« 私の読書論103-産経新聞・朝刊コラム【明治の50冊】 | Main | 左利きメルマガ2月発行分-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第511,512号 »

2018.02.28

古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう(19)『老子』後編

―第218号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2018(平成30)年2月28日号(No.218)「古代中国編―
 中国の古代思想を読んでみよう(19) 『老子』後編」

180226rousi


本誌では、昨年10月以来、久しぶりの『老子』後編です。

『老子』前編は、『老子』の思想を4つに分類したうちの

(1)「道」の思想――宇宙根源の存在論
(2)「足るを知る」、「水」と「柔弱」の思想――処世術

「後編」では、思想編の後半

(3)「無為自然」の思想、「小国寡民」――政治論
(4)「無知無欲」の思想――儒家批判

について。

そして、いつも通り『老子』出典の成語成句について書いています。

「和光同塵」「大器晩成」等ですね。

 ・・・

では、詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』


*参考:『老子』の原典及び入門書・解説書を読む
『老子 無知無欲のすすめ』金谷治/著 講談社学術文庫 1997/4/10
―1973年馬王堆漢墓より発見された帛書『老子』を検討し改められた部分がある(第二十四章の移動、第四十章と第四十一章の入れ替え等)。章立ても本文も現代語訳を前面に、原文・読み下し文をあとにまわして読みやすくしている。


『老子 〈道〉への回帰』神塚淑子/著 岩波書店・書物誕生(新しい古典入門) 2009/11/27
―前半は、『老子』の成立と出土資料について、歴史的な評価、仏教・道教との関係。後半で思想の内容説明。それぞれ「道」の思想、自然への回帰、政治論、処世訓としての『老子』について。


『老子 その思想を読み尽くす』池田知久/著 講談社学術文庫 2017/3/11
―最新の文庫書き下ろし。巻末に現代語訳・原文・読み下し文を。850ページを超す大著。副題に「読み尽くす」とあるように、詳細な注とともに、各章の思想を細部まで検討、解説している。馬王堆帛書甲本を底本に、残失部分を他の出土資料等で補う。


『入門 老荘思想』湯浅邦弘/著 ちくま新書 2014/7/7
―『老子』『荘子』の新出土資料のこと、思想内容についてなど。

--


|

« 私の読書論103-産経新聞・朝刊コラム【明治の50冊】 | Main | 左利きメルマガ2月発行分-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第511,512号 »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

古典(名著名作)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/66437200

Listed below are links to weblogs that reference 古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう(19)『老子』後編:

« 私の読書論103-産経新聞・朝刊コラム【明治の50冊】 | Main | 左利きメルマガ2月発行分-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第511,512号 »