« December 2017 | Main | February 2018 »

2018.01.31

私の読書論102-私の年間ベスト2017(後編)フィクション系

―第216号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2018(平成30)年1月31日号(No.216)-180131-
「私の読書論102-私の年間ベスト2017(後編)フィクション系」

本誌では、「私の読書論102-私の年間ベスト2017(後編)フィクション系」と題して、昨年読んだ本のうち、フィクション系の55冊の中からおススメの一冊を選んでいます。

前回同様、内要は、本誌を見てのひ・み・つ――ということですが、サービスで「ベスト3ぐらい」をネタばらししておきましょう。


『高慢と偏見(上下)』オースティン 小尾芙佐訳
 光文社古典新訳文庫
―唯一の女性訳者の手になる翻訳。19世紀初頭の女性たちの身分(階級)違いの恋愛と結婚を鮮やかに描いた物語。


『アーサー王宮のヤンキ―』マーク・トウェイン 大久保博訳
 角川文庫-トウェイン完訳コレクション-
―現代(19世紀)のアメリカ人がアーサー王の時代のイギリスにタイムスリップ、科学力で民主主義の国を建設しようするが……。SF的設定で描く風刺小説。


『緑衣の女』アーナルデュル・インドリダソン 柳沢由実子訳
 東京創元社
―家族の問題をテーマにした、重く暗く陰湿な犯罪を描く、ラストに少し明るさを感じさせるアイスランドの警察小説。

<巨匠の最期の名人芸>
『最後の旋律』エド・マクベイン 山本博訳
 ハヤカワ・ミステリ
―一つの犯罪を追う複数の刑事たちがそれぞれのアプローチから犯人にたどり着く名人芸の警察捜査小説。

さて、「ベスト1」は?

 ・・・

分量的にはかなり長くなり、二回に分けたい気分ですけれど、中身は少ないので、一回で行きました。
ご容赦ください。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.18

新年特別号―2018年の抱負-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第509号

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』1月6日発行第509号のメルマガのお知らせです。

第509号(No.509) 2018/1/6「新年特別号―2018年の抱負」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第509号(No.509) 2018/1/6
「新年特別号―2018年の抱負」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
新年特別号―2018年の抱負 ~不言実行!?~
------------------------------------------------------------
 
 本年一回目の配信です。

 例年通り新年の抱負から始めましょう。


 でもね、ここんところ
 実現できないまま終わっていますので、
 正直、何も言わないほうがいいのかな、と
 弱気になっています。


 例年通りの「本を出すぞ~!」も、
 完全にオオカミ少年になっていますからね。

 さて今年はどうしましょうか?

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
 新年特別号―2018年の抱負
  不言実行もありか?
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

 ●何度でもチャレンジしてみよう!
 ●左利き本・三つの企画
 ●先ずは書き始めること
 ●他にやりたいこと

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.17

産経新聞【明治の50冊】第一回『西国立志編』サミュエル・スマイルズ

産経新聞で今年から週一連載で明治時代の古典を紹介するコラム
【明治の50冊】が始まりました。

昨年末の発表から楽しみにしていたものです。
推薦する著作を応募するのは、年末のどさくさにまぎれて忘れてしましました。

(ちなみに、私の一推しは、幸田露伴「五重塔」でした。
 物作りの職人の原点を感じる作品です。)


【明治の50冊】について(産経新聞)
2017.12.13
連載「明治の50冊」決定 激動期…先人の知恵に学ぶ

明治維新から150年が過ぎ、再び明治時代のよう流れになっているといいます。
欧米の植民地化という国家的な危機に直面した初期から、
日露戦争後個人のない面に向い、後期には大逆事件から社会不安に…、と
(公→私→公)へと関心が変化している。
戦後も、復興から高度成長期、バブル崩壊後の相次ぐ震災や安保問題など。
同じように、(公→私→公)へと変化している、といいます。

そこで、
明治時代に出版された古典の名著・名作から、
現代にも通じる著作を現代に引き付けて読んでみよう、
という企画だそうです。

 ・・・

第一回―

2018.1.8 15:00(産経新聞)
(1)閉塞状況打開のカギに 読者を鼓舞
 『西国立志編』サミュエル・スマイルズ著、中村正直訳

180108self_help


明治4年(1871)に出版された、
イギリスのサミュエル・スマイルズ"Self-Help"(『自助論』1859)の翻訳です。


余談ですが、この1859年という年には、
ジョン・マレー社という同じ出版社から三つの世界的な名著が生まれているといいます。
一つはこの『自助論』で、
他の二つは、ダーウィンの『種の起源』"On the Origin of Species"と、
ジョン・スチュアート・ミル『自由論』"On Liberty"です。
(他にも色んな本が出ていたのでしょうけれど。)

正直は、翌1872年、『自由論』も『自由之理(じゆうのことわり)』として翻訳出版しています。

 ・・・

知の教育者・福澤に対し、徳の教育者・中村正直といわれた人で、
儒学者で幕府の欧州留学団の先生役の一人として訪欧し、
幕府の消滅により帰国する際、贈られた本がこれだったそうで、
帰国の船中これを読み、感激した正直は翻訳を決意した、といいます。

慶喜公とともに静岡に移り住んだのち、
意気阻喪した幕臣たちの奮起を促す意味で翻訳紹介した、
というのです。


「天は自ら助くる者を助く」で始まる自己啓発本の古典的名著です。

この「天」は、元々は「神」を表す「GOD」でしたが、
いつしか「HEAVEN」に取って代わったといいます。

そして、漢学者だった正直は、この「天」を
中国は『老子』や『論語』における「天」と同一視し、
東西思想に共通する普遍的なものと解釈した、といいます。


古今の成功者の伝記を引用しながら、
地道な自助努力が成功への道であることを説いた本です。
 

(略)『自助論』は
  成功への心がまえが書かれているばかりでなく、
  科学の発達史にもなっている。
  わかりやすく具体的な例があげられ、
  人間性あふれるエピソードが加わっているので、
  親しみやすい読み物でもある。

『明治の人物誌』星新一/著 新潮文庫(1998,原著1978)
  「中村正直」p.16

訳本は、

『西国立志編』サミュエル・スマイルズ/著 中村正直/訳 渡部昇一/解説 講談社学術文庫527

 <「天は自ら助くる者を助く」という精神を思想的根幹とした、三百余人の成功立志談>


私は抄訳本の

竹内均/訳・解説 三笠書房・知的生きかた文庫
『自助論 スマイルズの世界的名著 人生の師・人生の友・人生の書』


を読んだだけです。

それでもエッセンスは伝わってきます。

最近は、斎藤孝氏の現代語訳本も出ています。


星新一/著『明治の人物誌』新潮文庫(1998,原著1978)


― 星新一の父・星一に関わる明治の偉人たちの人物伝。
 冒頭の一章が「中村正直」。
 正直とスマイルズについてコンパクトにまとめられている。
 他に野口英世、伊藤博文、新渡戸稲造、エジソンなど全十名。
 講談社学術文庫『西国立志編』巻末の渡部昇一解説でもふれている。
  

その人生をひとことでいえば、
   維新、開国、文明開化という時期に
   『Self-Help』を日本語に訳した。
   そのために天がこの世に出現させた人物。
   そうとしか私には思えないのである。
》40p

『天ハ自ラ助クルモノヲ助ク 中村正直と『西国立志編』』平川祐弘/著 名古屋大学出版会(2006)


― 著者は、小泉八雲の研究者としても有名な比較文学の先生。
 本書は『西国立志編』の影響を探る、著者の大学教授"卒業論文"。
 一般読者にも読みやすい平易に書かれた文化の伝播の研究書。
 イギリスの最盛期・ヴィクトリア時代の世界的名著"Self-Help"が、
 日本で中村正直によって紹介され、日本産業化の国民的教科書となり、
 数々の文化的影響を及ぼした。
 さらに、イタリア・中国での影響と比較することで、
 世界規模の文化間の関係を調べる。

  付箋貼りながら読みだしたら、一冊丸ごと付箋だらけになる、
 非常に興味深い一冊でした。


*参照:
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』
2009(平成21)年5月31日号(No.18)-090531-『自助論』=『西国立志編』元祖自己啓発書


15日の第二回は、福澤諭吉『学問のすゝめ』でした。


第二回―

2018.1.15 10:00(産経新聞)
【明治の50冊】
(2)福澤諭吉『学問のすゝめ』 時代と格闘 文明開化宣言

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.15

私の読書論101-私の年間ベスト2017(前編)リアル系

―第215号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2018(平成30)年1月15日号(No.215)-180115-
「私の読書論101-私の年間ベスト2017(前編)リアル系」

本誌では、「私の読書論101-私の年間ベスト2017(前編)リアル系」と題して、昨年読んだ本のうち、リアル系の45冊の中からおススメの一冊を選んでいます。

内要は、本誌を見てのひ・み・つ――ということですが、サービスで「ベスト3ぐらい」をネタばらししておきましょう。

2017best_real

『諸子百家―儒家・墨家・道家・法家・兵家』湯浅邦弘 中公新書 2009/3/1

―初心者向けに「諸子百家」全般について、標準的な選択で、一般的な基礎知識を簡潔にまとめています。


『人生論ノート』三木清 新潮文庫 改版 1978/9

―非業の死を遂げたといってもいい思想家・哲学者。
 人生についての箴言等、気になる言葉や文章が並んでいます。
 小著ですので、気軽に手に取っていただけるものです。


『幸福について―人生論―』ショーペンハウアー 橋本文夫訳 新潮文庫 1958/3/12

―ラッセル『幸福論』を読む際に参考として読んだものです。
 名言や箴言が好きな人にはたまらない魅力がある一冊。
 ちょっと辛口のユーモアに含まれた確かな言葉が心に響きます。
 「三大幸福論」にも負けない名著。1851年「処世術箴言」の全訳。

*新訳本:
『幸福について』ショーペンハウアー 鈴木芳子訳 光文社古典新訳文庫 2018/1/11

―上記の本が半世紀以上前の翻訳で、一部訳文に馴染みにくい表現もあり、新訳本がどうなっているか、楽しみです。


『ニュートンとアインシュタイン』石原藤夫 ハヤカワ文庫JA 1983/3

―人生を考える上でも、興味深い伝記であり、かつ学問の成果を解説しています。
 現行本で簡単に手に入る状況なら、これを一位に推していたかも、という本です。
 次点ということで。


〈特別篇〉
『弘法大師空海と出会う』川﨑(さき)一洋 岩波新書 2016/10/21

―伝説の部分にも触れていて、真実の「人間・空海」のみならず、信仰の対象となっている「お大師さん」にも出会える本でした。


さて、「ベスト1」は?

 ・・・

詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.13

新しい『左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ』開設のお知らせ

1月3日、『レフティやすおのお茶でっせ』とは別に、新しいブログを始めました。

『左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ』です。

180113hgblog


一昨年、消失したホームページ『レフティやすおの左組通信』に代わるものとして、左利きライフについて、及び読書や本の話題、ベランダ園芸、その他あれこれについて書いてゆこうと思います。

 ・・・

以前、《左利きライフ研究と読書のブログ》として、『左利きライフ研究家レフティやすお左組通信』というブログを始めました。

でも、諸事情があって使いにくく感じ、更新が途切れています(まだ、抹消していませんが)。
これに代わるものという言い方もできます。

 ・・・

ボチボチの更新となりますが、よろしく!


【このブログでのやろうとしていること】

1.旧ホームページからの情報の移行と現時点での解説

2.新規情報の発信

こちらは、主に『レフティやすおのお茶でっせ』からの転載になります。

 ・・・

現在は、

(1)2018年01月03日
2018(平成30)年、明けましておめでとうございます!

(2)2018年01月04日
左利きの現状を見よう/左利き私論―はじめに(1)

(3)2018年01月08日
【14年後の解説】━左利きの現状を見よう/左利き私論―はじめに(1)━

(4)2018年01月09日
左利きの問題を知ろう/左利き私論―はじめに(2)

(5)2018年01月10日
【14年後の解説】━左利きの問題を知ろう/左利き私論―はじめに(2)━

(6)2018年01月11日
左利きの活動を始めよう/左利き私論―はじめに(3)

(7)2018年01月12日
【14年後の解説】━左利きの活動を始めよう/左利き私論―はじめに(3)━

 ・・・

(2)~(7)は、旧ホームページ『レフティやすおの左組通信』からの移行分で、

「左利きを考える―レフティやすおの左利き私論―はじめに」

を分割し、14年後の現時点での解説を追加しました。


今後も引き続き、ボチボチ更新してゆきますので、お楽しみに。


――ということで、まあ、お暇な時にはこちらも見てやってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.04

右用と左用の違い(17)カメラ2-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第508号

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』12月16日発行第508号のメルマガのお知らせです。

第508号(No.508) 2017/12/16「【左手・左利き用品を考える】右用と左用の違い(17) カメラ その2」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第508号(No.508) 2017/12/16「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(17) カメラ その2」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
【左手・左利き用品を考える】 ..第三土曜日発行分掲載
 右用と左用の違い(17) カメラ その2
------------------------------------------------------------
 
 左手・左利き用品における右用との違いについて― 
 過去17回目です。
 
 今回は、私が左利きに目ざめたきっかけともいえる
 カメラについての2回目です。

 ・・・

 左(手/利き)用と右(手/利き)用との違いについて
 勘違いをしていたり、よく理解されていなかったり、
 というケースが少なくなく、
 私のサイトへの訪問者の検索キーワードを見ていますと、
 その類のものが結構あります。

 「○○の右用と左用はどう違うの?」といったものです。

 それぞれの右用と左用の違いを、
 私にわかる範囲で説明していこうと思います。

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
 【左手・左利き用品を考える】
  右用と左用の違い(17)
  カメラ その2―左手用カメラの心地よさ
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

 ●左手用カメラのフィット感
 ●初めての左手・左利き用道具
 ●左手用カメラと出会う

左手用カメラ「京セラ SAMURAI Z2-L」(3倍ズーム搭載、AFカメラ)

Kokoro_ha_samurai_448x336

Samurai_z2l


(「京セラ SAMURAI Z2」を紹介した『週刊プレイボーイ』の記事。
 写真は「右手用」、《左利き用の「Z2-L」も同価格であるぞ》とある。)

Wpbkysaz2


 ●左手用カメラを選んだ理由

(1)世界初とされる「左手用のカメラ」だったこと
(2)「右手用と同価格」だったこと
(3)実際に手にとると「ピタッと身体にハマった」こと


 ●すべての操作が左手一本で
 ●利き手だけで操作できるという事実
 ●利き手は心につながっている
 ●利き手で勝負

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.02

2018(平成30)年、明けましておめでとうございます!

昨年も色々とお世話になりました。

今年もよろしくお願い致します。


2018nenga2ly


(画像:2018(平成30)年 年賀状)


例年、今年の抱負を掲げてきました。
しかし、ここんところ、どうも実現できないままに終わるケースが続いており、今年は思い切って「不言実行」で行くことにしました。

さて、今年は納得のいく一年となりますでしょうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »