« 私の読書論147-私を育てたハヤカワ文庫創刊50周年(10)ハヤカワ文庫の50冊(8)拾遺SF編-楽しい読書302号 | Main | 私が影響を受けた左利き研究家・活動家(3)第二期・紙の時代2(創刊600号突破記念)-週刊ヒッキイ第603号 »

2021.09.16

久しぶり?の左利き本近刊『1万人の脳を見た名医が教える すごい左利き 「選ばれた才能」を120%活かす方法』

9月29日に発売予定の左利き本の紹介です。

加藤俊徳『1万人の脳を見た名医が教える すごい左利き 「選ばれた才能」を120%活かす方法』 (ダイヤモンド社 2021/9/29)

210929sugoi-hidarikiki-71ct69pqvml

(出版社の紹介文)

「左利き」は天才? それとも…変人? 何が得意で、何が苦手? そして結局、何者なのか? 1万人の脳をみた名医が、最新脳科学ではじめて明かす10人に1人の「選ばれた才能」のすべて!

(目次)

はじめに―私は左利きだったから世界で最初の「脳内科医」になった
序章 すごい左利き
そもそも、なぜ「利き◯◯」があるの?
左利きは天才? 変人?
左利きの「あたりまえ」が「すごい脳」をつくる
《コラム》人類はいつから右利き優勢になった? …
第1章 「直感」がすごい―ひらめきで人生が好転する
左利きの直感がすごい理由
左利きの得意技「ひらめき」
「直感」をもっと伸ばす脳トレ
《コラム》スポーツをするとき、左利きが有利? …
第2章 「独創性」がすごい―豊かなアイデアが生まれる
「イメージ記憶」が選択肢を増やす
左利きは「天性のコピーライター」
「独創性」をもっと伸ばす脳トレ
《コラム》左利きは認知症になりにくい⁈ …
第3章 「ワンクッション思考」がすごい―ひと手間が脳を強くする
「ワンクッション思考」を重ねると発想力が豊かになる
ワンテンポ遅れるのは「ワンクッション思考」をしているから
「右脳」をもっと鍛える脳トレ
《コラム》子どもは右利きに矯正したほうがいい?…
第4章 「最強の左利き」になる
右手と左手でできることを「比べる」
左利きと右利きの「役割分担」でいいものを生み出す
左利きはマイノリティではなく「選ばれた人」…
おわりに―左利きも右利きも、脳の違いを知ればうまくいく

(著者紹介)

左利きの脳内科医、医学博士。加藤プラチナクリニック院長。 株式会社脳の学校代表。昭和大学客員教授。発達脳科学・MRI脳画像診断の専門家。脳番地トレーニングの提唱者。14歳のときに「脳を鍛える方法」を求めて医学部への進学を決意。1991年、現在、世界700カ所以上の施設で使われる脳活動計測fNIRS(エフニルス)法を発見。1995年から2001年まで米ミネソタ大学放射線科でアルツハイマー病やMRI脳画像の研究に従事。ADHD注意欠陥多動性障害、コミュニケーション障害など発達障害と関係する「海馬回旋遅滞症」を発見。帰国後は、独自開発した加藤式MRI脳画像診断法を用いて、子どもから超高齢者まで1万人以上を診断、治療を行う。「脳番地」「脳習慣」「脳貯金」など多数の造語を生み出す。InterFM 897「脳活性ラジオ Dr.加藤 脳の学校」のパーソナリティーを務め、著書には、『脳の強化書』(あさ出版)、『部屋も頭もスッキリする! 片づけ脳』(自由国民社)、『脳とココロのしくみ入門』(朝日新聞出版)、『ADHDコンプレックスのための❝脳脳番地トレーニング❞』(大和出版)、『大人の発達障害』(白秋社)など多数。

紹介や目次を見ましたところ、<左利きの脳科学者>の著者・加藤俊徳さんによる<左利きに特化した脳科学を応用した自己啓発本>といったところでしょうか。

「左利きはマイノリティーではなく、選ばれた人」というところは、いかにも左利きの著者らしい考え方かもしれません。

コラムで「左利きの科学」的な話題を提供しています。
本文では、脳科学的な見地から左利きの特性を描いている、というところでしょうか。

脳科学的に右利き・左利きのそれぞれの特性を活かした行動の仕方・考え方を工夫して日々の生活を改善しよう、という提言でしょう。

 

私が欲しい左利きの本の路線とは違っています。

私個人としましては、学術的なレベルではなくても、一般の人に「左利きとは何か、どういうことか」を説明した、左利きについて科学的に考察した「左利きの科学」といった本を期待しています。
(もしくは、左利きの人による左利きライフに関するエッセイとか。)

「左利きの科学」的な本に関しましては、10年周期ぐらいで新しい本が書かれてきました。(*1:参照)
それぐらいの時間がたつと、小学生ぐらいの子供さんの親御さん世代が入れ替わり、左利きの知識が失われ、あらたな教科書的な著書を必要とするからではないか、といわれています。

そろそろまた新しい左利き・利き手の科学啓蒙書が欲しいところです。

 

*1(主な左利きの科学書)
・1989(平成元)
『右利き・左利きの科学』前原勝矢 講談社/ブルーバックス
――――当時は一般向け新書による本格的な利き手・利き側の科学啓蒙書として貴重だった(著者の一部の考えには納得できかねる部分がありましたが……)。

・1994(平成6)
『左利きは危険がいっぱい』スタンレー・コレン 石山鈴子訳 文藝春秋
――例の都市伝説化している?「左利きは短命」説を生み出したことで知られる。著者の意図は「左利きは右利き向けの道具や機械で阻害され危険が多い」ので改善を目指せ!

・1996(平成8)
『左ききの神経心理学』八田武志 医歯薬出版
――日本の利き手研究の権威による左利きの科学の学術的な著書。

・2006(平成18)
『「左利き」は天才?―利き手をめぐる脳と進化の謎―』デイヴィッド・ウォルマン 梶山あゆみ訳 日本経済新聞社 
――科学ジャーナリストによる世界を舞台に左利きの謎を追う科学的エッセイ。

『非対称の起源 偶然か、必然か』クリス・マクマナス 大貫昌子訳 講談社ブルーバックス1
――イギリスの利き手の研究の権威による、左利き・利き手を含む左右の科学解説書。

・2008(平成20)
『左対右 きき手大研究』 八田武志/著 化学同人 DOJIN選書18
――前著『左ききの神経心理学』から10年の利き手研究の成果を示す一般向け科学書。

 ・・・

本書『1万人の脳を見た名医が教える すごい左利き~』は、200ページという薄い本なので、話題の一つとしてあまり期待しないでペラッと読んで、それなりに楽しめればいいのではないか、と思います。
とりあえず買って読んでみようと思います。

 ・・・

先の左利きの科学書の例の他に、こういう本もあります。

左右学とでもいうのでしょうか、「左」と「右」という概念で以て世界を科学したら? とでもいうのでしょうか。
そういう本なのですが、利き手研究の比率が高いクリス・マクマナスさんの左右に関する著書『非対称の起源 偶然か、必然か』にも近いところがあります。
この本が、今年初めに文庫本(上下全二巻)になって出版されていました。

 

210916sizenkai-hidarimigi

(画像:文庫版上下2巻『新版 自然界における左と右 』マーティン・ガードナー/著 坪井 忠二, 藤井 昭彦, 小島 弘/訳 ちくま学芸文庫 2021/1/9) 

・『新版 自然界における左と右 上』マーティン・ガードナー/著 坪井 忠二, 藤井 昭彦, 小島 弘/訳 ちくま学芸文庫 2021/1/9
――上巻では「9 人のからだ」「10 少数派の左利き」という人体における非対称(左利き)に関する章があります。

210916sizenkai-hidarimigi-jou

(画像:『新版 自然界における左と右 上』「9 人のからだ」p.162 に、日本の左利き事情として、「左利き友の会」を主宰された箱崎総一先生のことや麻丘めぐみさんのヒット曲「わたしの彼は左きき」のことなどが記載されている)

・『新版 自然界における左と右 下』

・(元の単行本)『新版 自然界における左と右』マルティン・ガードナー 坪井忠二・小島弘訳 紀伊國屋書店 1992/5/1(原著:1990年刊)

 

 

 

|

« 私の読書論147-私を育てたハヤカワ文庫創刊50周年(10)ハヤカワ文庫の50冊(8)拾遺SF編-楽しい読書302号 | Main | 私が影響を受けた左利き研究家・活動家(3)第二期・紙の時代2(創刊600号突破記念)-週刊ヒッキイ第603号 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

左利き」カテゴリの記事

左利き関連本」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

左利きの人」カテゴリの記事

古典(名著名作)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私の読書論147-私を育てたハヤカワ文庫創刊50周年(10)ハヤカワ文庫の50冊(8)拾遺SF編-楽しい読書302号 | Main | 私が影響を受けた左利き研究家・活動家(3)第二期・紙の時代2(創刊600号突破記念)-週刊ヒッキイ第603号 »