« パパイラス船長、ハードボイルド小説研究家・小鷹信光氏死去 | Main | LYグランプリ2016読者大賞アンケート左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第458号のお知らせ »

2015.12.15

私の年間ベスト2015(前)リアル系『四書五経入門』-私の読書論74

 ―第165号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年12月15日号(No.165)-151215-
「私の読書論74-私の年間ベスト2015(前編)リアル系
竹内照夫『四書五経入門』」

本誌では、今年私が読んだ本から〈リアル系〉の50冊余の本から、おススメの一冊を紹介しています。

今年の一押しとして選んだのは、

★☆★竹内照夫『四書五経入門 中国思想の形成と展開』(平凡社ライブラリー)


でした。


この本とともに20冊ほど気になった本を挙げています。
その中から、他のおススメ(第二位以下)をいくつか紹介しておきましょう。

野間文史『五経入門 中国古典の世界』(研文選書)


こちらは、五経のみの入門書。


渡辺照宏『涅槃への道 仏陀の入滅』(ちくま学芸文庫 2005.12.10)


『マハーパリニッバーナ・スッタンタ(大パリニッバーナ経)』の渡辺訳版です。
ブッダ(釈尊/お釈迦様)の死出の旅と、死後の弟子たちを描いたこの経典自体がお気に入りで、中村元訳で読んでいました。
こちらの方もまた違った訳文で、これもいいと思いました。

ついでに書いておきますと、本誌では取り上げていませんが、
『ブッダの最期のことば』田上太秀 NHK出版 2013.6.25


昨年読んだ
『ブッダ最後の旅をたどる』奈良康明 大法輪閣 2012/9/6


も興味深い本でした。


他には、

加島祥造『「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい』(集英社新書 2014/12/17)


わが敬愛する伊那谷のタオリスト・英米文学者・詩人の加島氏の『老子』に至る文学遍歴を語る本書がよかったですね。

★池上英洋『官能美術史 ヌードが語る名画の謎』(ちくま学芸文庫 2014/11/10)


私にとっては少し珍しい一冊かもしれません。
美術書というのでしょうか。
まあ、単に美女のヌードが興味の中心とも言えますが…。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

|

« パパイラス船長、ハードボイルド小説研究家・小鷹信光氏死去 | Main | LYグランプリ2016読者大賞アンケート左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第458号のお知らせ »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

古典(名著名作)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/62868561

Listed below are links to weblogs that reference 私の年間ベスト2015(前)リアル系『四書五経入門』-私の読書論74:

« パパイラス船長、ハードボイルド小説研究家・小鷹信光氏死去 | Main | LYグランプリ2016読者大賞アンケート左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第458号のお知らせ »