« ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション第2回配本『蒸気で動く家』を読む | Main | クリスマス・ストーリーをあなたに~(7)「クリスマス・プレゼント」梶尾真治 »

2017.11.29

右用と左用の違い(16)カメラその1-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第506号

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』11月18日発行第506号のメルマガのお知らせです。

第506号(No.506) 2017/11/18「【左手・左利き用品を考える】右用と左用の違い(16) カメラ その1」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第506号(No.506) 2017/11/18「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(16) カメラ その1」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
【左手・左利き用品を考える】 ..第三土曜日発行分掲載
 右用と左用の違い(16) カメラ その1
------------------------------------------------------------
 
 左手・左利き用品における右用との違いについて― 
 過去15回ほどやってきました。

 まだまだ他にも取り上げるべきものはあるでしょうけれど、
 紹介すべきものが思いつかず、
 ここら辺でいったん終了とします。
 
 今回は、私が左利きに目ざめたきっかけともいえる
 カメラについて書いておきましょう。

 ・・・

 左(手/利き)用と右(手/利き)用との違いについて
 勘違いをしていたり、よく理解されていなかったり、
 というケースが少なくなく、
 私のサイトへの訪問者の検索キーワードを見ていますと、
 その類のものが結構あります。

 「○○の右用と左用はどう違うの?」といったものです。

 それぞれの右用と左用の違いを、
 私にわかる範囲で説明していこうと思います。


┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
 【左手・左利き用品を考える】
  右用と左用の違い(16)
  カメラ その1―ふつうのカメラは右利き用
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

 ●自分の身体にあった道具
 ●カメラは右利き用
 ●カメラへの違和感
 ●「慣れたら一緒」というけれど……
 ●「慣れたら一緒」はウソ

「慣れたら一緒」というのなら、
世界の半数は左手用のものであってもいいはずです。
...

「慣れたら一緒」というはウソで、
本当に自分にあった道具は、「慣れる必要がない」のです。

そのままでいつでも使えるのです。
自然に使えるものなのです。

130401_eos_7d_lcanon7dldslrcamera

(画像:ネットで見つけたエイプリルフールの日の左手用カメラ)

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

|

« ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション第2回配本『蒸気で動く家』を読む | Main | クリスマス・ストーリーをあなたに~(7)「クリスマス・プレゼント」梶尾真治 »

左利き」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

左手・左利き用品」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/66101242

Listed below are links to weblogs that reference 右用と左用の違い(16)カメラその1-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第506号:

« ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション第2回配本『蒸気で動く家』を読む | Main | クリスマス・ストーリーをあなたに~(7)「クリスマス・プレゼント」梶尾真治 »