« 中国の古代思想を読んでみよう(32)『孫子』前編 | Main | (再配信)2005年9月28日創刊号 から―左利きで生きるには第552号編集後記 »

2019.10.05

15年目に向けて―左利きで生きるには第551〈蓬莱〉(551ホーライ)記念号編集後記

―『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第551号 別冊編集後記

 

第551号(No.551) 2019/10/5
「第551〈蓬莱〉(551ホーライ)記念号」

 

--
【お断り】

前号、9月21日発行分ではかなりの誤記、混乱がありました。

正確には、「第550号」でした。

いつしか、そんなになっていたのですね。

で、今回は第551号。

 

2005年9月から始めた弊誌ですが、
14年の歳月がたちました。

ということで、今回は、

「第551〈蓬莱〉(551ホーライ)記念号」

と銘打って、
お手軽な「放談」号とします。

レフティやすお

 

 

※(「551蓬莱」の意味がおわかりにならない方は、

こちらを参照してください。

http://www.551horai.co.jp/

「551蓬莱」といえば、関西では、

「ある時、ない時」のCM
http://www.551horai.co.jp/551CMtheater.html

で有名な大阪名物豚まん―関東風にいいますと、肉まん―
で知られた会社です。)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第551号(No.551) 2019/10/5
「第551〈蓬莱〉(551ホーライ)記念号」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
「第551〈蓬莱〉(551ホーライ)記念号」15年目に向けて
------------------------------------------------------------

 ●初期の頃のこと
 ●再配信の試み

 

【今後の配信予定】

10月5日 本号
10月12日 (再配信)「2005年9月28日創刊号」から
10月19日 (新規配信)
 「【左手・左利き用品を考える】右用と左用の違い」
10月26日 (再配信)「2005年10月8日第2号はじめの一歩」

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 ※『週刊ヒッキイ』は、2019年10月より

  第一・第三土曜日の発行は、新規配信
  第二・第四土曜日の発行は、バックナンバーからの再配信

  に変更します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本誌では、「「第551〈蓬莱〉(551ホーライ)記念号」15年目に向けて」と題して、創刊号のことなど、書いています。

そして、15年目に向けての作戦を示しました。

 

それは、再配信のことです。

今年の4月に「まぐまぐ!」でのバックナンバーの公開が停止されました。

従来は過去のバックナンバーがどなたでもご覧になれたのですが、もう誰の目にも触れなくなりました。
(個人的に保存している奇特な方がいらっしゃれば、別ですが。)

そこで、一部の文章を発掘し、再配信し、こちら(別冊編集後記)の枠で公開しようと考えています。

では、お楽しみに!

 ・・・

詳細は、本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

 

 

|

« 中国の古代思想を読んでみよう(32)『孫子』前編 | Main | (再配信)2005年9月28日創刊号 から―左利きで生きるには第552号編集後記 »

心と体」カテゴリの記事

左利き」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中国の古代思想を読んでみよう(32)『孫子』前編 | Main | (再配信)2005年9月28日創刊号 から―左利きで生きるには第552号編集後記 »