2019.11.09

(再配信)2005.10.15第3号から-左利きで生きるには週刊ヒッキイ第556号

―『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第556号 別冊編集後記

 

第556号(No.556) 2019/11/2
「(再配信)2005.10.15 第3号から」

 

今回は「再配信」号ですので、その部分のみ全文掲載、公開します。

現時点での「追記」文は、本誌でご確認をお願いいたします。
(やっぱり毎号定期購読してほしいですから。)

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 ※『週刊ヒッキイ』は、
・ 2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
・ 2019年10月より
  第一・第三土曜日の発行は、新規配信
  第二・第四土曜日の発行は、バックナンバーからの再配信
  に変更しました。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第556号(No.556) 2019/11/2
「(再配信)2005.10.15 第3号から」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
(再配信)2005.10.15 第3号から
------------------------------------------------------------

以下の文章は、
2005年10月15日にアップしたメルマガ創刊第3号です。

 

本文「レフティやすおの左利き実用講座」と、
「レフティやすおの左組通信」<左利きプチ・アンケート>
 第20回「利き手調査1回目―側性係数を調べてみよう」と
「フェリシモの本『左ききでいこう!』のこと」
を紹介します。

今回も、表題を含めて。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

左利きで生きるには
(レフティやすおの左組通信 メールマガジン)
週刊ヒッキイhikkii

世界の片隅で左手と左利きを考える

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

    第3号(No.3) 2005.10.15 
          「左利きってなに?」

============================================================

左利きで生きる、ってどうなんだろう?
世界の片隅で左利きと左手使いの問題を考えるレフティやすおが、
自らの左利き体験を基に左利きの人の生活の実態を語る、左利きを
メインテーマにしたホームページ『レフティやすおの左組通信』か
ら、左利きで生きるための実用メールマガジンを発行します。
左手や左利き、利き手に興味のある人、左利きの人、左手が利き手
でない人のための、左手・左利き生活にまつわるお話満載のメルマ
ガです。 

------------------------------------------------------------

─目次―

・▲レフティやすおの左利き実用講座▲ ―隔号掲載―
  左利きってなに?―利き手調査から考える

・「レフティやすおの左組通信」<左利きプチ・アンケート>
 第20回 利き手調査1回目―側性係数を調べてみよう の紹介

・◆フェリシモの本『左ききでいこう!』のこと◆

============================================================

▲レフティやすおの左利き実用講座▲

 

 第一回 左利きって何?/利き手調査から考える

よく「あっ、あの人は左利きや」とか「左利きちゃう?」などと言
います。あるいは「私は左利きです」などと自己紹介することもあ
ります。

しかしよく考えてみると左利きとはどんなことを言うのか、左利き
とはどんな人を指すのでしょうか。
まずは、ここから考えて見ましょう。

ところが、一口に左利きと言っても、実はこの定義が意外と難しい
のです。
手持ちの辞書、小学館『国語大辞典』にはこう出ています。

「ひだりきき 左利=(「ひだりぎき」とも)
(1)右手よりも左手のよくきくこと。また、その人。左ぎっちょ
う。左ぎっちょ。ぎっちょ。ひだり。
(2)(大工や石工などが左手に「鑿(のみ)を持つ手」であると
ころから「飲み手」にかけたという)好んで酒を飲むこと。酒に強
いこと。また、その人。酒飲み。ひだり。」

要するに、右手より左手が得意なこと、またその人を指す言葉です。

では、具体的にどんなことができれば得意と言えるのでしょうか。
また、利き手について科学者はどういう人を左利きと定義している
のでしょうか。

 

 * 利き手調査 *

左利きに関する本の中で最も広く読まれているであろう、講談社ブ
ルーバックスから出ていた、前原勝矢著『右利き・左利きの科学』
(1989年刊)の第二章「左利きについて」には、以下のように定義
されています。

利き手は右手利きと左手利きは連続しているので、「便宜上側性係
数(LQ)マイナス30以下」としています。
側性係数(LQ)とは、利き手調査票にある十項目の動作において、実
際に使うのが右・左・両方のいずれであるかを答え、それを計算式
によって数値化したものをいいます。

・<利き手調査票>
いつも使う手はどちらですか、右手か左手のどちらかに○印を記入
して下さい。右手と左手をほとんど同じように使う場合には“両手”
に○印を記入して下さい。

1 文字を書く
2 ハシをつかう
3 絵をかく
4 ボールを投げる
5 ハサミをつかう
6 歯ブラシをつかう
7 スプーンをつかう
8 短いホーキをつかう
9 マッチをする
10 ビンのフタをひねる

・側性係数を求める式 LQ=100×(右-左)÷(右+左+両手)

よって、すべての動作を右でする人は、LQ=プラス100。逆にすべ
てを左でする人はLQ=マイナス100、となります。

14~15歳男性の調査結果によると、すべての動作を右手で行う人が
もっとも多く、全体の49%で、逆にすべてを左手で行う人は約5
%となっています。
その間に、次に多いLQ値がプラス90~81の人がいて、以下漸減して
反対極に左手利きがいるという構図です。

この本では、左利きは日本人男成人男性で3~5%、同じく女性で
2~3%、と書かれています。
傾向としては、年齢が高くなるにつれて右利きが増え、女性より男
性に左利きが多い、となっています。

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

 

 ※ 参照:<左利きプチ・アンケート>
    第20回 利き手調査1回目―側性係数を調べてみよう

 このコーナーのあとに、このアンケートを転載しています。↓

 

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

 

 * 利き手調査の信憑性 *

さて、ここにいくつかの問題があります。
まずひとつは、この調査票の項目が本当に利き手を正しく反映した
ものになっているのか、ということです。

利き手で誤解の原因となるのは、単純に道具を使う手を利き手とみ
なす考え方です。

人から教えられた右手で道具を扱う動作を利き手と解釈すると、教
育的効果が非常に大きなウエートを占めてきます。
また、社会生活上、右利き用の道具や機械およびシステムしかない
状況では、右手を否応なく使わざるを得ないわけです。

これらの動作をすべて右手で行うからといって、それを右利きの判
定要素とみなせば、左利きの人もみな右利きに判定されることにな
りかねません。

文字を書く、ハシをつかうといった項目は、かつては見苦しい無作
法な動作で直すべきであるという考えに基づき、「矯正」と呼ばれ
た、左利きの子供に対する右手使いへの変更指導にとって最大のポ
イントとされた動作でした。
これらの動作に関しては、年齢があがるほど右手使いの割合が高く
なり、当然、それらの人々では、左手利きと判定されなくなる率が
高くなってしまいます。

また、歯ブラシを使うという項目は、両手使用を指導されている場
合もあり、必ずしも判定にふさわしい項目であるとは言えません。

基本的に利き手を判定しようとすると、このような社会的文化的な
外圧を受けやすい要素の含まれる項目は除外した方が無難である、
と考えられます。

しかし、実際に日常何をもって人の利き手を判断するかというと、
最も多いのがこの「字を書く」であったリ、「ハシをつかう」であ
ったりします。

利き手とは本来、そういう社会性のある動作そのものではなく、自
然な状況の中でどちらの手をより多く、よりすばやく、より巧みに
使えるか、といった事柄で判断すべきものでしょう。

この辺に、利き手調査のむずかしい側面があります。

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

 

 ※ 参照:<左利きプチ・アンケート>
    第5回 左利き?と思うのはどんな仕草ですか ↓

http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq005.html

 

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

 

 * 利き手調査からわかること *

それでも、やはりこの調査からわかることがあります。

それはひとつの傾向です。
その人の持つ日常的な実際に使う手/側の偏(かたよ)りのおおざ
っぱな傾向が見えてきます。

「日常的な実際に使う手/側」が真に「利き手」を意味するかどう
かは別にして、そこに自分の姿の一端が見えてくるのは事実です。
それを手掛かりにして、自分の利き手もしくはその傾向を知ること
は、利き手の問題を考える上で非常に大切です。

自分の傾向を知ることで、手の使い方を考え直すことができるでし
ょう。
もしなんらかの利き手の問題を感じている人は、解決の糸口を得ら
れるかもしれません。

たとえば、幼児期に右手使いの指導を受けたけれどうまくなじめな
いという意識をお持ちの方は、自分の調査結果の利き手の傾向と比
べてどうなのかを判断できるでしょう。

利き手の度合いが左利きに傾いていれば、やはり右手使いを受け付
けない性質であったと解釈できます。
あるいは、さほど極端に偏りがない場合は、それ以外の動作なら受
け入れられるかもしれません。

さらに、将来において新たな能力開発を考える際の指針になるでし
ょう。
調査結果に大きな偏りがある場合は、これからは利き手中心で努力
すればよいわけです。無理に非利き手を使う必要はないのです。
逆に、さほどの偏りがない場合は、状況によっては非利き手を訓練
してみても良いでしょう。

そういう使い方があると思います。

 

―次回は、「利き手調査の結果から利き手/側を分類する」
(この「レフティやすおの左利き実用講座」は、隔号掲載です。
次回は第5号に掲載の予定です。)

------------------------------------------------------------

 

●<左利きプチ・アンケート>
   第20回 利き手調査1回目―側性係数を調べてみよう

一口に「左利き」と言っても、実はどう定義するかは非常にむずか
しいものだそうです。
辞書を引いてみるとだいたい、右手より左手が得意なこと、またそ
の人を指すといった解釈が出ています。
では、具体的にどんなことができれば得意と言えるのでしょうか。
また、科学者はどういう人を左利きと定義しているのでしょうか。
前原勝矢著『右利き・左利きの科学』(講談社ブルーバックス
1989年刊)で紹介されている側性係数(LQ)を調べて、あなたの利き
手を確認してみましょう。

この本によりますと、利き手は右または左と二分されるものではな
く、右に近い両手利き、左に近い両手利きというように、右手利き
と左手利きは連続しているものであり、「便宜上側性係数(LQ)マイ
ナス30以下」を「左利き」としています。
側性係数(LQ)とは、利き手調査票にある十項目の動作において、実
際に使うのが右・左・両方のいずれであるかを答え、それを計算式
によって数値化したものをいいます。

・<利き手調査票>―いつも使う手はどちらですか、右手か左手の
どちらかに○印を記入して下さい。右手と左手をほとんど同じよう
に使う場合には“両手”に○印を記入して下さい。

1 文字を書く 
2 ハシをつかう 
3 絵をかく
4 ボールを投げる
5 ハサミをつかう
6 歯ブラシをつかう
7 スプーンをつかう
8 短いホーキをつかう
9 マッチをする
10 ビンのフタをひねる

・側性係数を求める式 LQ=100×(右-左)÷(右+左+両手)
よって、すべての動作を右でする人は、LQ=プラス100。逆にすべ
てを左でする人はLQ=マイナス100、となります。

14~15歳男性の調査結果によると、すべての動作を右手で行う人
(典型的な右利き)がもっとも多く、全体の49%で、逆にすべて
を左手で行う人は約5%となっています。
その間に、次に多いLQ値がプラス90~81の人がいて、以下漸減して
反対極に(典型的な左手利きに当たる)若干の盛り上がりがあると
いう構図です。

では、あなたの側性係数はいくらでしょうか。以下の中で当てはま
る番号に投票してください。

*今回は利き手調査のため、利き手別投票ではありません。(手の
不自由な方は、それぞれの判断で考慮の上、投票に参加不参加を決
定してください。)

*一言言わせて、という方は投票後に表示されます一番下の「ご意
見ボード」をご利用ください。もっと言わせて、という方は掲示板
もご利用ください。貴方のご意見ご感想をお聞かせください

1 90以上~100
2 70以上
3 50以上
4 0以上
5 0
6 0以下
7 -30以下
8 -70以下
9 -90以下~-100

 ※ お手数をおかけしますが、投票は『レフティやすおの左組通
  信』<左利きプチ・アンケート>第20回のページにてお願いい
  たします。↓
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq020.html

 ※ 現在の結果を見るのは、こちら↓ 
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=34988

 *このアンケートは、2005.9.4-10.1まで(4週間)に渡って実
  施されました。
  現在も新規の投票を受け付けしています。
  ぜひ投票にご参加ください。
  順次、経過報告を追加してゆきます。

------------------------------------------------------------

 

◆フェリシモの本『左ききでいこう!』のこと◆

左利きの教科書として、私のおすすめナンバーワンだった、

 フェリシモ左きき友の会/大路直哉編著、フェリシモ出版/刊
  『左ききでいこう! 愛すべき21世紀の個性のために』

が、「フェリシモ左ききカタログ」のサイトから消えています。

・左きき必読必携の書 ↓
https://green.felinet.com/dico/shop.asp?KNO=561&KEY1=004

セブンアンドワイ「みんなの書店」のわが「レフティやすおの本屋」
でも、一番にあげているのですが、こちらでも現在は、

  <取扱状況 : 入荷次第メールでお知らせ>

となっています。
この点をフェリシモのカトサンにおたずねしました。

「はい実は完売してしまったんです。重版したいとはおもっている
のですが、」

とのこと。
重版に当たっては、新たに新版を企画されているご様子です。
ただ、なかなかスムーズには行かないようです。

私は「書道教本」のように、編み物、ギター演奏も、別立てのブッ
クレットに仕立てて欲しいなと考えています。

*
今は残念なことに手軽に手に入る「左利きの教科書」的な本が見当
たりません。

唯一この本が、比較的安価で手に入り、しかも実用性も高い教科書
でした。

カトサン、期待しています!!

読者の皆様もぜひカトサンに応援よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------

 

●レフティやすおの編集後記●

どうやら、二回目の配信にこぎつけました。
引き続き、多数のご登録をいただき、誠にありがとうございます。

メイン・コンテンツ二本がこの号で出そろいました。
いかがでしたか。
お気に召されたでしょうか、それとも、期待はずれだったでしょう
か。

ご意見ご感想等ございましたら、お気軽に下記宛て先まで。
遅くなっても必ずご返事させていただきますので、よろしく!

このあたりまでは創刊前からの原稿もあり、まずは予定通りの配信
ができています。
問題はこれから、というところです・・・。

メルマガ創刊準備期間中、他のブログ等の更新が滞り気味になって
いました。
今週前半はその鬱憤晴らし、といいますか、久しぶりに各ブログで
堪っていた思いを少しは晴らすことができました。
お暇と興味がおありの方は、それぞれのサイト案内からどうぞ!

では、次週まで、さいならサイナラさいなら /~~~

------------------------------------------------------------

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 

 

【2019年11月6日 追記】

----------------------------------------------------------------

 

以下、「追記」として現在から振り返ってみた印象などを書いています。
そちらの方は、本誌読者だけに許されたお楽しみですので、弊誌をご購読(無料です!)の上、ご確認ください。

本誌でも書いていますが、非常に長いものになっています。
当時は、事前に準備してあったとはいえ、これだけのものを毎週出していたのですから、我ながら凄いものですね。

読む方も大変だったでしょうし、今でも大変です。

読者の皆様方もお疲れ様でございました。 

 ・・・

詳細は、本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

 

*参照:
『左ききでいこう!!―愛すべき21世紀の個性のために』大路直哉・フェリシモ左きき友の会/編著 フェリシモ出版

 

-

| | Comments (0)

2017.06.07

『アピール:左利き-「矯正」という言葉についてのアンケート』をウェブページで紹介

最近少しずつ、ブログのサイドバーの表示を改良しています。
昨年11月にホームページが消滅して、ブログのサイドバーの関連リンクも無効になっていました。

以前からサイドバーの表示が放置状態になていました。
部分的には変更を加えていたのですけれど、記録として残しておこう、といった意味もあり、無効のリンクを残していました。

いずれはこれらも、ウェブページなり何なりに記録した上で、削除する予定です。


 ●サイドバーにウェブページを表示

改良第一弾として、サイドバーにウェブページを表示しました。

まずは、「アピール:左利き-「矯正」という言葉についてのアンケート」

これは、サイドバーで実施していましたアンケートをウェブページにしたものです。

このアンケートは、2005年1月7日から実施しています。

【「矯正」という言葉の不使用のお願いアピールについて】

現在の結果を見るのは、こちら


ちなみに一言書いておきますと――
「左利きの子に右手を使うように指導すること」について(左利きの)「矯正」という言葉を使うのは、まず行為そのものが不当なものであり、それを正当化するような意味合いがある言葉なので、これを使用することは不適切であり、それゆえに使用しないで欲しい、という主張です。


2017/06/05 23:56現在の結果:

1(右利きの人)○この意見に賛成 190
2( 〃 )×この意見に反対 20
3( 〃 )△わからない 21
4(左利きの人)○この意見に賛成 288
5( 〃 )×この意見に反対 54
6( 〃 )△わからない 40


 ●余談:「右利きの人」と「左利きの人」と「中間の人」と

上↑のアンケートでは、自己申告で「右利きの人」と「左利きの人」に分かれて投票していただいています。

これは当時の私の考え方に沿ったものです。
強いて言えば人は左右どちらかに大別できる、というものでした。

最近では、「(強い)右利き」「(強い)左利き」、そしてその「中間」の人(利きの偏りの弱い人)というように三分して考えています。


170607hidarimigi


Aの人は、(強い左利き)または(左利き)です。
Eの人は、(強い右利き)または(右利き)です。

これらの人では二分法でも問題はありません。


では、B・C・Dの人は?

従来の二分法で大別すれば、BとDに人はそれぞれ左利きと右利きになります。
でも、Cの人は?
利き手テストの項目を増やしてもっと突き詰めれば、どちらかに分別できるでしょう。

しかし、実際にご本人の意識はどうでしょうか。

そういうふうに見てゆきますと、「中間」を設ける方がより自然な気がします。

従来これを「両利き」といった表現をする人がいました。

しかし「両利き」と聞くと、どちらも同じように使える、同等の能力を持っているかのような錯覚を与えます。
実際には、必ずしもそうではなく、単なる「両使い」――特定の所作のみ右も左も使える――という程度のケースが大半です。

そこで、ごく単純に「中間」という呼称でいいのではないか、という発想です。


もう少し付け加えますと、右利きと左利きとのあいだの線引きに難しさがあること、
ある人に少しでも左の傾向があるのを知ると、多くの人が「(あなたは)左利き?」という印象を持つ、
という二つの点からです。

本人が「どちらかと言えば右利き」と考えていても、まわりの人は左の傾向があれば「左利きでは?」と認識する傾向がある、ということです。

また、本人も「どちらかわからない」という認識を持つ場合もある、ということからです。

そして、そういう中間の人を設定することで、左利きの仲間を増やしたい、という気持ちもあります。

(以上、余談でした。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.09.27

<左利きプチ・アンケート>全64回目次―『左組通信』から

2009年末で更新が止まっている、私の“左利き”ホームページ『レフティやすおの左組通信』が、今月29日で消滅します。

このたび改めて、そちらでしか公開していない左利き関係の情報を少しずつこちらに転載してゆくことにします。
今回は、『左組通信』のメインコンテンツの一つ、<左利きプチ・アンケート>全64回「目次」ページを紹介しましょう。

Hgenq000_s


Hgenq000_1_s


2016.9.27現在の画面から――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
左利きを考える レフティやすおの左組通信
 Lefty Yasuo's HIDARIGUMI Announcement 

<左利きプチ・アンケート>目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『R25』07年12月6日号(no.170)に当アンケート掲載される
12月6日東京近辺で配布されました
リクルートのフリーマガジン『R25』no.170に、左利きの記事
「ランキンレビュー/右利きが左利きより多いのはなぜ?」
が掲載され
第2回「左利きで困ったこと」が紹介されました。
(2007.12.8)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(初出)2005.10.30(前回)09.9.27(最終)09.11.29
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<左利きプチ・アンケート>/ 初出時実施期間/ 現在の受付状況

第1回 左利きイメージ調査     04.3.7-27(3週間) 2007.9.20受付停止
第2回 左利きで困ったこと(物理的バリア編) 04.3.28-4.24 2007.9.20受付停止
第3回 左利きの子に右手使いを試みるかべきか否か 04.5.23-6.19 2007.9.20受付停止
第4回 貴方の好きな左利きの呼び名は何ですか?  04.5.23-6.19 2007.9.20受付停止
第5回 左利き?と思うのはどんな仕草ですか 04.6.20-7.17 2007.9.20受付停止
第6回 生まれ変わってくる時は右利きor左利き? 04.7.18-8.14 2007.9.20受付停止
第7回 左利きでも字は右手で書くべきか? 04.8.15-9.11 2007.9.20受付停止
第8回 左と右を間違うことがありますか 04.9.12-10.9 2007.9.20受付停止
第9回 左手(左利き)用ハサミを知っていますか 04.10.10-11.6 2007.9.20受付停止
第10回 過去のアンケートで最も興味深いのは何ですか 04.11.7-12.4 2007.9.20受付停止
第11回 「利き手(左利き)の矯正」という言葉をどう思いますか 04.12.5-05.1.1 2007.9.20受付停止
再版第11回 「利き手(左利き)の矯正・直す」という言葉をどう思いますか 09.6.28-8.22(8週間) 受付中
第12回 左利きの人は器用だと思いますか 05.1.2-29 2007.9.20受付停止
第13回 推理物のテレビ・ドラマの〈左利きが犯人〉をどう思いますか 05.1.30-2.26 2007.9.20受付停止
第14回 貴方の利き目は右左どちらですか 05.2.27-3.26 2007.9.20受付停止
第15回 あなたのまわりに左利きの人はいますか 05.3.27-5.11 2007.9.20受付停止
第16回 左利きと右利きとどちらが得だと思いますか 05.5.12-6.11 2007.9.20受付停止
第17回 学校での配膳は左利きの子も伝統的ルールに従うべきか 05.6.12-7.9 2007.9.20受付停止
第18回 コンビニで左手・左利き用ハサミなど左利き用品は買えるか 05.7.10-8.6 2007.9.20受付停止
第19回 (国際)左利きの日を知っていますか 05.8.7-9.3 2007.9.21受付停止
第20回 利き手調査1回目―側性係数を調べてみよう 05.9.4-10.2 2007.9.21受付停止
第21回 左/右利きにあこがれたことがありますか 05.10.3-29 2007.9.21受付停止
第22回 エディンバラ利き手調査(訂正版) 05.10.30-11.26 受付中(近日,受付停止)
※エディンバラ利き手調査(初出)<廃止>
第23回 利き手調査3回目―H.N.きき手テスト 05.11.27-12.24 受付中(近日,受付停止)
第24回 利き手調査第4回chapman利き手テスト 05.12.25-06.121 受付中(近日,受付停止)
第25回 日本の左利きの日―レ(0)フ(2)ト(10)の日を知っていますか 06.1.22-2.19 2007.9.21受付停止
第26回 左利きの本を読んだことがありますか 06.2.19-4.1(6週間) 受付中(近日,受付停止)
第27回 洋食のマナーは利き手に合わせるべきか 06.4.2-5.6(5週間) 受付中(近日,受付停止)
第28回 利き足を調べてみよう・チャップマン利き足テスト 06.5.7-6.3(4週間) 受付中(近日,受付停止)
第29回 左手での毛筆(習字/書道)は是か非か? 06.6.4-7.1(4週間) 受付中(近日,受付停止)
第30回 あなたの知りたい左利き情報はなんですか? 06.7.2-29(4週間) 受付中(近日,受付停止)
第31回 左利きの日の催しは何がよいか 06.7.30-8.26(4週間) 受付中(近日,受付停止)
第32回 非利き手使い指導を受けたことがありますか 06.8.27-9.23(4週間) 受付中(近日,受付停止)
第33回 新版・利き手調査第1回
 ―利き手テスト側性係数を調べる
06.09.24-10.28(5週間) 受付中(近日,受付停止)
再版第33回 新版・利き手調査第1回
 ―利き手テスト側性係数を調べる
09.8.23-10.24(9週間) 受付中
第34回 あなたの父母は右利きor左利き? 06.10.29-11.25(4週間) 受付中(近日,受付停止)
第35回 新版・利き手調査第2回―エディンバラ利き手調査 06.11.26-12.23(4週間) 受付中(近日,受付停止)
第36回 利き手は変えられると思いますか 06.12.24-07.1.27(5週間) 受付中(近日,受付停止)
第37回 新版・利き手調査第3回―H.N.きき手テスト 07.1.28-2.24(4週間) 受付中
第38回 LYグランプリ2006 があったら… 07.2.25-3.24(4週間) 受付中
第39回 新版・利き手調査第4回-chapman利き手テスト 07.3.25-4.28(5週間) 受付中
第40回 スポーツで左利きは有利だと思いますか 07.4.29-5.26(4週間) 受付中
第41回 新版・利き手調査第5回 マクマナスの利き手テスト 07.5.27-6.23(4週間) 受付中
第42回 左利きの日はどっちがいい? 07.6.24-7.28(5週間) 受付中
第43回 タレントさんの左手使いは気になりますか 07.7.29-8.25(4週間) 受付中
第44回 じゃんけん、ポン!はどっち? 07.8.26-9.22(4週間) 受付中
第45回 左利きのための生活技術指導者・コーチは必要か? 07.9.23-10.27(5週間) 受付中
第46回 利き手テストと意識の一致度は? 07.10.28-11.24(4週間) 受付中
第47回 左利き(利き手)研究会は必要?参加協力する? 07.11.25-12.22(4週間) 受付中
第48回 「ぎっちょ」は差別的な言葉だと思いますか? 07.12.23-08.1.26(5週間) 受付中
第49回 新版・利き目は右左どちらですか? 08.1.27-2.23(4週間) 受付中
第50回 左利き環境は昔よりよくなったか? 08.2.24-3.22(4週間) 受付中
第51回 新版・利き足は右左どちらですか―利き足テスト 08.3.23-4.26(5週間) 受付中
第52回 利き手をケガしたとき不便を感じましたか? 08.4.27-5.24(4週間) 受付中
第53回 自転車に乗るのは左側から右側から? 08.5.25-6.28(5週間) 受付中
第54回 利き手専用の道具を選びますか左右兼用ですか? 08.6.29-7.26(4週間) 受付中
第55回  書字は右手左手どちらですか? 08.7.27-8.23(4週間) 受付中
第56回 左利きや利き手の情報をどこから仕入れますか? 08.8.24-9.27(5週間) 受付中
第57回 左利きの著名人・タレントに興味がありますか? 08.9.28-11.29(9週間) 受付中
第58回 今自分の利き手に満足していますか? 08.11.30-09.1.24(8週間) 受付中
第59回 左利きの問題は左利きの人だけのものか? 09.1.25-3.28(9週間) 受付中
第60回 将来どんな社会になればよいと思いますか? 09.3.29-5.23(8週間) 受付中
第61回 左利きに関する本を読みますか? 09.5.24-7.24(9週間) 受付中
第62回 左利きにあこがれる人をどう思いますか 09.7.26-9.26(9週間) 受付中
第63回 左利き対応してもらったことがありますか 09.9.27-11.28(9週間) 受付中
第64回 「左利き?」と聞かれたことがありますか 09.11.29-10.1.30(9週間)予定 表紙受付中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最新アンケート-表紙で実施中! (2009年より、隔月-通常8週間、以後各ページで実施)

このアンケートは[プチアンケート]を利用しています。
↑上に戻る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アピール〈左利き〉アンケート(「表紙」および『お茶でっせ』にて常時受付中!)
「矯正」という言葉の不使用のお願いアピールについて 05.1.7- 受付中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
週刊ヒッキイ・アンケート
第13号(no.13) 2005/12/24「年末年始手抜き合併特小号/アンケート特集」
(09.5.19受付終了) 
(1) クリスマス・プレゼントに左手・左利き用品は? 受付終了
(2) 今あなたが欲しい左手・左利き用品は? 受付終了
第29号(No.29)2006/5/13「GW明け手抜きアンケート特集号」(09.5.19受付終了)
・週刊ヒッキイ読者アンケート
1 どこで週刊ヒッキイを知りましたか? 受付終了
2 週刊ヒッキイは役に立ちますか? 受付終了
・週刊ヒッキイ左利きアンケート
1 左手で字を書く人を見たときどんなふうに感じますか 受付終了
2 左手で箸を使う人を見たときどんなふうに感じますか 受付終了
第100号(No.100) 2007/9/22「<左利きプチ・アンケート>第45回&読者アンケート」
◆週刊ヒッキイ100号記念読者アンケート◆【hk100-enq】 07.09.22
1 あなたが楽しみにしているコーナーは? 受付中
2 あなたの知りたい情報は何ですか? 受付中

▼<LYグランプリ>▼
第1回 ▼<LYグランプリ>2007▼
(2007.2.10) 07.1.13-2.5(受付終了)
第64号(No.64) 2007/1/13「左手で字を―&<LYグランプリ>」
第2回 ▼<LYグランプリ>2008▼ 08.1.19-(受付中)
第116号(No.116) 2008/1/19
「2007年の左利き事情―後編―&第2回<LYグランプリ>2008」

↑上に戻る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その後の経過

―2005年11月1日点検―
・第7回左利きでも字は右手で書くべきか? に大きな変化が見られました。
8月9日より(右利き)で「字は右手で」票が10票投票されています。ほかの項目でも計4票の投票が記録されています。(詳細は、第7回のページでご確認ください。)
・第14回貴方の利き目は右左どちらですか では、+2票。
・第17回学校での配膳は左利きの子も伝統的ルールに従うべきか 2005.7.31より計5票の追加投票がありました。
・第19回(国際)左利きの日を知っていますか では、+1票。
・第21回左/右利きにあこがれたことがありますか でも、+1票。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
投票受付状況について

2007年9月20日および21日、初期のアンケートの受付を停止しました。
第1回から21回まで(諸般の事情および大きな動きがないため)と第25回(選択肢の<時期>があいまいであるため)。

*(アンケート受付停止のお知らせ)
近日中に、「プチアンケート」さんの都合により、
以下のアンケートの受付を停止いたします。ご了承ください。

 05.10.30「第22回 エディンバラ利き手調査(訂正版)」から、
 06.12.20「第36回 利き手は変えられると思いますか」 まで。
(2009.5.24)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*【焼き直し《再版》アンケート開始のお知らせ】
2009.6.28より、受付を停止した過去のアンケートの焼き直し版を始めました。
第一弾は、
 「再版(第11回)「利き手(左利き)の矯正・直す」という言葉をどう思いますか」。
今後二ヶ月に一度の割で、新規のアンケートと交代で再版アンケートを実施します。
(2009.6.28)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.03.03

第10回LYグランプリ2016各賞発表-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第463号

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』2月20日発行、第463号のメルマガのお知らせです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第463号(No.463) 2016/2/20
「第10回<LYグランプリ>2016 読者大賞 各賞発表」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
<左利きプチ・アンケート>
第10回<LYグランプリ>2016 読者大賞 各賞発表
------------------------------------------------------------

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【第10回<LYグランプリ>2016 読者大賞】各賞発表

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


<LY(Lefty of the Year)グランプリ>は、

2月10日<左利きグッズの日>を記念したイヴェントで、

2015年、最も活躍した、最も話題となった、記念すべき
<左利きの人・物・事>を顕彰するものです。

左利きライフ研究家・レフティやすおが選ぶ候補のなかから、
読者アンケートによる投票で決定します。


【第10回<LYグランプリ>2016 読者大賞アンケート】

1・左利き作家ギュンター・グラス氏死去
2・左右対称形共用カメラ二代目「Canon PowerShot N2」
3・左右共用スマホ組み合わせ一眼カメラ「OLYMPUS AIR A01」
4・左右両用持ち方鉛筆「トンボ鉛筆 Yo-i もちかた」
5・左右共用「セシール 楽々ボクサーブリーフ」
6・左利き漫画と「左利きさんのための編み物サイト」
7・書字等の動作における利き手の差に関する基礎的研究
8・日テレ『嵐にしやがれ』二宮和也の左利きの大変さ
9・もっとほかにあるやろ!(例:SB監督・工藤公康氏)

※ 結果を見るのは、こちら

*このアンケートは、2015.12.5-2016.2.17まで実施しました。

 ●結果発表
 ●選出理由は


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★【読者大賞】該当なし

★【読者賞】:―【物:部門】―
 左右対称形共用カメラ二代目「Canon PowerShot N2」

*参照:
『お茶でっせ』2015.03.18
左利きにも優しいシンメトリーデザイン・カメラCanon PowerShot N改良機PSN2

Canon デジタルカメラ PowerShot N2 自分撮りモード搭載 PSN2

★【審査員大賞】:―【物:部門】―
 左右共用スマホ組み合わせ一眼カメラ「OLYMPUS AIR A01」

*参照:
『お茶でっせ』2015.04.11
左手でも使えるシンメトリックデザイン一眼カメラOLYMPUS AIR A01

オリンパスOLYMPUS AIR A01

Olympus Air A01 White (Body Only) [並行輸入品]


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.12.16

LYグランプリ2016読者大賞アンケート左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第458号のお知らせ

メルマガのお知らせです。

第一土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第458号。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第458号(No.458) 2015/12/5「<左利きプチ・アンケート>
第10回<LYグランプリ>2016 読者大賞アンケート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回は、いよいよ毎年恒例の2月10日〈左利きグッズの日〉を
記念した<LYグランプリ>第10回の読者大賞アンケートを
実施しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【 第10回<LYグランプリ>2016 】
             (Lefty of the Year Grand prix)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
―2016年左利きの人・物・事―
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【第10回<LYグランプリ>2016 読者大賞アンケート】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2月10日<左利きグッズの日>を記念したイヴェントで、

2015年、最も活躍した、最も話題となった、記念すべき
<左利きの人・物・事>を顕彰するものです。

左利きライフ研究家・レフティやすおが選ぶ候補のなかから、
読者アンケートによる投票で決定します。

以下の九つの候補から一つを選んで、
項目の下のURLをクリックして投票してください。

(※ 投票は本紙上でお願い致します。)


【第10回<LYグランプリ>2016 読者大賞アンケート】

1・左利き作家ギュンター・グラス氏死去

2・左右対称形共用カメラ二代目「Canon PowerShot N2」

3・左右共用スマホ組み合わせ一眼カメラ「OLYMPUS AIR A01」
4・左右両用持ち方鉛筆「トンボ鉛筆 Yo-i もちかた」
5・左右共用「セシール 楽々ボクサーブリーフ」
6・左利き漫画と「左利きさんのための編み物サイト」
7・書字等の動作における利き手の差に関する基礎的研究
8・日テレ『嵐にしやがれ』二宮和也の左利きの大変さ
9・もっとほかにあるやろ!(例:SB監督・工藤公康氏)


※ 現在の結果を見るのは、こちら

*このアンケートは、2015.12.5-2016.2.10頃まで実施します。

以上、各項目の詳細説明につきましては、前の二号(456号・457号)の記事をご覧ください。

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.01.14

新年第一号LYGP2015読者大賞アンケート~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第435号

無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』は、今年第一号の第435号のお知らせです。

第435号(No.435) 2015/1/3「<左利きプチ・アンケート> 第9回<LYグランプリ>2015 読者大賞アンケート」

新年第一号ということもあり、「第9回<LYグランプリ>2015 読者大賞アンケート」です。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【第9回<LYグランプリ>2015 読者大賞アンケート】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2月10日<左利きグッズの日>を記念したイヴェントで、
2014年、最も活躍した、最も話題となった、記念すべき<左利きの人・物・事>を顕彰するものです。

左利きライフ研究家・レフティやすおが選ぶ候補のなかから、読者アンケートによる投票で決定します。

以下の九つの候補から一つを選んで、項目の下のURLをクリックして投票してください。

【第9回<LYグランプリ>2015 読者大賞アンケート】
1・山陽女子高校放送部「ももこ」さん左利きの主張
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673150
2・左利きオバマ米大統領、左利きすし職人すきやばし次郎
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673151
3・左利き女優、吉高由里子さん「花子とアン」
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673152
4・左利き元教師、度会金孝さん『ぼくは左きき』
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673153
5・ゼブラ ジェルボールペン「サラサ」最優秀筆記具
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673154
6・アメブロ「右利き?左利き?」ブログネタ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673155
7・MSN産経ネットニュース「左利きの憂鬱」
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673156
8・日本最大級左利き商品専門ECサイト『サウスポ』
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673157
9・もっとほかにあるやろ!
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321673158

※ 現在の結果を見るのは、こちら

 *このアンケートは、2015.1.3-2015.2.20頃まで実施します。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 【 過去の <LYグランプリ> 】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

▼第1回<LYグランプリ>2007▼
【読者大賞】/【審査員大賞】左利きの本部門:
 『非対称の起源』クリス・マクマナス/著
  大貫昌子/訳 講談社ブルーバックス 2006.10


▼第2回<LYグランプリ>2008▼
【読者大賞】該当なし
【審査員大賞】行事イヴェント部門:
 TOKYO LEFTEOUS PROJECT ON 13TH AUG.
  ~左利きの気持ちになってみる日~ (左箸の接客運動)

▼第3回<LYグランプリ>2009▼
【読者大賞2009】/【審査員大賞2009】左利きの本部門
 八田武志/著『左対右 きき手大研究』化学同人 2008.7


▼第4回<LYグランプリ>2010発表▼
第206号(No.206) 2010/3/20「第4回<LYグランプリ>2010発表」
【読者大賞2010】左利きの本部門:
 『左利きの人々』渡瀬けん/著 中経の文庫 2009.1
【審査員大賞2010】左利きの本部門:
 『左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために』
  ローレン・ミルソム/著 笹山裕子/訳 東京書籍 2009.4


▼第5回<LYグランプリ>2011発表▼
第252号(No.252) 2011/2/26「第5回<LYグランプリ>2011結果発表」
【読者大賞】「該当なし」【読者賞】5件
【審査員大賞】「左利きの事」部門:「DESIGN for LEFTY」展
 (デザインから左利きを考えるイベント)

▼第6回 <LYグランプリ> 2012▼
第299号(No.299) 2012/2/11「第6回<LYグランプリ>2012発表」
【読者大賞】「該当なし」【読者賞】4件
【審査員大賞】大阪府/人権学習シリーズvol.7 みえない力 左利きの国?!

▼第7回<LYグランプリ>2013▼
第356号(No.356) 2013/3/23「<左利きプチ・アンケート>第7回<LYグランプリ>2013 読者大賞発表」
【読者大賞】「左利きの事」部門: 左利き用品開発
・無印良品 プロジェクト ハートフル・左利き
【審査員大賞】「左利きの事」部門: 左利きの悩み解消
・ガスト スープ用お玉(レードル)の形状改善

▼第8回<LYグランプリ>2014▼
第403号(No.403) 2014/2/22「第8回<LYグランプリ>2014 読者大賞 各賞発表」
【読者大賞】「左利きの人」部門:
・右利きからの“転向派左利き”【武井壮】さん
【審査員大賞】「左利きの物」部門:
・左右共用中央シャッター・カメラ【キヤノンPowerShot N】

左利きの日を祝おう!


詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--
*本誌で取り上げた本:
『ぼくは左きき 本当の自分であるために』度会金孝(わたらいかねたか)著 日本機関紙出版センター 2014/12/18

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.02.26

第8回<LYGP>2014読者大賞発表~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii403号

先週、先々週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第403号のお知らせです。

 ・・・

第403号(No.403) 2014/2/22「第8回<LYグランプリ>2014 読者大賞 各賞発表」は、
<左利きプチ・アンケート>第8回<LYグランプリ>2014 読者大賞 各賞発表です。

風邪で一週お休みをいただきました。
発表が遅れてしまいましたが、第8回<LYグランプリ>2014 読者大賞 および各賞の発表です。

【第8回<LYグランプリ>2014】は、2月10日<左利きグッズの日>を記念したイヴェントで、前年2013年、最も活躍した、最も話題となった、記念すべき<左利きの人・物・事>を顕彰するものです。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第8回<LYグランプリ>2014 読者大賞アンケート

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1・右利きからの“転向派左利き”【武井壮】
2・体操新技「シライ」他17歳高校生【白井健三】選手
3・左右共用中央シャッター・カメラ【キヤノンPowerShot N】
4・【レイメイ藤井 ペンカットキッズ 左手用 オレンジ SHH505D】
5・8月13日左利きの日イベント【レフチャスLEFTEOUS】
6・左利き情報ポータルサイト【ヒダリキックマガジン】
7・「左利きにも対応!」【阿久津直記『たった2時間読むだけで字がうまくなる本』】
8・ガボちゃんブログ【左右平等作戦in小学校】
9・もっとほかにあるやろ!

このアンケートは、2013.12.21-2014.2.20まで実施しました。

ご協力ありがとうございました。
100票近い投票をいただき誠にありがとうございました。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第8回<LYグランプリ>2014 読者大賞 各賞発表

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【読者大賞】【読者大賞・敢闘賞】【読者大賞・期待賞】
【審査員大賞】【審査員・特別賞】【審査員・敢闘賞】

以上の各賞を選出しました。

結果は、本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』


・【レイメイ藤井 ペンカットキッズ 左手用 オレンジ SHH505D】
・【阿久津直記『たった2時間読むだけで字がうまくなる本』】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ○●過去の<LYグランプリ>●○
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▼第1回<LYグランプリ>2007▼
Lefty Yasuo's/Lefty of the Year Grand prix <2007>
▼第2回<LYグランプリ>2008▼
Lefty Yasuo's/Lefty of the Year Grand prix <2008>
▼第3回<LYグランプリ>2009▼
Lefty Yasuo's/Lefty of the Year Grand prix <2009>
▼第4回<LYグランプリ>2010▼
第206号(No.206) 2010/3/20「第4回<LYグランプリ>2010発表」
▼第5回<LYグランプリ>2011▼
第252号(No.252) 2011/2/26「第5回<LYグランプリ>2011結果発表」
▼第6回<LYグランプリ>2012▼
第299号(No.299) 2012/2/11「第6回<LYグランプリ>2012発表」
▼第7回<LYグランプリ>2013▼
第356号(No.356) 2013/3/23「<左利きプチ・アンケート>第7回<LYグランプリ>2013 読者大賞発表」


--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.12.25

第8回<LYグランプリ>2014アンケート~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii395号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第395号のお知らせです。

 ・・・

第395号(No.395) 2013/12/21「<左利きプチ・アンケート> 第8回<LYグランプリ>2014 読者大賞」は、
第8回<LYグランプリ>2014「読者大賞<左利きプチ・アンケート>」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【 第8回 <LYグランプリ> 2014 】
             (Lefty of the Year Grand prix)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
―2013年左利きの人・物・事―
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は、来年2月10日<左利きグッズの日>を記念したイヴェント【第8回<LYグランプリ>2014】読者大賞<左利きプチ・アンケート>各候補の紹介およびアンケートです。

私の認定した17項目から、さらに読者大賞アンケート候補として8件を選出しました。

【人:部門】―2件
【物:部門】―2件
【事:部門】―4件

 ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【第8回<LYグランプリ>2014 読者大賞アンケート】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2月10日<左利きグッズの日>を記念したイヴェントで、

2013年、最も活躍した、最も話題となった、記念すべき
<左利きの人・物・事>を顕彰するものです。

左利きライフ研究家・レフティやすおが選ぶ候補のなかから、
読者アンケートによる投票で決定します。

以下の九つの候補から一つを選んで投票してください。

---
1 ・右利きからの“転向派左利き”【武井壮】
2 ・体操新技「シライ」他17歳高校生【白井健三】選手
3 ・左右共用中央シャッター・カメラ【キヤノンPowerShot N】
4 ・【レイメイ藤井 ペンカットキッズ 左手用 オレンジ SHH505D】
5 ・8月13日左利きの日イベント【レフチャスLEFTEOUS】
6 ・左利き情報ポータルサイト【ヒダリキックマガジン】
7 ・「左利きにも対応!」【阿久津直記『たった2時間読むだけで字がうまくなる本』】
8 ・ガボちゃんブログ【左右平等作戦in小学校】
9 ・もっとほかにあるやろ!
---

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』


--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.29

小学書写教科書左手例プロジェクト2~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii365号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第365号のお知らせです。

 ・・・

第365号(No.365) 2013/5/25「≪教科書プロジェクト≫【小学書写教科書に左手書字例を!】プロジェクト・2」は、
4月から第四土曜日は、≪教科書プロジェクト≫を始めました。
今回は、2回目。

【小学書写教科書に左手書字例を!】プロジェクト・2

まずは教科書会社を調べてみました。

 ●小学校書写教科書出版社6社


≪教科書プロジェクト・アンケート・1≫「あなたは普段どちらの手で字を書きますか?」も、引き続き実施しています。

※ 現在の結果を見るのは、こちら


詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.02

教科書プロジェクト・アンケ1~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii361号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第361号のお知らせです。

 ・・・

第361号(No.361) 2013/4/27「<左利きプチ・アンケート>
≪教科書プロジェクト・アンケート・1≫どちらの手であなたは普段どちらの手で字を書きますか?」
は、

本誌でも書いていますように、ゆるゆるとでも<【小学書写教科書に左手書字例を!】プロジェクト>を始めることになりました。

「目標達成のための行動計画を立てる」ことから順に検討してゆこうと考えています。

今回はまず関連するアンケートから―。

≪教科書プロジェクト・アンケート・1≫
  あなたは普段どちらの手で字を書きますか?

(現在の結果を見る)

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧