« March 2018 | Main

2018.04.19

地元アイドルNegiccoのKaedeさんが左投げで新潟知事の代役始球式

4月17日、新潟で行われたプロ野球・DeNA-巨人戦で、新潟を活動拠点とする女性アイドル・グループ「Negicco(ネギッコ)」のKaedeさんが、左投げで始球式を行いました。

女性問題で辞職することになった米山隆一知事の代役でした。

日刊スポーツ 巨人担当 @nikkan_giants のツイッターによりますと、

サウスポーからの1球は山なりスローで惜しくもノーバン投球ならず…。
とのこと。

180417negicco_kaede1


180417negicco_kaede3


180417negicco_kaede4


180417negicco_kaede5

(画像:産経ニュースより)

*参照:
・産経ニュース:地元アイドルが“リリーフ” 新潟知事、始球式を“緊急降板” DeNA-巨人戦

・スポーツ報知:NegiccoのKaede、ノーバンならずも大歓声浴びる

Kaede (Negicco) (@Kaede_NGC) - Twitter


【左利きのアイドル・タレント・芸能人・有名人による「左投げ」の始球式の過去の記事】:
・2017.10.30
吉高由里子がサウスポーで伸びやか始球式 日本シリーズ第2戦
・2017.6.15
左利きの女優・剛力彩芽さん、四度目の始球式登板も…
・2017.5.26
サッポロビールイメージガール川辺優紀子さんの左利き始球式
・2017.5.7
女優の松井愛莉さんがサウスポー始球式
・2017.5.2
ピンクラインのサウスポー、女優でモデルの新川優愛さんが始球式
・2016.8.17
左利きのSKE48日高優月(ひだかゆづき)が始球式
・2016.7.23
左利きの女優すみれさん左腕で始球式
・2016.6.29
左利きの剛力彩芽さんの3度目の始球式は大暴投: レフティやすおのお茶でっせ
・2016.6.5 AKB48Team8/AKB48TeamB兼任の坂口渚沙さん (画像のみ)
AKB48選抜総選挙、暫定21位倉野尾成美・同53位坂口渚沙はTeam8の左利き
・2016.3.7
左利きのあっちゃん前田敦子の始球式

・2014.8.6 右利きの石原さとみさんの左投げ(撮影で右腕を痛めたということで「サウスポーでやります」と宣言。)
終わったはずのクチコミ「右利き? 左利き?」がまた

・2013.12.4 体操新技「シライ」の白井健三選手
体操新技「シライ」の白井健三選手は左利き
・2011.5.12 『五体不満足』の著者の乙武洋匡さん
乙武洋匡さんのサウスポー始球式
・2004.11.11 アテネオリンピック女子マラソン金メダリストの野口みずき選手
素敵な光景:野口選手の左利きの始球式

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.04.18

左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ―新学期特別篇-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第515号

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』4月7日発行分の第515号のメルマガのお知らせです。

第515号(No.515) 2018/4/7「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―新学期・特別篇―」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第515号(No.515) 2018/4/7
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―新学期・特別篇―」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第一土曜日掲載
―新学期・特別篇―
左利きの子供への配慮と支援のための本
------------------------------------------------------------

 \(^O^)/

 いよいよ4月、新年度、新学年、新学期です!

 小学校の新入学の4月でもあります。

 ということで、今回はめずらしく「特別篇」です。


 左利きの子をお持ちの親御さんのみならず、

 左利きの人はもちろん、
 まわりに左利きの人がいるという方も

 ぜひ読んで頂きたい本の紹介です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ 
  ―新学期・特別篇―
  ◆ 左利きの子供への配慮と支援のための本 ◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ●左利きの子の生活支援のためのガイド本

『左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために』
ローレン・ミルソム/著 笹山裕子/訳 東京書籍 2009.4

 

(詳細目次)
--
まえがき

はじめに/左利きの著名人たち

1 どのようにして左利きになるのか

 すべて脳で決まる?/左利きの定義/利き手の程度/
 相互連結性/あなたの左利き度は?

2 就学前の発達

 赤ちゃんと幼児/この子は左利き?/利き手は変えるべき?/
 幼児の日常を支える/書くようになるまでの技能/
 おもちゃとゲーム/就学前の子どもへの配慮

3 毎日の生活で役立つこと

 どんなことが難しいの?/文字を書くこと/
 書字――よい持ち方・かまえ方/筆記用具/
 ハサミの使い方/その他の刃物/キッチンで/電子機器/
 縫い物、棒針編み、かぎ針編み/
 ひも、ネクタイ、靴ひもの結び方

4 左利きの子どもの学校生活

 学校生活/教室でのサポート/特別支援教育の必要性/
 右脳学習/学校の用具・用品の使い方/学童への配慮と支援/
 手書き/基本的な文字の形/
 文字を書くときによく見られる問題/右利き偏重の教室/
 重い機械や道具

5 スポーツ

 左利きにアドバンテージ!/手は目よりもすばやい?/
 子どもとスポーツ/ゴルフ/フェンシング/ボクシング/
 テニス、バドミントン、スカッシュ/卓球/
 体操、ダンス、スケート/ホッケー/ポロ/アーチェリー/
 野球、クリケット、ラウンダーズ/サッカー/ラグビー

6 音楽

 それぞれの才能を育む/バイオリン類/ドラムス/
 木管楽器と金管楽器/ピアノとキーボード/ギター

おわりに
参考資料(※筆者が作成に協力)/索引/謝辞
--

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 今までの日本になかった、
 左利きの子供を持つ親・先生へ向けた、
 左利きの子の生活支援のためのガイド本
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 ●深層心理にある“偏見”

 ●『左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために』

『レフティやすおのお茶でっせ』記事:
2009.4.23
『左利きの子』(のための)教育・保育ガイド本

▲ボール投げが左利きのクロス・ラテラルの
 東京書籍・担当編集者Oさんからのメッセージ▲

2009.5.1
『左利きの子』教育保育ガイド本発売される

▲私の感想▲

第179号(No.179) 2009/5/9「<特別編>『左利きの子』続報」

▲ご自身も左利きでお子さんも左利きの訳者さんのコメント▲


 ●箱崎総一『左利きの秘密』

箱崎総一『左利きの秘密』立風書房マンボウブックス 1979
―左利き友の会の主宰者による、友の会解散後にけじめとして出版された左利きについての2冊目の著書。


(目次)
筆者まえがき
第一章 左利きの文化史
第二章 理不尽な偏見と迫害
第三章 左利きのメカニズム
第四章 左利きよ、立ち上がれ!
第五章 左利きの子を持つ親に
第六章 スポーツと左利き
第七章 自然界の左利き現象
第八章 左利きのための書道教室
巻末資料 左利き便利帳


 ●左利きの元・教師の書いた左利き本

『ぼくは左きき 本当の自分であるために』度会金孝(わたらい かねたか)著 日本機関紙出版センター 2014/12/18
―左利きの元中学教師の著書。自身の書字「矯正」体験と左に戻した体験を通して語る「矯正」を否定し反対する本。


 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.04.15

私の読書論105-私をつくった本・かえた本(4)中3三学期編

―第221号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2018(平成30)年4月15日号(No.221)
「私の読書論105-私をつくった本・かえた本(4)中3三学期編」


本誌では、昨年9月以来の「私をつくった本・かえた本」を書いています。
その4回目で、「私をつくった本・かえた本(4)中3三学期編」と題して、当時の思い出を語っています。

本当は、「高校時代編」として一回で書いてしまう予定でいました。
でも、この時期は、私の本格的な読書人生のスタートの時期であり、非常に思い出の多い時代であり、ついつい思い出に浸ってしまい、お話が長くなりました。

そこで、まずは「中3三学期編」として、一話としました。

書いていると色々なことが思い出されました。


この中でも書いて、〈私をつくった本屋〉に選んだ

 【「市場の前の小さな本屋さん」】

は、今思えば本当に私にとっては、大きな存在でした。

小さなごく普通の町の本屋さんだったのですが、私を本の世界に引き入れてくださった恩人とも言うべきお店でした。

(それなのに、店名を正確に記憶していないというのは、申し訳なく思います。)


さて次回からは、いよいよ「高校時代編」に突入します。
どんな展開になるのかわかりませんが、じっくりとお付き合いいただければ、と願っています。

 ・・・

では、詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』


*参考:(アマゾン)(↓当時の表紙カバーが見られます)

Usinawaretasekai

・コナン・ドイル『失われた世界』永井淳訳 角川文庫(1967)


・アーサー・コナン・ドイル『ロスト・ワールド』新庄哲夫訳 ハヤカワ・SF・シリーズ(1963)


・アーサー・コナン・ドイル『失われた世界』伏見威蕃訳 光文社古典新訳文庫(2016/3/11)

--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.04.05

右用と左用の違い(20)楽器編(2)カスタネット-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第514号

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』3月17日発行分の第514号のメルマガのお知らせです。

第514号(No.514) 2018/3/17「【左手・左利き用品を考える】右用と左用の違い(20) 楽器編(2)カスタネット」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第514号(No.514) 2018/3/17「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(20) 楽器編(2)カスタネット」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
【左手・左利き用品を考える】 ..第三土曜日発行分掲載
 右用と左用の違い(20) 楽器編(2)カスタネット
------------------------------------------------------------
 
 左手・左利き用品における右用との違いについて― 
 ついに20回目です。
 
 今回は、楽器編の2回目です。

 前回はバイオリンについて書きました。


第512号(No.512) 2018/2/17「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(19) 楽器編(1)バイオリン」
http://archives.mag2.com/0000171874/20180217094000000.html


 今回は、最初に出会う楽器について考えてみましょう。

 ・・・

 左(手/利き)用と右(手/利き)用との違いについて
 勘違いをしていたり、よく理解されていなかったり、
 というケースが少なくなく、
 私のサイトへの訪問者の検索キーワードを見ていますと、
 その類のものが結構あります。

 「○○の右用と左用はどう違うの?」といったものです。

 それぞれの右用と左用の違いを、
 私にわかる範囲で説明していこうと思います。


┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
 【左手・左利き用品を考える】
  右用と左用の違い(20)
  楽器編(2)最初に出会う楽器―カスタネット
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

 ●最初に出会う楽器

180314_sc320_tatta

(画像:カスタネットM Tatta SC-320 鈴木楽器製作所)

--

叩く側の上面に右手の絵が描かれています。
右手で叩こう、という表明でしょう。
--

*参照:
カスタネット | 鈴木楽器製作所
https://www.suzuki-music.co.jp/products/34582/


 ●「正しい」? 楽器の叩き方
 ●既定の枠にこだわらないクリエイティブなやり方
 ●いつも変らぬ結論

--

私の持論――
「利き手は心につながっている」
のですから、


楽器の演奏も心の表現であるかぎり、
利き手主役で行うべきことです。


おんがく(音楽)は、「音学」ではなく、
「音を楽しむ」と書きます。


楽器の演奏も、辛いだけの“訓練”や“勉強”ではなく、
“楽しめるもの”であるべきでしょう。




そのためにも、楽器メーカーさんは
利き手に対応した楽器を用意して欲しいものです。
--

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2018 | Main