« 『文房具図鑑』山本健太郎くんは左利きの小学生(当時) | Main | 左手左利き用品考-右用左用の違い(3)カッター編-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第469号 »

2016.05.31

古代中国思想編(7)詩経を読む(後編)

 ―第176号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2016(平成28)年5月31日号(No.176)-160531-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(7)詩経を読む(後編)」


本誌は、中国古代思想<四書五経を読む>の7回目、「『詩経』を読む(後編)」でした。

印象に残った詩篇のいくつかと、『詩経』出典の「維新」等の成語・成句を紹介しています。

あれこれ書いているうちに、長いメルマガになりました。
カットしてもいいのですが、読んでいただくことにします。

長く書くことは簡単です。
グダグダと書き連ねればいいだけ。

短くするのは大変です。
要所をきちんと押さえて必要不可欠な言葉のみを抽出する。

頭を使わなければできません。
集中力が必要です。


どこまで読み取れているのか、怪しいものではありますが、文章を書くとは恥をか(書)くこととも言います。

できる限りガンバって書いてみました。
楽しんでいただければ、幸いです。

 ・・・

中国の古代人の詩篇に、現代人にも通じるものを見ることができます。

いつの時代にも政治というものは、人民の生活に大きな影響を与えるものです。
一部の人たちが握っていた政治とはいえ、その影響は波紋が広がるように末端にまで及ぶのです。
それは古代であっても現代であっても変わりません。

今、私たちは政治に関与する権限を与えられています。
粗末に扱うことのないようにしたいものです。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』


*本誌で参照した本(◎:原典邦訳 ○:概説書):
◎白川静/訳注『詩経国風』平凡社・東洋文庫518 1990/5


◎白川静/訳注『詩経雅頌1』平凡社・東洋文庫 1998/6


◎白川静/訳注『詩経雅頌2』平凡社・東洋文庫 1998/7


白川静『詩経 中国の古代歌謡』中公文庫BIBLIO 2002.11.25


『白川静 漢字の世界観』松岡正剛/著 平凡社新書440 2008.11.14

--

|

« 『文房具図鑑』山本健太郎くんは左利きの小学生(当時) | Main | 左手左利き用品考-右用左用の違い(3)カッター編-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第469号 »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

古典(名著名作)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/63705813

Listed below are links to weblogs that reference 古代中国思想編(7)詩経を読む(後編):

« 『文房具図鑑』山本健太郎くんは左利きの小学生(当時) | Main | 左手左利き用品考-右用左用の違い(3)カッター編-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第469号 »