« 小説「わたしの彼は左きき」ははずれ? | Main | あけましておめでとう!~書き込み式わたしの「夢ノート」 »

2004.12.31

2004年の御礼

いよいよ年の瀬です。大晦日も残すところ半時間たらずとなりました。
今日は朝から大阪地方も雪となり、北向きの所ではシャーベット状に積もりました。

私も風邪を引き、最終週はこちらの更新も滞る状態でした。ようやく落ち着いてきて、何とかお正月を迎えることができそうです。

書きそびれたものは、年明けにでもおいおい記事にしたいと考えていますので、よろしく。

今年の私の一番の重大事件は、50歳になったことでしょう。

人間僅か五十年、下天のうちをくらぶれば、夢まぼろしの如くなり。

これは織田信長の歌ですが、その人生50年に達してしまいました。
何も考えずに今日まで来てしまったため、こんな半端な人間になってしまいました。

そこで、50歳を境に新しい自分というものを何とか作ってゆきたいと考え、12月半ばに新たに「新しい生活を始めよう!」というウェブログを始めました。

次に大きいことは、やはりこのウェブログ「レフティやすおのお茶でっせ」とホームページ「レフティやすおの左組通信」を一年間どうにかこうにか続けてこられたことでしょう。

これはひとえに、アクセスいただいた多くの皆様のご支援の賜物と大いに感謝しています。
これからも私なりのオレ流左利きの話題を提供してゆきたいと考えています。
来年もよろしくお付き合いのほどお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈りしています。
では、良いお年を!

|

« 小説「わたしの彼は左きき」ははずれ? | Main | あけましておめでとう!~書き込み式わたしの「夢ノート」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2004年の御礼:

« 小説「わたしの彼は左きき」ははずれ? | Main | あけましておめでとう!~書き込み式わたしの「夢ノート」 »