 らしく私の趣味を活かして
#海外ミステリ #国内ミステリ から
#左利き の登場人物たちの左利きらしい動作を描いた
#左利きの人 が活躍?する
#左利きミステリ
について紹介する【#左利きミステリ入門】を始めます。



●5/16

【#左利きミステリ入門】001
 
#左利きミステリ とは
#左利きの人 が主要登場人物である物語や
#左利き の性質をトリックに活用した推理小説等の
#ミステリ の総称をいう。


#国内ミステリ ― #東野圭吾『#どちらかが彼女を殺した』
#海外ミステリ ― #エラリー・クイーン『#シャム双子の秘密』
など



●5/16

【#左利きミステリ入門】002

個々の作品を「#左利き を扱うミステリ」と分類することで、一部ネタバレになる場合があります。

ただ、謎解きものでも、大半の作品ではメイン・トリックよりもサブ・トリックとして使われるケースが多く、
鑑賞上、一番のおいしいところでは問題ない、と考えています。



●5/16

【#左利きミステリ入門】003

#左利きミステリ
≪人物別≫分類

#左利き の登場人物を分類すれば、以下の5つのタイプが考えられます――

◆#左利きの探偵
◆#左利きの被害者
◆#左利きの犯人
◆#左利きの容疑者
◆#左利きのその他の事件関係者
例:
○依頼者
○名画の本当の画家
○謎の本の著者
等々



●5/17

【#左利きミステリ入門】004

#左利きミステリ
≪人物別≫分類 1

◆#左利きの探偵

【#国内ミステリ】
○検屍官 #ケイ・スカーペッタ
#コーンウェル『#死因』

【#国内ミステリ】
○サウスポー(左腕投手)・沢村
#水原秀策『#サウスポー・キラー』
○青年へルパー #神原淳
#愛川晶『#ヘルたん』



●5/18

【#左利きミステリ入門】004
#左利きミステリ
≪人物別≫分類 1
◆#左利きの探偵

で、間違いがありました。

(×)
【#国内ミステリ】
○検屍官 #ケイ・スカーペッタ
#コーンウェル『#死因』


【#海外ミステリ】です。
失礼しました。

(○)
【#海外ミステリ】
○検屍官 #ケイ・スカーペッタ



●5/19

【#左利きミステリ入門】005

#左利きミステリ
≪人物別≫分類 2

◆#左利きの被害者

【#海外ミステリ】
#アガサ・クリスティー「#厩舎街ミューズの殺人」
『#死人の鏡』収録

【#国内ミステリ】
#東野圭吾『#どちらかが彼女を殺した』
#齋藤栄『#春夏秋冬殺人事件』冬の部

#本
#読書
#左利き



●5/20

【#左利きミステリ入門】006

#左利きミステリ
≪人物別≫分類 3

◆#左利きの犯人

【#海外ミステリ】
#ドイル「#ボスコム谷の謎」
『#シャーロック・ホームズの冒険』収録

#ルブラン「#赤い絹の肩掛け」
『#リュパンの告白』
旧版『#世界短編傑作集2』江戸川乱歩編
収録

#本
#読書
#左利き



●5/21

【#左利きミステリ入門】007

#左利きミステリ
≪人物別≫分類 4

◆#左利きの容疑者
―左利きの犯行と推測され、容疑者とされるが……。

【#海外ミステリ】
#アガサ・クリスティー『#ゼロ時間へ』
同『#検察側の証人』戯曲

【#国内ミステリ】
#我孫子武丸『#8の殺人』

#本
#読書
#左利き



●5/22

【#左利きミステリ入門】008

#左利きミステリ
≪人物別≫分類 5

◆#左利きのその他の事件関係者

【#海外ミステリ】
○依頼人
#ドイル「#黄色い顔」
『#ホームズの回想』

○画家
#オームロッド『#左ききの名画』

【#国内ミステリ】
○作家
#恩田陸『#三月は深き紅の淵を』

#本
#読書
#左利き



●5/23

いよいよ全国的に外出自粛も解除目前!

とはいえまだまだ油断大敵!

#おうち時間 は一人で #本 #読書

#左利きライフ研究家 らしく
#左利き の登場人物たち
#左利きの人 が活躍?する
#左利きミステリ を紹介する

【#左利きミステリ入門】

[009]からは個別の作品を!

まずは #海外ミステリ から。


 ・・・

一日一ツイートでやっています。

これから23日のツイートにもありますように、次回[009]からは、それぞれ個別の作品を取り上げてゆきます。

まずは海外ミステリを。

原則として、今私の知っている範囲で、年代順にツイートしていく予定です。


「左利きミステリ」に関しましては、メルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』で、以前「名作の中の左利き」というテーマで何回か書き、その発展系として、「推理小説編」を二十数回続けたことがありました。

まあ、それらを元にその後に発見した作品を追加してゆきます。

お楽しみに。

--

| | Comments (0)

2020.05.15

私の読書論132-本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(2)

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★ 2020(令和2)年5月15日号(No.270)「私の読書論132-
本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(2)」

 

------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年5月15日号(No.270)「私の読書論132-
本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(2)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回も、松岡正剛、佐藤勝の両氏の対論集

200515-yomutikara

 
 『読む力 現代の羅針盤となる150冊』中公新書ラクレ 2018/4/9

 から、両氏が本好き、読書好きになったきっかけや、
 のちに読書の達人になるに至るまでの
 子供時代の読書経験について

 「第一章 子どもの頃に読んだのは」

 からのぞいてみます。

  読書好きになる方法
  子供を読書好きにする方法
 
 が、導き出せるかもしれません。

 今回は、松岡さんの中学生時代の名伯楽について、
 それぞれの大学時代、および、本について、など。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ◆ 読書の名伯楽 ◆
  私の読書論132-
  本好きになる子供時代の経験とは?
    ~ 松岡正剛、佐藤勝 両氏の場合 (2) ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ●松岡さんの名伯楽―両親
 ●松岡さんの名伯楽―小学校の先生

pp.28-30
 《松岡 そこでは、自分が選んだものと、他の人間が
    入れた本との「競い合い」も生まれるでしょう。
    本はそうやって読むものだ、
    という教え方をしたんです。
    (略)
    先生は、「他のやつが選んだものも読んでみろ。
    そうすると、友達のこともよくわかるし、
    その本のこともわかる」と言ってましたね。/
     実際、自分は深く考えもせずにリンカーンとか
    フランクリンとかの伝記を読んだのに、
    友人には鉱物図鑑に夢中になる奴がいる。
    どうしてそういうものをセレクションしたのか、
    ブラウジングしてきたのかというのは、
    子ども心にも興味深いのですね。
    そんなことを感じながら、友達の選んだ本も読む。
    「読み手ごと本を読む」というスタイルが、
    そのときにちょっとだけですが
    芽生えた気がしています。
  佐藤 それこそ「編集工学」の原点ではないでしょうか。》

 ●本とは何か

p.29
 《松岡 本って中身だと思われているけれど、
    著者や表紙の雰囲気や発刊時期や
    タイトルの付け方やサブタイトルも重要です。
    それらを含めて本と出会うべきなんですね。となると、
    本にはいろいろなナビゲーターやブラウザーがいた。
    読者はそんな体験を含んで養われれます。
    本は著者自身が「動かして」いるわけではなくて、
    版元がありエディターという人がいて、
    本棚に入っている。それらがブラウザーとして働いて、
    著者たちを登場させ、組み合わせている。
    そんな意識を、なんとなくその小学校の先生から
    植え付けられた感じがするのです。》

●松岡さんの名伯楽―中学校の国語の先生

pp.30-31
 《松岡 そういういろんなジャンルの本を読ませて、
    解説するという授業だったのです。
    それをやってわかってきたのは、
    知識というものはどこかに格納されている、
    必ず何かにファイリングされているのだということです。/
     つまり、誰かの思想というものは、
    どこかにムニュッと剥き出しになってあるのではなくて、
    先生の推挙や解説とともに一冊の本の中にある。
    (略)
    本の中に仕舞われていたものを、藤原先生が
    (略)
    僕らに語るわけなんですね。
    先生がなぜそれらの本を持ち出すのかといえば、
    そこにある思想や知識やその他諸々を、
    僕らに提起するためではないのかというふうに、
    思えてくるわけです。》

 ●同級生との切磋琢磨――松岡さんの場合
 ●同級生との切磋琢磨――佐藤さんの場合

pp.32-33
 《松岡 本がなければ、人は思想を話すことはできません。/
    もっと言えば、そもそもリテラシーというものは、
    口語ではなく文章語なんですね。ということは、
    リテラルな言語は本以外からはなかなか出てこない。
    なのに、そこをみんなネグって
    知ったかぶりになったことが、結果的に読書力を落とす
    原因になっているのではないか。
    佐藤流の書き方は、そんなことまで考えさせてくれる。》

 ●佐藤優:書評での引用について――

・佐藤優:書評での引用について――
書評を書く際の鉄則として、引用のない書評は書かない。

「引用のない書評は相当警戒しないといけない」

pp.39-40
 《佐藤 書評で引用するということは、
    そこでとても重要な判断を下しているわけですよ。
    言い方を変えると、あえて引用すべき部分を見定めて、
    それに対して、地の文で自らの論評を加えてゆくのが
    フェアで、読者にとっても親切な書評なのではないかと
    思うのだけれど、(略)
  松岡 (略)引用とか、あるいは本歌取りとか、転位、
    デペイズマンするということは、思想の書き換えに
    連なる重要な営みにほかなりません。
    そのときに「本歌」を隠したりすれば、
    その思想が信用を得るのは難しいでしょうね。
  佐藤 少なくとも、追跡できるスタイルにしないといけない。
    学術論文だったら、フットノート(脚注)で
    追跡できるんです。
  松岡 トレーサビリティーがのこりますよね。》

p.54
 《松岡 作者の顔のどこをカットアップしたか、
    というのが引用ですよね。
    その人とどういうアイコンタクトを取ったか
    ということがもろに現れますから、
    引用者のインテリジェンスが
    問われることになるのですが、
    その重要性があまり認識されなくなっている。
  佐藤 地の文には、オリジナリティーがある。
    他人の文章をカギ括弧をつけて持ってくるのは、
    コピーにすぎない。だから他人のテキストの内容でも
    極力地の文に丸めてほしい。
    そういう単純な発想に象徴されるように、
    私には、何か本を出す側が
    自縄自縛になっているように思えてならないのです。》

 ●マーキング読書法とノートの抜き書き

・松岡正剛:マーキング読書法について――

自分で入手した本に自在にマーキングする愉しみ。

p.50
 《佐藤 マーキングはとても大事な読書術の一つです。
    僕も『多読術』やイシス編集学校では、
    マーキング読書法を勧めています。読書にはそもそも
    コンデンセーションやコンプレッションが必要です。
    本自体も濃縮や圧縮が起こっています。
    本を読むということは、それを解凍する作業でもある。
    冷凍食品は、解凍しない限りは食べられない、
    味もわからない。それと同じです。マーキングは、
    それをさらにわかりやすく促進する方法ですね。/
     著者が、どんなコンデンスの仕方をしているのかを
    解けるかどうかも、読書の難しさであり、
    醍醐味でしょうね。》

 ●「読者に伝える側」の課題

<「伝えたい相手」のない思想は、つまらない>といいます。

pp.51-52
 《松岡 読ませるためには、読者の身体とか、表情とか、
    そのときの目つきとかが、
    まざまざとイメージできるような作り方をしないと、
    駄目だと思うのです。
    本に著される思想とか知識とかというものは、
    リフレクターが介在したり、
    何かと鏡像関係を結んだりすることで、
    大きく変わってくるものです。「伝えたい相手がいる」
    「読者の顔が見える」ことによって、
    初めてブラウザーを的確に働かせることができる。
    伝えたい相手がいないメディアは、やっぱりつまらない。
  佐藤 そう思います。なぜこんなにくそ忙しいのに
    大学の仕事をするのかと言えば、
    それを伝えたい学生がいるからなのです。
    全員かどうかは別として(笑)。》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌では、「私の読書論132-本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(2)」と題して、少年時代から本好きにさせた先生や学友についての話と、二人の書評や読書法のことなどについて紹介しています。

それらに対する私のコメントについて、一つだけ紹介しておきましょう。

「●佐藤優:書評での引用について――」の節で書いた文章です。

オリジナルの文章というのは、
必ずしも個人のものと限らないような気がします。

 

名言とか格言とかいったものは、
人類共有の財産でもあるわけで、
それをそのまま引用できることが基礎的な教養でもあり、
そこからどう一歩踏み出した文章を書けるかが、
その著者の持つ筆力であり、才能でしょう。

 

引用はオリジナルであり、
その引用からの進化した一歩もまたオリジナルだ、
ということです。

 

私のコメント類は、本誌購読者のみのお楽しみです。
ぜひ、ご購読のほどを!

 ・・・ 

では、詳細は本誌で!

 

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

 

『レフティやすおのお茶でっせ』

〈メルマガ「楽しい読書」〉カテゴリ

 

 

| | Comments (0)

2020.04.30

中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか-「楽しい読書」第269号

―「レフティやすおの楽しい読書」第269号

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2020(令和2)年4月30日号(No.269)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか」


☆彡

新型コロナウイルスが、世界中で猛威をを奮っています。

日本でも緊急事態宣言が為されました。

日々、心が暗くなる毎日です。

この新型コロナウイルスへの恐怖から、
色々と不安になって、
体調を狂わせている人もいらっしゃるかもしれません。

日赤のホームページで
「心の健康を保つために」という注意が紹介されています。

http://www.jrc.or.JP/


「赤十字NEWSオンライン版」から
「社会を分断する 「不安」の感染」 に
あげられていた

 「不安」から心を守る 5つの方法

を転載します。

--
落ち着きを取り戻すために、
次のような方法を試してみましょう。

[1]
まずはリラックス。
ほっとする時間を作ろう
[2]
熱中できたり
心が晴れる活動に時間をさく。
運動も効果的!
[3]
この「騒ぎ」から一歩引いて、
別の視点を持つ人と話をしてみる
[4]
「その情報は正しい?」
冷静に情報の信頼性を考えよう
[5]
食べて(健康的な食事)、
寝て(質の良い睡眠)、
自分をいたわろう

つい陥ってしまいがちな「不安」の感染に気づき、
セルフケアに努めましょう!
--


実は、私自身がそうでした。

そこで、メルマガの原稿書きに励んでいます。
というか、励もうと心掛けています。

少しは気分が落ち着いたかもしれません。


------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年4月30日号(No.269)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨年10月をもちまして、

 「古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう」は終了。


2019(令和元)年10月31日号(No.258)-191031-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(33)『孫子』後編」


 今月からは「中国編」は変わりませんが、
 「漢詩編」となります。

 詩は得意ではないのですが、これもお勉強ということで。

 結構知っている言葉や言い回し、故事成語が出てくる
 というのも、「古代思想編」と同じです。

 知らないうちに耳にしている、という詩の一節があるものです。

 それらの原典を改めてみておくことにより、
 中途半端な知識を確かなものに変える、
 ということも大切です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ 漢詩はリズム ◆
 中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)
  漢詩とはなにか
  ~ 有名な言葉とその出典としての漢詩 ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ●「漢詩」を学ぶことは、「人」を知ること

唐の時代の詩人・杜甫「春望」

国破山河在
城春草木深
感時花濺涙
恨別鳥驚心
烽火連三月
家書抵万金
白頭掻更短
渾欲不勝簪

国破れて山河在り
城春にして草木深し
時に感じては花にも涙を濺(そそ)ぎ
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
烽火(ほうか)三月(さんげつ)に連なり 
家書万金に抵(あた)る
白頭掻けば更に短く
渾(す)べて簪(しん)に勝(た)へざらんと欲す


*参考
一海知義『漢詩入門』岩波ジュニア新書 1998.6.22

 ●「漢詩」とは?
 ●漢詩のリズム
 ●リズムを知れば、読みやすくなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌では、「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか」と題して、中国の、日本でいう「漢詩」を読んでみようというシリーズの第一回目「漢詩とは何か」です。

日本でいう「漢詩」というのは、「漢文で書いた詩」を意味します。
中国では「旧詩」というそうです。
中国で「漢詩」とは、「漢代の詩」を指します。
「唐代の詩」を「唐詩」と呼ぶように。

このように、日本と中国では同じ漢字を使っていても意味が違っていたり、ずれがあるそうです。

その辺が難しくしている面がありますが、リズムを知れば読みやすくなるそうです。

私は詩が苦手で、図書館も休館中ということで勉強もままなりませんが、ぼちぼちと勉強していこうと思います。

 ・・・ 

では、詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

『レフティやすおのお茶でっせ』

〈メルマガ「楽しい読書」〉カテゴリ

| | Comments (0)

2020.04.15

私の読書論131-本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(1)

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★ 2020(令和2)年4月15日号(No.268)「私の読書論131-
本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(1)」

 

 

------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年4月15日号(No.268)「私の読書論131-
本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(1)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回は、松岡正剛、佐藤勝の両氏の対論集

200515-yomutikara
 
 『読む力 現代の羅針盤となる150冊』中公新書ラクレ 2018/4/9

 

 から、両氏が本好き、読書好きになったきっかけや、
 のちに読書の達人になるに至るまでの
 子供時代の読書経験について

 

 「第一章 子どもの頃に読んだのは」

 

 からのぞいてみます。

 

  読書好きになる方法
  子供を読書好きにする方法
 
 が、導き出せるかもしれません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ◆ 読書の名伯楽 ◆
  私の読書論131-
  本好きになる子供時代の経験とは?
    ~ 松岡正剛、佐藤勝 両氏の場合 (1) ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 ●読書好きになるパターン
p.17
 

佐藤 私が本を読み始めたのは、遅いんですよ。本格的に読むようになったのは、中学に入ってからです。
  松岡 まあ、決して遅くはないですけれど。
  佐藤 いや、本当に本の好きな人は、小学生のときには、もうかじりついているでしょう。松岡さんは、そうだったんじゃないですか?
  松岡 そうですね。両親が俳句を嗜み、母が小唄を、父がお茶をやるので、一種の遊芸めいた本が家の中に結構あって、物心ついた頃から、そういうものに普通に触れたりはしていました。

 

 ●佐藤勝さんの小学生時代
p.18
 

佐藤 わが家は恐ろしく本の少ない家だったんですよ。

p.18
 

佐藤 ある時期まで、買い与えてくれなかったのです。母の本棚には、アンドレ・ジイドの『狭き門』や『背徳者』などがありましたが、「小説なんて読むもんじゃありません」とカバーをかけられていた(笑)。

p.21
 

佐藤 ですから、本よりもラジオ、無線が大好きな無線少年だったわけですよ。そういう状況が一変したのは中学一年のときでした。

 

 ●松岡正剛さんの小学生時代
p.18
 

松岡 いまから思うと、そこでめちゃくちゃ深い教養を交わし合っていたのです。/
    そんな環境に、ちょっとだけ影響を受けながら、本にまみれていったという感じでしょうか。でも、最初に読んだのは、やっぱり石井桃子や小川未明などのどうわのあれこれと、リンカーンやフランクリンやキュリー夫人の伝記ですよ。
  佐藤 それは、家に蔵書としてありました?それとも学校で読みました?
  松岡 両方です。小学校では図書委員をやっていましたね。そっちでは鉱物や昆虫の図鑑と、それからアンデルセンやグリムの童話ですね。

 

 ●読書の名伯楽:佐藤勝さんの場合
p.24
 

佐藤 「とにかく読め」が口癖で。先生の主張するところによれば、「読む力は、聞く力、書く力、話す力を凌駕するのだから、読むんだ」と。

 

 ●夏目漱石の『こころ』について
 ●佐藤さんを本の世界に誘った名伯楽
p.25
 

佐藤 そう。「わからないかもしれないけれど、読め」「その雰囲気だけでも味わってみろ」と、生徒を挑発するわけです。
  松岡 そういうのが大きい。リベラルアーツ(教養)って、そういうものです。それで、まんまと挑発に乗ってしまったんでしょう(笑)。
  佐藤 その通りで、とにかくその先生に追いつきたかった。
  松岡 その先生は、まさに佐藤さんを本の世界に誘った名伯楽だと思います。子どもで大人でもそうなのですけれど、読書においては、もちろん著者自身が伯楽であるばかりでなく、そもそもそこに辿り着くために本を指し示す優れたナビゲーターが、どこかで必要です。本というのは、それくらいとてつもなく数が多いわけだから、ナビゲーションが必要なんです。

 

 ●本の世界のナビゲーション、またはガイドブック
 ●異能の学習塾教師、ニーチェのこと
p.25
 

松岡 モーパッサンや倉田百三を取り上げたり、『こころ』にクレームつけたりするあたりも含めて、その先生のセンスは抜けてますね。 
  佐藤 そう思います。異能の学習塾教師だった。彼は、「気を付けないといけないのは、フリードリヒ・ニーチェと、カール・マルクスの二人だ」とも言ってました。
  松岡 それも深い。   
  佐藤 生半可な気持ちで読んで、中途半端に取り込むと、自分の頭で思考できなくなる。「自分の場合、マルクスは、学生時代にテニスのほうが楽しくなって抜け出すことができたけれども、ニーチェは大変だった」と。「ニーチェに絡まれると、10年くらい抜け出せなくなる」と、笑いながら話していました。
  松岡 その感覚はよくわかる。ぼくもニーチェについては「すごいけれども、真似をするものではない」と、ずっと書いてきた。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本誌では、それぞれの引用文の間に、私なりの感想なども入れています。

 

そちらは、本誌を購読の上ご確認ください。
(購読者募集中です。無料です。よろしく!)

 

 

一言だけサービスとして書いておきますと――

 

本の世界は広いので、子供の頃に、本のナビゲーターとなる人、読書の“名伯楽”といった存在に出会えるかどうか、というのが大きなポイントだ、ということです。

 

本の世界に誘ってくれる人の存在が、読書好きになれるかどうかのポイントだ、とも言えるでしょうか。

 

そういう人に出会えなければ、自分なりに読書ガイドのようなものを見つけ出せるかどうか、ですね。

 

 ・・・ 

 

では、詳細は本誌で!

 

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

 

『レフティやすおのお茶でっせ』

〈メルマガ「楽しい読書」〉カテゴリ

 

| | Comments (0)

2020.03.31

私の読書論130-私のベスト3[2019]フィクション系(2)~横田順彌明治小説コレクション全3巻

―第267号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★ 2020(令和2)年3月31日号(No.267)「私の読書論130-
私の年間ベスト3・2019年フィクション系(2)」

 

------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年3月31日号(No.267)「私の読書論130-
私の年間ベスト3・2019年フィクション系(2)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回は、
「私の年間ベスト3・2019年フィクション系(1)」
 でした。

2020(令和2)年3月15日号(No.266)「私の読書論129-
私の年間ベスト3・2019年フィクション系(1)」

2020.03.15
私の読書論129-私のベスト3[2019]フィクション系(1)
~ベスト3ぐらい
―「レフティやすおの楽しい読書」第266号
『レフティやすおのお茶でっせ』版

『新生活』版

 

 今回は、「フィクション系」の2回目、終了です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 - 現代の古典SF -
  ~ 私の年間ベスト2019 フィクション系 (2)~
  横田順彌明治小説コレクション全3巻
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回のおさらい――
 ●(1)メルマガ用のお勉強の本
●(2)それ以外の古典の名作
 ●(3)小説や左利き本等著作のための勉強本
 ●(4)個人的な趣味の作品
 ●2019年に読んだ〈フィクション系〉ベスト3ぐらい
--
というわけで、
いよいよベスト3の紹介です。

 

 ●1位―横田順彌明治小説コレクション全3巻

(1)横田順彌明治小説コレクション全3巻 日下三蔵編 柏書房 2017

『時の幻影館・星影の伝説』 2017/8/1
―≪日本SFの祖・押川春浪と門人・鵜沢龍岳が遭遇する数々の摩訶
 不思議―SFの奇才にして古典SF研究の第一人者・横田順彌が贈る、
 科学と綺想、怪奇と幻想に満ちた“空想科学探偵譚”!≫

『夢の陽炎館・水晶の涙雫』 2017/9/1
―≪永久機関研究者の執念、日露戦争生還兵の予言、絵から抜け出
 す幽霊、南極探検に端を発する怪事件、押川春浪と鵜沢龍岳が挑
 む超常現象!SF、ミステリ、幻想…“空想科学探偵譚”復刻第2弾! ≫

『風の月光館・惜別の祝宴』 2017/10/1
―≪帝都を襲う怪事件―SFミステリ連作ここに大団円。科学か?迷
 信か?押川春浪、鵜沢龍岳が挑む不可思議事件簿。そして伊藤博
 文、乃木希典ら明治の英傑を巻き込む陰謀の驚愕の真相とは―
 “空想科学探偵譚”最終章。≫

 

 ●2位―『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ

(2)『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ/著
 土屋政雄/訳 ハヤカワepi文庫 2008.8 [2005]

 

語り手キャシーの友人でもあるトミーへのルーシー先生の言葉――

 

「大して助けにはならないかもしれないけれど、
  覚えておいて、ヘールシャムにも少なくとも一人、
  別の考えの人がいる。絵が描けても描けなくても、
  物が作れても作れなくても、あなたはとてもいい生徒。
  これまで出会った誰にも負けないいい生徒。
  そう思っている人間が一人いるということをね」
》p.46

 ・・・ 

そのとき、
  わたしは胸に赤ちゃんを抱いているところを想像しながら、
  曲に合わせてゆっくり体を揺らしていました。
  いえ、単なる想像だけならまだよかったのですが、
  極り悪いことに、赤ちゃんに見立てた枕を抱いていました。
  そして、目を閉じ、リフレーンを一緒に歌いながら、
  スローダンスを踊っていました。/
  「オー、ベイビー、ベイビー、わたしを離さないで……」/
  (略)マダムが立っていたではありませんか。/
  一瞬、わたしはショックで硬直しました。(略)
  実に奇妙なことが起こっていました。(略)
  その位置から頭を一方に傾げ、
  ドアの内側を覗き込むようにして、わたしを見ていました。
  そして……泣いていたのです。/
  わたしを夢見心地から引き戻したのは、いま思うと、
  マダムのしゃくりあげるような
  泣き声だったのかもしれません。
》pp.112-113

 

老夫婦の冒険行『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ/著
 土屋政雄/訳 ハヤカワepi文庫 2017.10 [2015]

 

「教えておくれ、お姫様」爺さんが言っている。
  「おまえは霧が晴れるのを喜んでいるかい」/
  「この国に恐怖をもたらすものかもしれないけど、
   わたしたち二人には、ちょうど間に合ったって感じね」/
  「わたしはな、お姫様、こんなふうに思う。
  霧に色々と奪われなかったら、私たちの愛は
  この年月をかけてこれほど強くなれていただろうか。
  霧のおかげで傷が癒えたのかもしれない」/
  「いまはもうどうでもよくなくって、アクセル? (略)
  島へ渡してもらいましょう。最初一人なら、つぎはもう一人。」
  (略)
  「わかったよ、お姫様。
   だが、もう一度だけ抱きしめさせておくれ」
  (略)
  「じゃ、さようなら、アクセル」/
  「さようなら、わが最愛のお姫様」
》p.477

 

連作短編集
『夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』
カズオ・イシグロ/著 土屋政雄/訳 ハヤカワepi文庫 2011/2/4

 ●3位―『ブロードウェイの天使』デイモン・ラニアン

『ブロードウェイの天使』デイモン・ラニアン 加島祥造/訳
 新潮文庫 1984.8

今回は、正統派で、「ブロードウェイの天使」を推しましょう。

その小さな女の子(ドール)ってのは
  まさしくちっちゃな人形(ドール)で、(略)
  こんなチビだけども、またえらくかわいいんだ。(略)
  その子はまるで歩道を引きずられるみたいな様子さ。
  それなのにその小さな子が泣きわめくどころか、
  にこにこ笑っているんだ。どうも不思議に思えるほどさ。

 

おれたちが誰だかわかったらしい。
  マーキーはおれたちひとりひとりに順ぐりに笑いかけるぜ。
  それからその小っちゃな手をベソ公にさしのべようとする。/
  (略)なぜってマーキーはそのほうへ首をめぐらして、
  いかにも耳をすましている様子なんだ、
  そしてそれからおれたちにもう一度ほほえんで、
  はっきりとこうささやくのさ――「マーキーのダンス」/
   それから手を伸ばして、いつも彼女が踊るときのように、
  自分のスカートをつまみあげようとする。
  だけどその雪みたいに白い手は雪みたいに軽くゆっくりと
  胸の上に落ちる。そしてマーキーはこの世じゃあ二度と
  ダンスを踊らなくなっちまうのさ。

 ・・・

ポプラ社〈百年文庫〉第40巻『瞳』収録

(紹介文)

人間の心をみつめる濁りのない目。愛しいいのちの物語。
競馬の「ノミ屋」をしている「ベソ公」は、
 名も知らぬ小さな女の子をとつぜん預けられ途方に暮れる。
 少女の純真な心が大人を動かしていくラニアンの『ブロードウェイの天使』

『百年文庫 40 瞳』ラニアン/著 チェーホフ/著 モーパッサン/著 ポプラ社 2010/10/12

『短編ミステリの二百年1』小森収編 創元推理文庫 2019/10/24

「ブッチの子守歌」(直良和美訳)収録
解説「短編ミステリの二百年/第一章 雑誌の時代に」
<2 アメリカン・ユーモアとミステリの接近>で、
ラニアンについて約9ページ

 

200313runyon

*参照:『ブロードウェイの天使』について
2019(令和元)年6月15日号(No.249)-190615-
「私の読書論 120-読書生活&書籍購入50年(2)私のお気に入り」

2019.6.15
私の読書論120-読書生活&書籍購入50年(2)私のお気に入り
―第249号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
『レフティやすおのお茶でっせ』版
『新生活』版

 

 ●私の今年2019年〈フィクション系〉ベスト1
 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡
  ~ 現代の古典SF ~
  横田順彌明治小説コレクション全3巻 日下三蔵編 柏書房
   第一巻『時の幻影館・星影の伝説』

 

   第二巻『夢の陽炎館・水晶の涙雫』

 

   第三巻『風の月光館・惜別の祝宴』

 

 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡

 

191218yokojundaikassai

 

鵜沢龍岳、黒岩四郎、黒岩時子ら、押川春浪とその仲間たちが
初登場するシリーズ短編第一作「蛇」 

「〈冒険世界〉の鵜沢龍岳です」/
  「やあ、きみが龍岳君か。いつも、小説を読んでいるよ。
  きみのことは、春浪さんから聞いている」/
  黒岩が、にこやかに答えた。/
  「あっ、いかん。自己紹介をするのを忘れた。黒岩四郎です。
  これは、妹の時子といって、女子高等師範の学生です」/
  「はじめまして」/時子と紹介された女学生が、
  小さな声でうなずきながらいった。
》p.19

 

「龍岳君。時子は女のくせに、
  〈冒険世界〉を読んでおってね。
  きみの小説にすっかり夢中になっておるのだよ。
  前から、会ってみたいといっておったが、
  こんなところで会えるとは思わなかったな。
  時子、どうだ、龍岳君は想像以上にいい男ではないか?
  押しかけ女房になるか」/黒岩が、妹を冷やかした。
》p.19

 

長編第一作『星影の伝説』より 

「ぼく自身は、長くて、あと五年の命と思っています。
  静乃さん、あなたは、今度の危機を乗り越えるのに、
  ぼくの何年分の精気を必要とするのですか? 
  三年分で足りませんか。もし足りるなら、それをあげます。
  ぼくは、あなたと二年だけ一緒に暮らせれば、
  もう思い残すことはない」/潮風がいった。/
  「ぼくの精気を吸収なさい。
  ぼくは、あなたのために死ぬのなら、なんの悔いもない。
  そのかわり、ひとつだけ、あなたにおねがいがあります」/
  「なんでしょうか?」/静乃がいった。/
  「ぼくという人間が、この世の中に存在したという証を、
  あなたの手で残していただきたいのです」/
  潮風が、思いきったように、語気強くいった。/
  「……はい。よろこんで」/
  静乃が、溢れる涙の顔で、うなずいた。

 

長編第三作『惜別の祝宴』  
全レギュラー総出演の完結編

 

龍岳が緊張した表情で、呟きながら春浪の顔を見た。/
  「またもや、大事件だよ」/
  春浪が、相変わらず重い口調でいう。/
  「わたし、新婚旅行は取り止めにしましてよ。
  ねえ、龍岳さん」/時子が目を輝かせて、龍岳にいった。/
  「いや、その必要はありませんよ。
  時子さん、ひっかかりましたな」/
  春浪の声が明るくなり、笑顔になった。/
  「咢堂先生たちは、ぜひ黒岩君と龍岳君の結婚を、
  われわれと一緒に祝わせてくれと、のことです。
  時子さんは、また首無美人の死体発見でも
  期待しておったのでしょう」/
  「そんなこと、ありませんでしたよ」/
  みごとに、心の中を見抜かれた時子が、
  顔を赤くしてうつむいた。
》p.431

 

以下、略――

 

200305-2019best3f

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本誌では、2019年に読んだ本のなか――2019年に刊行された本というわけではありません、念のため――フィクション系の60冊ほどから、私のオススメのベスト3を紹介しています。

ここでは、引用部分の一部を紹介しています。

それ以外の文章は本誌で!

本誌をご購読の上でご覧いただけると、嬉しく思います。
(やっぱり購読してほしいですからね。)

 ・・・

本誌でも書いていますが、1位が三巻本というのはどうなのか、と。

でも、昨年読んだ本の中で、このシリーズがいちばん楽しかったというのも事実です。
ならば、それでいいのではないでしょうか。

著者の横田さんが亡くなられた年ということもあり、感謝の気持ちも働いている、とも言えそうです。

2位のイシグロの『わたしを離さないで』も、ベタな感じもしますが、よいと思ったので、これでいいでしょう。
他にも『日の名残り』や『忘れられた巨人』も非常によいお話でした。
『わたし――』がこの二編を上回ったのは、老人の思い出話より、若い人の成長の日々を描いたものの方が、読者として心に痛いからでしょうか。

3位の再読からの『ブロードウェイの天使』デイモン・ラニアンも、お気に入りの作家の作品で、これにこだわるのも、初めて出会った高校生時代のことを思い出してしまうから、かもしれません。

人生は(曖昧となった/なりつつある?)記憶のなかにある、のでしょう。

 ・・・

では、詳細は本誌で!

 

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

 

 

| | Comments (0)

2020.03.15

私の読書論129-私のベスト3[2019]フィクション系(1)~ベスト3ぐらい

―第266号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★ 2020(令和2)年3月15日号(No.266)「私の読書論129-
私の年間ベスト3・2019年フィクション系(1)」

 

 

---
例年、この時期、大阪のまちでは、
お相撲さんの姿をよく目にするものです。

でも今年は、2月までは見かけましたが、
3月に入ってからは目にしていません。

新型コロナウイルスの影響のようです。

学校だけではなく、図書館も休館しています。

本屋がどんどんなくなっている現状で、
まちの図書館までお休みでは、
本・読書が趣味の私にとっては、
非常につらい状況となっています。

読む本はあります。
買ったきりで読んでいない本や、
老後に読もうと置いてある本もあります。

半年ぐらいはそれだけでも十分です。
再読したい本を入れれば、一年でも持つでしょう。

でもそういうものではなく、
やっぱり古今東西の色んな本、古い本も新しい本も
目にしたいし、手に取りたいのです。
そして読みたいのです。

一日もはやくこの感染症が終息することを祈っています。

 

------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年3月15日号(No.266)「私の読書論129-
私の年間ベスト3・2019年フィクション系(1)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回は、
「私の年間ベスト3・2019年(前編)リアル系」でした。

2020(令和2)年2月29日号(No.265)「私の読書論128-
私の年間ベスト3・2019年(前編)リアル系」

 - 物語創作についての哲学的考察 -
  ~ 私の年間ベスト3・2019(前編)リアル系 ~
  『詩学』アリストテレス/著 三浦洋/訳
    光文社古典新訳文庫 2019/3/8

私の読書論128-2019年私のベスト3(前)リアル系~『詩学』アリストテレス
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2020/02/post-095a24.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/b678190edc9fd8d4c70c5476c71ffde9

 

 今回は、「フィクション系」編です。

 「フィクション系」とは、小説等の文芸作品です。

 一部の思想・哲学書などで小説や戯曲風の著作もありますが、
 その辺は、世間的には内容により分類されるようで、
 こちらでも世間的な分類に準じています。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 - 選考がむずかしかった3位のあたりは… -
  ~ 私の年間ベスト2019 フィクション系 (1)~
  〈フィクション系〉約60冊からベスト3ぐらい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2019年に読んだ本は、リアル系は50冊程度でしたが、
フィクション系は60冊ほどとなりました。

今年も例年同様に、分類してみます。

(1)メルマガ用のお勉強の本
(2)それ以外の古典の名作
(3)小説や左利き本等著作のための勉強本
(4)個人的な趣味で、好きな作家、
 ミステリ(推理小説)やSF、冒険小説など

 

 ●(1)メルマガ用のお勉強の本
 ●(2)それ以外の古典の名作
 ●(3)小説や左利き本等著作のための勉強本

〈「記憶の曖昧さ」というテーマを追いかける〉
【ノーベル文学賞作家】カズオ・イシグロ

「(略)あんたの態度は間違っとるよ。いいかい、
  いつも後ろを振り向いていちゃいかんのだ。
  後ろばかり向いているから、気が滅入るんだよ。(略)
  そりゃ、あんたもわしも、必ずしももう若いとは言えんが、
  それでも前を向き続けなくちゃいかん」
  そして、そのときだったと存じます。男がこう言ったのは――
  「人生、楽しまなくっちゃ。
  夕方が一日でいちばんいい時間なんだ。脚を伸ばして、
  のんびりするのさ。夕方がいちばんいい。わしはそう思う。
  みんなにも尋ねてごらんよ。
  夕方が一日でいちばんいい時間だって言うよ」
》pp.350-351

『日の名残り』土屋政雄/訳 ハヤカワepi文庫 2001.5 [1989]

 

過去は夢と同じようなものです。思い出そうとしても、
  その記憶には常に曖昧さが付いてまわるのです。
》「詩帆が去る夏」pp.44-45

『美亜へ贈る真珠〔新版〕』梶尾真治 ハヤカワ文庫JA 2016/12/20

 

 ●(4)個人的な趣味の作品
 ●2019年に読んだ〈フィクション系〉ベスト3ぐらい

「おれは核を見つけたんだ」/「核?」/
  「自分という存在の中心となるものだ。
  形而上学的でたわごとに聞こえるが、そうじゃない。
  自分が何者かという核を見つけ、それとともに歩み、
  それを受け入れることを学べば、心が穏やかになる。
  ハリケーンの目になったようなものだな。
  まわりの世界は回転しているが、自分はその中心になる。
  なにものにも動じない。おれはそうだった。
  なにものにも動じなかった。どんなものも人も、
  おれの核を崩壊できなかったと思う」
》p.128
「核を手に入れればそうは思わないはずだ。
  彼女との仲はうまくいかないかもしれないが、
  感じかたは変わるはずだ。痛みへの対処法がわかるはずだ」
》p.187
「人間だれしも、幸せが永遠に続くものと考える。だが、
  幸せとは、延々とバランスを取りつづけることなんだ。(略)
  バランスを保つために絶えず姿勢を変えることになる。
  だれしもそうしている。徐々に姿勢を変えている。
  ある立ちかたをしつづけて疲れれば姿勢を変える――
  理由は、バランスを取り直す必要があるからだ。
  人生についても同じことが言える。
  幸せとは、バランスを取り直すことなんだ」
》p.188
「どんなことも、自制心の問題だ、ハリー。
  規律。体系化。独創力さえ必要だ。なすがままではだめだ。
  自分の感じたいとおりに感じ、
  不要なものを拒むことができるところまで
  自分を律することが必要なんだ。
  さ、やるのか、やらないのか?」
》p.192

『ロスト・エコー』ジョー・R・ランズデール 北野寿美枝/訳
 ハヤカワミステリ文庫 2008/5/9 [2007]

その他:
(初読)池井戸潤『陸王』、パトリシア・ハイスミス『見知らぬ乗客』
(再読)高千穂遙『魔道神話』、フィリップ・ロス『さよならコロンバス』、H・P・ラヴクラフトの作品集 など

200310madousinwa

200311lovecraft

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本誌では、2019年に読んだ本のなか――2019年に刊行された本というわけではありません、念のため――フィクション系の60冊ほどから、私のオススメのベスト3の候補および、3位ぐらいの著作を2、3点紹介しています。

ここでは、引用部分を紹介しています。

それ以外の文章は本誌で!

本誌をご購読の上でご覧いただけると、嬉しく思います。
(やっぱり購読してほしいですからね。)

 ・・・

ベスト3のうち、1、2位はすぐに決まりましたが、3位を決められず、色々迷った上で、いくつかの本を紹介しました。

一つはここに引用を紹介した『ロスト・エコー』でした。

他には、パトリシア・ハイスミス『見知らぬ乗客』、池井戸潤『陸王』等がありました。
再読ものからは高千穂遙『魔道神話』やフィリップ・ロス『さよならコロンバス』。

また、ラヴクラフトについて書いています。
新潮文庫から選集が出たのは意外でしたね。

 ・・・

では、詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧