« March 2020 | Main | May 2020 »

2020.04.30

中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか-「楽しい読書」第269号

―「レフティやすおの楽しい読書」第269号

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2020(令和2)年4月30日号(No.269)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか」


☆彡

新型コロナウイルスが、世界中で猛威をを奮っています。

日本でも緊急事態宣言が為されました。

日々、心が暗くなる毎日です。

この新型コロナウイルスへの恐怖から、
色々と不安になって、
体調を狂わせている人もいらっしゃるかもしれません。

日赤のホームページで
「心の健康を保つために」という注意が紹介されています。

http://www.jrc.or.JP/


「赤十字NEWSオンライン版」から
「社会を分断する 「不安」の感染」 に
あげられていた

 「不安」から心を守る 5つの方法

を転載します。

--
落ち着きを取り戻すために、
次のような方法を試してみましょう。

[1]
まずはリラックス。
ほっとする時間を作ろう
[2]
熱中できたり
心が晴れる活動に時間をさく。
運動も効果的!
[3]
この「騒ぎ」から一歩引いて、
別の視点を持つ人と話をしてみる
[4]
「その情報は正しい?」
冷静に情報の信頼性を考えよう
[5]
食べて(健康的な食事)、
寝て(質の良い睡眠)、
自分をいたわろう

つい陥ってしまいがちな「不安」の感染に気づき、
セルフケアに努めましょう!
--


実は、私自身がそうでした。

そこで、メルマガの原稿書きに励んでいます。
というか、励もうと心掛けています。

少しは気分が落ち着いたかもしれません。


------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年4月30日号(No.269)
「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨年10月をもちまして、

 「古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう」は終了。


2019(令和元)年10月31日号(No.258)-191031-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(33)『孫子』後編」


 今月からは「中国編」は変わりませんが、
 「漢詩編」となります。

 詩は得意ではないのですが、これもお勉強ということで。

 結構知っている言葉や言い回し、故事成語が出てくる
 というのも、「古代思想編」と同じです。

 知らないうちに耳にしている、という詩の一節があるものです。

 それらの原典を改めてみておくことにより、
 中途半端な知識を確かなものに変える、
 ということも大切です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ 漢詩はリズム ◆
 中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)
  漢詩とはなにか
  ~ 有名な言葉とその出典としての漢詩 ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ●「漢詩」を学ぶことは、「人」を知ること

唐の時代の詩人・杜甫「春望」

国破山河在
城春草木深
感時花濺涙
恨別鳥驚心
烽火連三月
家書抵万金
白頭掻更短
渾欲不勝簪

国破れて山河在り
城春にして草木深し
時に感じては花にも涙を濺(そそ)ぎ
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
烽火(ほうか)三月(さんげつ)に連なり 
家書万金に抵(あた)る
白頭掻けば更に短く
渾(す)べて簪(しん)に勝(た)へざらんと欲す


*参考
一海知義『漢詩入門』岩波ジュニア新書 1998.6.22

 ●「漢詩」とは?
 ●漢詩のリズム
 ●リズムを知れば、読みやすくなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌では、「中国の古典編―漢詩を読んでみよう(1)漢詩とはなにか」と題して、中国の、日本でいう「漢詩」を読んでみようというシリーズの第一回目「漢詩とは何か」です。

日本でいう「漢詩」というのは、「漢文で書いた詩」を意味します。
中国では「旧詩」というそうです。
中国で「漢詩」とは、「漢代の詩」を指します。
「唐代の詩」を「唐詩」と呼ぶように。

このように、日本と中国では同じ漢字を使っていても意味が違っていたり、ずれがあるそうです。

その辺が難しくしている面がありますが、リズムを知れば読みやすくなるそうです。

私は詩が苦手で、図書館も休館中ということで勉強もままなりませんが、ぼちぼちと勉強していこうと思います。

 ・・・ 

では、詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

『レフティやすおのお茶でっせ』

〈メルマガ「楽しい読書」〉カテゴリ

| | Comments (0)

2020.04.18

2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年(4)その後の30年(3)ブログ開設まで-週刊ヒッキイ第569号

―『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第569号 別冊編集後記

第569号(No.569) 2020/4/18
2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年
(その4)その後の30年―左利きライフ研究の30年(3)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第569号(No.569) 2020/4/18
2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年
(その4)その後の30年―左利きライフ研究の30年(3)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年
(その4)その後の30年―左利きライフ研究の30年(3)
 ブログ「レフティやすおのお茶でっせ」開設まで
------------------------------------------------------------

 「2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年」
 の4回目です。

 「その後の30年―左利きライフ研究の30年」の3回目です。

 前回までは、紙での活動の時代のお話でした。

 今回はブランクの後の、ネットでの活動のお話です。

(1)
第564号(No.564) 2020/2/1
「2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年
(その1)初めの30年」

2020.2.1
2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年(1)初めの30年
-週刊ヒッキイ第564号
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2020/02/post-a8b3b5.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/00be8ff2471350b61738e5f8e0efcae3

(2)
第566号(No.566) 2020/3/7
「2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年
(その2)その後の30年―左利きライフ研究の30年(1)」

2020.3.7
2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年(2)
その後の30年(1)左手用カメラ-週刊ヒッキイ第566号
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2020/03/post-fe5897.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/88bb26fc85ae82e9284a377bbcdbeaf3

(3)
第567号(No.567) 2020/3/21
「2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年
(その3)その後の30年―左利きライフ研究の30年(2)」

2020.3.21
2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年(3)
その後の30年(2)世界に発信!-週刊ヒッキイ第567号
https://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2020/03/post-e445ac.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/6dc7d2cd154612ea4bcf3545240cc45c

 

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
  2020年は左利き公認60年&左利きライフ研究30年
  (その4)その後の30年―左利きライフ研究の30年(3)
   ブログ「レフティやすおのお茶でっせ」開設まで
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

 

 ●21世紀にパソコン生活で再開へ

2002年、友人限定ミニ・ホームページ
「レフティやすおの部屋」の〈左利き〉ページ
(目次)
1 「左組」 ――左利き活動の記録
2 ぼくの愛用左利き用品 ――愛用している左利き用品の紹介
3 左利き川柳 ――左利き生活をネタにした川柳
4 左利きの本だなぁ ――左利き本の紹介

 ●左利き本の原稿を書く

2003年
『驚き桃の木左利き』目次
はじめに
 1 左利きを考える
 2 左利きの本を出す
第1部 マイ・ヒストリー〈LL〉以前
 ――子供時代から左利き生活を振り返る
第2部 季刊誌〈LL〉
    「レフティーズ・ライフ/左利きの生活」から
 ――〈LL〉全号の記事紹介
第3部 〈LL〉以後 HP《レフティやすおの部屋》から
 1 左利き川柳
 2 左利きの生活
 3 ぼくの愛用左利き用品
 4 左利きの本だなぁ
 ――ミニ・ホームページの記事紹介
第4部 ちょっと便利なおまけ集
 ――左利き用品リスト、お仲間サイト紹介、左利き参考文献

(86ページ、92520文字)

 ●色々な左利きのサイト
 ●ブログ「レフティやすおのお茶でっせ」開設

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌では、「左利きライフ研究の30年(3)ブログ「レフティやすおのお茶でっせ」開設まで」と題して、21世紀になってパソコンを手にし、そこで始めることになったネットでの活動と、その裏での活動を紹介しています。

「雀百まで踊り忘れず」ということわざがありますように、私も左利き活動を忘れれることができず、またぞろネットでぼちぼちと始めることになりました。
始めは、友人向けの細々とした個人ホームページだったものに、左利きのページを追加し、徐々に記事を増やしていきました。

それでも、URLを公開することなく、何人かの友人にのみ知らせるだけでした。

昔から作家に対する憧れもあり、自分の左利き本を作ってみたいという気持ちになりました。
一般の人でも左利き本を出版されているという事実を知ったからでした。

一方で、ネットの世界において、さまざまな人が左利きサイトをやっていて、それらを読むうちに、やっぱり自分ももう少し本格的なものをつくろう、という気になりました。
そして、この本の原稿をもとに、本格的に左利きのホームページを作ることにしました。

それに先立ち、ブログを開設。
自分のホームページの紹介をしようと考えたのです。

 ・・・

では詳細は、本誌で。

 

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

 

『レフティやすおのお茶でっせ』〈左利きメルマガ〉カテゴリ

 

| | Comments (0)

2020.04.15

私の読書論131-本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(1)

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★ 2020(令和2)年4月15日号(No.268)「私の読書論131-
本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(1)」

 

 

------------------------------------------------------------
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
2020(令和2)年4月15日号(No.268)「私の読書論131-
本好きになる子供時代の経験とは?-松岡正剛、佐藤勝の場合(1)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回は、松岡正剛、佐藤勝の両氏の対論集

200515-yomutikara
 
 『読む力 現代の羅針盤となる150冊』中公新書ラクレ 2018/4/9

 

 から、両氏が本好き、読書好きになったきっかけや、
 のちに読書の達人になるに至るまでの
 子供時代の読書経験について

 

 「第一章 子どもの頃に読んだのは」

 

 からのぞいてみます。

 

  読書好きになる方法
  子供を読書好きにする方法
 
 が、導き出せるかもしれません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ◆ 読書の名伯楽 ◆
  私の読書論131-
  本好きになる子供時代の経験とは?
    ~ 松岡正剛、佐藤勝 両氏の場合 (1) ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 ●読書好きになるパターン
p.17
 

佐藤 私が本を読み始めたのは、遅いんですよ。本格的に読むようになったのは、中学に入ってからです。
  松岡 まあ、決して遅くはないですけれど。
  佐藤 いや、本当に本の好きな人は、小学生のときには、もうかじりついているでしょう。松岡さんは、そうだったんじゃないですか?
  松岡 そうですね。両親が俳句を嗜み、母が小唄を、父がお茶をやるので、一種の遊芸めいた本が家の中に結構あって、物心ついた頃から、そういうものに普通に触れたりはしていました。

 

 ●佐藤勝さんの小学生時代
p.18
 

佐藤 わが家は恐ろしく本の少ない家だったんですよ。

p.18
 

佐藤 ある時期まで、買い与えてくれなかったのです。母の本棚には、アンドレ・ジイドの『狭き門』や『背徳者』などがありましたが、「小説なんて読むもんじゃありません」とカバーをかけられていた(笑)。

p.21
 

佐藤 ですから、本よりもラジオ、無線が大好きな無線少年だったわけですよ。そういう状況が一変したのは中学一年のときでした。

 

 ●松岡正剛さんの小学生時代
p.18
 

松岡 いまから思うと、そこでめちゃくちゃ深い教養を交わし合っていたのです。/
    そんな環境に、ちょっとだけ影響を受けながら、本にまみれていったという感じでしょうか。でも、最初に読んだのは、やっぱり石井桃子や小川未明などのどうわのあれこれと、リンカーンやフランクリンやキュリー夫人の伝記ですよ。
  佐藤 それは、家に蔵書としてありました?それとも学校で読みました?
  松岡 両方です。小学校では図書委員をやっていましたね。そっちでは鉱物や昆虫の図鑑と、それからアンデルセンやグリムの童話ですね。

 

 ●読書の名伯楽:佐藤勝さんの場合
p.24
 

佐藤 「とにかく読め」が口癖で。先生の主張するところによれば、「読む力は、聞く力、書く力、話す力を凌駕するのだから、読むんだ」と。

 

 ●夏目漱石の『こころ』について
 ●佐藤さんを本の世界に誘った名伯楽
p.25
 

佐藤 そう。「わからないかもしれないけれど、読め」「その雰囲気だけでも味わってみろ」と、生徒を挑発するわけです。
  松岡 そういうのが大きい。リベラルアーツ(教養)って、そういうものです。それで、まんまと挑発に乗ってしまったんでしょう(笑)。
  佐藤 その通りで、とにかくその先生に追いつきたかった。
  松岡 その先生は、まさに佐藤さんを本の世界に誘った名伯楽だと思います。子どもで大人でもそうなのですけれど、読書においては、もちろん著者自身が伯楽であるばかりでなく、そもそもそこに辿り着くために本を指し示す優れたナビゲーターが、どこかで必要です。本というのは、それくらいとてつもなく数が多いわけだから、ナビゲーションが必要なんです。

 

 ●本の世界のナビゲーション、またはガイドブック
 ●異能の学習塾教師、ニーチェのこと
p.25
 

松岡 モーパッサンや倉田百三を取り上げたり、『こころ』にクレームつけたりするあたりも含めて、その先生のセンスは抜けてますね。 
  佐藤 そう思います。異能の学習塾教師だった。彼は、「気を付けないといけないのは、フリードリヒ・ニーチェと、カール・マルクスの二人だ」とも言ってました。
  松岡 それも深い。   
  佐藤 生半可な気持ちで読んで、中途半端に取り込むと、自分の頭で思考できなくなる。「自分の場合、マルクスは、学生時代にテニスのほうが楽しくなって抜け出すことができたけれども、ニーチェは大変だった」と。「ニーチェに絡まれると、10年くらい抜け出せなくなる」と、笑いながら話していました。
  松岡 その感覚はよくわかる。ぼくもニーチェについては「すごいけれども、真似をするものではない」と、ずっと書いてきた。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本誌では、それぞれの引用文の間に、私なりの感想なども入れています。

 

そちらは、本誌を購読の上ご確認ください。
(購読者募集中です。無料です。よろしく!)

 

 

一言だけサービスとして書いておきますと――

 

本の世界は広いので、子供の頃に、本のナビゲーターとなる人、読書の“名伯楽”といった存在に出会えるかどうか、というのが大きなポイントだ、ということです。

 

本の世界に誘ってくれる人の存在が、読書好きになれるかどうかのポイントだ、とも言えるでしょうか。

 

そういう人に出会えなければ、自分なりに読書ガイドのようなものを見つけ出せるかどうか、ですね。

 

 ・・・ 

 

では、詳細は本誌で!

 

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

 

『レフティやすおのお茶でっせ』

〈メルマガ「楽しい読書」〉カテゴリ

 

| | Comments (0)

2020.04.04

左利き者の証言(17)投打「二刀流」の先人・川上哲治-週刊ヒッキイ第568号

―『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第568号 別冊編集後記


第568号(No.568) 2020/4/4
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その23―
左利き者の証言から~17 投打「二刀流」の先人・川上哲治」


 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 ※『週刊ヒッキイ』は、
・ 2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
・ 2019年10月より
  第一・第三土曜日の発行は、新規配信
  第二・第四土曜日の発行は、バックナンバーからの再配信
   に変更しました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 


4月以降も、再配信はしばらくお休みとします。


新型コロナウイルスの影響ではない(と信じています?)ので、
ご安心ください(笑)。


左利きライフ研究30年を記念した
“何か”に時間を割きたいので、ご了承ください。


 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン


右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第568号(No.568) 2020/4/4
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その23―
左利き者の証言から~17 投打「二刀流」の先人・川上哲治」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 過去の左利きの人たちの言葉を紹介しながら、
 先輩の証言から学ぼう、というテーマの
 昨年12月以来の久しぶりの17回目です。


 今回は、前回同様


 ジェームス・ブリス、ジョセフ・モレラ著
 『左利きの本――右利き社会への挑戦状』
 (原著 The Left-handaers' Handbook)
草壁焔太訳(講談社 1980(昭和55).12)


 「第二部日本編/第七章 スポーツ界のスーパースターたち」


 から川上哲治さんを紹介しましょう。

Hidarikikinohon-kawakamitetuha2

 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その23―
  左利き者の証言から ~快適左利きライフのために~ 17
  ◆ 投打「二刀流」の先人 ◆
  「赤バット」川上哲治
ジェームス・ブリス、ジョセフ・モレラ著
 『左利きの本――右利き社会への挑戦状』
 草壁焔太訳 講談社 1980(昭和55).12より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 


 ●戦前の投打「二刀流」川上哲治


「第七章 スポーツ界のスーパースターたち」
「(2)赤バット、青バット」の項


第二部著者・草壁焔太
 


左腕が最大の栄光に輝くスポーツといえば、
  いわずとしれた野球である。/
  日本のプロ野球で、左の存在を最初に輝かせたのは、
  打撃王といわれた巨人の四番打者川上哲治だった。
  この赤バットに対し、青バットをふるって
  ホームラン狂時代を作りだした大下弘もまた左バッターで、
  この二人が日本プロ野球のその後の大ブームを
  作りだしたことは、だれも否定しないだろう。
》P.181

 


 ●「野球では左利きがいかせる」


第二部著者・草壁焔太
 


私はかつて川上氏にインダビューしたことがある。
  巨人軍から誘いが来たとき、その金額が
  当時の中学出の給料にくらべて多額であることにも驚いたが、
  「自分は左利きで、ほかの職業では有利とはいえない。
  しかし、野球では左利きがいかせると思い、将来、
  職業野球がどうなってゆくか、なんの確信もなかったが、
  入団することにした」と語っていた。
》p.182

Hidarikikinohon-kawakamitetuha

 


 ●右利きから左利きに


『ウィキペディア(Wikipedia)』「川上哲治」


 


元々は右利きであったが、
  5歳の時に砂利道で転んで右腕を負傷する。
  経過が悪く完治に半年ほどかかったことから、
  左腕を重点的に使う生活を送り、
  治る頃には左利きに矯正されていた。
  その後しばらくは左投げ右打ちだった。

 


 ●「頑固な左利き」


第二部著者・草壁焔太
 


監督となってからも、隙を見せない統帥力を発揮して
  九連覇を達成した。
  ゴルフもはじめから左打ちという強度で頑固な左利きで、
  その頑固を技術に活かし、
  管理統帥にも活かした左利きである。
》p.182

 


 ●川上さんはゴルフも左打ち


「(3)左利きプロ・ゴルファーの登場」の項


第二部著者・草壁焔太
 


ゴルフは左利きに最も陽の当たらぬスポーツといってよい。
  左利きの先覚者も少なく、
  左利きの人々もみな右打ちを教えられた。
  プロの安田春雄が左利きの右打ちである。/
  今井邦雄というハンデ2のアマチュア・プロゴルファーが、
  四十年代に左利きゴルフの先導者として現われた。
  当時は川上哲治をのぞいて左利きの野球選手も
  ゴルフではほとんど右で打っていたが、
  今井は
  「王選手は右でもけっこう飛ばすが、野球ほど飛ばない。
  左で打てばもっと飛ぶ」といっていた。
  利き腰で打たなければ、どうしても無理がある。
》p.186

 


昭和22年生まれで49年デビュー、
左利きプロゴルファー江原利次の言葉
 


「右で打つことが左利きの人にとってよいならば、
  右利きの人はみな左で打つべきだ」
》p.187

 


 


 ●〈日本レフティゴルフ協会〉会長の川上さん


デイヴィッド・ウォルマン 梶山あゆみ訳
『「左利き」は天才? 利き手をめぐる脳と進化の謎』日経新聞社
2006.7


 


「第11章 日本の左利き、大集合」 


軽井沢に来た本当の目的は、
  左利きに関する根本的な真理を学ぶことだった。
  初日のディナーの席で、ぼくは伝説の野球選手、
  川上哲治に左と右の問題を尋ねてみた。川上は、(略)
  膝に乗せた手に目を落とした。

 


  「左利きには何か非凡な才能があると思う。
   それが何かはわからないが……たぶん、
   芸術性に関係しているんじゃないか」

 


  それから、自分は座禅をするのだと言葉を継いだ。
  何やら深遠さに満ちた瞬間が訪れそうな予感。
  老境に入り、少し酔った日本の野球の神様が、
  珠玉の言葉を伝えてくれようとしている。
  もしかしたら、
  ついにサウスポーの涅槃へと通じる扉の鍵が
  渡されるのではないか。
  左利きと、たとえば禅の悟りとの間には
  何かつながりがあるのでしょうか?

 


  「いいや」と川上。
  「それに、左利きの人も右利きの人も
   なにも違いはないよ。私の見るかぎりでは」/

 


  えっ、そんなばかな。》pp.184-185

 


 ●左利きの人と右利きの人の違い


結局は、得意とする手/腕が違っているだけで、
それでどう違うと言われても、案外何もないのかもしれません。


(略)


大事なことは、


 右利きの人だけではなく、
 左利きの人にも都合の良い環境をいかに築いていくか


にあるのです。


 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本誌では、「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その23―左利き者の証言から~17 投打「二刀流」の先人・川上哲治」と題して、川上哲治さんの左利き談義について書いています。


今でこそ、大谷翔平選手の「二刀流」は有名ですが、戦前は、結構こういう選手がいたようです。
プロの選手には、元々高校野球で「エースで4番」という人が多いものエス。
それなりの才能のある人だったということですが、戦前のプロ野球では選手不足もあって、投手と野手を兼任するケースもあったようです。


もちろん、その中でも活躍できる人は限られていたようです。


そんな投打「二刀流」の先人の一人が、川上哲治選手でした。
とはいえ、私ぐらいの年齢では、名選手としてよりも、もうすでに選手を引退して監督さんになり、名監督としての時代しか知りません。


改めてその成績を調べてびっくりしたものでした。


1980(昭和55)年に出版された、ジェームス・ブリス、ジョセフ・モレラ著『左利きの本――右利き社会への挑戦状』草壁焔太訳(講談社)を参照して、川上さんの左利き談義を紹介しています。


1994年に設立された〈日本レフティゴルフ協会〉会長もつとめた人でもあり、まさに日本のスポーツ界を代表する左利きの一人といえるでしょう。


 


そんな人物の左利きに関するお言葉はなかなか重さを感じさせますが……。


左利きの謎を探るべく世界中を駆け巡った科学ジャーナリスト・ウォルマンさんの質問に答えた川上さんの言葉は、なかなかでした。


 ・・・


では詳細は、本誌で。


 


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』


 


『レフティやすおのお茶でっせ』〈左利きメルマガ〉カテゴリ


 


 

| | Comments (0)

« March 2020 | Main | May 2020 »