« 中国の古代思想を読んでみよう(9)『春秋左氏伝』を読む | Main | 待望のヴェルヌ新刊『名を捨てた家族1837-38年ケベックの叛乱』 »

2016.10.01

gooブログで『あなたは右利き?左利き?』お題

9月30日にgooブログで、『あなたは右利き?左利き?』の「お題」が出ています。
10月1日午後2時で、38件の記事が出ています。

161001goo_lh_or_rh


一部のぞいてみましたが、いつも通りですね。
よそのブログでも以前何度も同じ題でやっていました。
それらと変わりません。

要約すれば――
左利きの人では、
(1)慣れてしまったので、不便とかあまり感じたこともない
(2)私は両利き、元左利き、子供のころは左利きだったけれど、○○は右で××は左

右利きの人では、
(1)左利きにあこがれたことがある、左手を使ってみようとした
(2)私は右利きでよかった

といったところでしょうか。

印象に残っているのは、

表題は「右利き・・・」から始まっているのに、 説明文は「左利き」から始めていますね。 気を遣って「左派」と「右派」のバランスを取っているのかな?》2016-09-30 ダイエットサプリblogチビの飼い主 の「あなたは右利き?左利き?おハシはどちらでもOK」
ですね。
なるほど、そういう気の使い方もあるのですね。


ほかには、

右利きです。 多数派なので生活するには便利ですね。》2016-09-30 MY TIME さんのお題「あなたは右利き?左利き?」
こんなふうに素直に肯定していただけると、嫌な気持ちになりません。正直な話、なかには嫌味な発言をする人もいるものです。主流派であることを自慢するというか傲慢な印象を与える人もいるものです。(このgooブログの「お題」で、というのではありません、念の為。)

名前は出しませんが、

右利きです。子どもは左利きだったので 直しました。  私も小さいときは 左利きだったけど いつのまにか右利きなった!
にはがっかりです。どういう考えなのでしょうか。私には理解できません。《いつのまにか右利きなった!》発言を聞きますと、以前書いた記事
2004.05.17 「左利き矯正」成功者は利き手誤認?
を思い出します。

時に思うのは、「左利きの敵は左利き」かもしれません。
特に困るのが、一部の自称「元左利き」という人たちです。

左利きで困るとか不便だ等の「左利き問題」について人に語ると、《右手を使えば済む問題》といわれたことを思い出します。

右利きの人はともかく、「元左利き・今右利き」という人たちにいわれる場合です。

私のような強度の左利きの場合には、“転向”は難しいのです。

自分ができたからといって、人にも押し付ける人はホントに困ります。
人それぞれなのですから。

--
*本稿は、gooブログから転載しています。
--

|

« 中国の古代思想を読んでみよう(9)『春秋左氏伝』を読む | Main | 待望のヴェルヌ新刊『名を捨てた家族1837-38年ケベックの叛乱』 »

左利き」カテゴリの記事

左利きの人」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/64283507

Listed below are links to weblogs that reference gooブログで『あなたは右利き?左利き?』お題:

« 中国の古代思想を読んでみよう(9)『春秋左氏伝』を読む | Main | 待望のヴェルヌ新刊『名を捨てた家族1837-38年ケベックの叛乱』 »