« 読書とは自転車:私の読書論98-長田弘『読書からはじまる』後編 | Main | ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション第2回配本『蒸気で動く家』を読む »

2017.11.16

レフティやすおの左利きの世界-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第505号

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』11月4日発行第505号のメルマガのお知らせです。

第505号(No.505) 2017/11/4「創刊500号突破!“13年目に向けて”特別号(4)“レフティやすおの”左利きの世界・その4(最終回)」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第505号(No.505) 2017/11/4
「創刊500号突破!“13年目に向けて”特別号(4)
“レフティやすおの”左利きの世界・その4(最終回)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
“レフティやすおの”左利きの世界・その4(最終回)
------------------------------------------------------------
 
 “13年目に向けて”特別号で、

 「マツコの知らない世界/左利きの世界」の
 レフティやすおバージョンをお送りする予定でした。

 でも、プロフィール紹介で終わってしまいました。

 そこでもう一度チャレンジしておこうと思います。

 「もう、飽きた」
 とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、
 もう一回だけお付き合いください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 創刊500号突破!“13年目に向けて”特別号(4)
◆ “レフティやすおの”左利きの世界・その4(最終回) ◆
  多様性への対応を考える出発点に!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*参照:『レフティやすおのお茶でっせ』記事:
2017.9.13
TBS「マツコの知らない世界」で19日「左利きの世界」放送

2017.9.22
9月19日TBS「マツコの知らない世界」で「左利きの世界」放送


 ●「利き手」「利き足」「利き目」テスト

【デジカメを使った「利き目テスト」の方法】

1)カメラを腕いっぱいに伸ばして自分に向け、
2)もう一方の指を丸めて筒状にして、
 これを見ながらカメラと自分の中間ぐらいの位置におき、
 穴をレンズに合わせます。
3)シャッターを切ります。

画面をみれば、なんと指でつくった丸のなかに、
どちらかの目が入っています。

入っているほうがあなたの利き目です。

(画像:デジカメで撮った私の利き目)
Kikime


 ●テスト結果と利き手利き側の実態
 ●教科書に左手書字例を!
 ●物理的な障壁よりも心理的な障壁の解消を!
 ●テレビ教科書展
 ●まとめ

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--


|

« 読書とは自転車:私の読書論98-長田弘『読書からはじまる』後編 | Main | ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション第2回配本『蒸気で動く家』を読む »

左利き」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/66050654

Listed below are links to weblogs that reference レフティやすおの左利きの世界-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第505号:

« 読書とは自転車:私の読書論98-長田弘『読書からはじまる』後編 | Main | ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション第2回配本『蒸気で動く家』を読む »