« October 2015 | Main | December 2015 »

2015.11.30

クリスマス・ストーリーをあなたに―「まれびとこぞりて」コニー・ウィリス

 ―第164号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年11月30日号(No.164)-151130-
「クリスマス・ストーリーをあなたに~
『まれびとこぞりて』コニー・ウィリス」

本誌では、例年通りこの季節恒例の【クリスマスストーリーをあなたに】と題して、クリスマスにまつわる素敵なお話を紹介しています。
今年も昨年に引き続き、アメリカの女流SF作家コニー・ウィリスのお得意のクリスマス・ストーリーを紹介しています。

いわゆるラブコメです。

タイトルの“まれびと(稀人)”とは、異星人=エイリアンのこと。

(異星人とのファースト・コンタクト)+(クリスマス・キャロル)=(?)
が、この作品のテーマとなっています。

はたして、いかなる展開が待っているのでしょうか。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』


*本誌で紹介した「まれびとこぞりて」収録短編集:
『混沌【カオス】ホテル (ザ・ベスト・オブ・コニー・ウィリス)』コニー・ウィリス 大森望訳 ハヤカワ文庫SF1938 2014.1.25


*コニー・ウィリス短編傑作選第二弾:
『空襲警報 (ザ・ベスト・オブ・コニー・ウィリス) 』コニー・ウィリス ハヤカワ文庫SF


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.11.15

私の読書論73-代表的海外文学入門~集英社文庫ポケットマスターピース

 ―第163号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年11月15日号(No.163)-151115-
「私の読書論73- 初心者のための代表的〈海外文学〉入門
~集英社文庫「ポケットマスターピース」~」

本誌では、10月27日に発売されました、『カフカ』『ゲーテ』の二点を第一回配本とする、集英社文庫ヘリテージシリーズ「ポケットマスターピース」という企画を紹介するとともに、古典や読書について思うところを書いています。

詳しくは本誌をお読みいただくとして、全13巻のラインナップを紹介しておきましょう。


10/27 01カフカ 多和田葉子 編 (編集協力) 川島隆
10/27 02ゲーテ 大宮勘一郎 編
12/17 03バルザック 野崎歓 編 (編集協力) 博多かおる
2016.1 04トルストイ 加賀乙彦 編 (編集協力) 乗松亨平
2016.2 05ディケンズ 辻原登 編 (編集協力) 猪熊恵子
2016.3 06マーク・トウェイン 柴田元幸 編 (編集協力) 中垣恒太郎
2016.4 07フローベル 堀江敏幸 編 (編集協力) 菅谷憲興
2016.5 08スティーヴンソン 辻原登 編 (編集協力) 中和彩子
2016.6 09E・A・ポー 桜庭一樹+鴻巣友希子 編 (編集協力) 池末陽子
2016.7 10ドストエフスキー 沼野充義 編 (編集協力) 高橋知之
2016.8 11ルイス・キャロル 鴻巣友希子 編 (編集協力) 芦田川祐子
2016.9 12ブロンテ姉妹 桜庭一樹 編 (編集協力) 侘美真理
2016.10 13セルバンテス 野谷文昭 編


フローベル以外は、何かしら読んでいる作家です。

ブロンテ姉妹は、真ん中のエミリの『嵐が丘』だけですね、既読は。

私の好みの作家を挙げますと、マーク・トウェイン、スティーヴンソン、ポー、ドストエフスキー辺りでしょうか。
期待しています。


カフカは、『変身』を若い頃に新潮文庫で、その後何年か前、光文社古典新訳文庫で。
同じ時期に『訴訟』(光文社古典新訳文庫)、他に岩波文庫とちくま文庫の短編集を一、二冊読んでいる程度です。

ゲーテは、若い頃に『ウェルテル』、何年か前に『ファウスト』を読んだ程度。

この企画は、入門あるいは再入門にうってつけと言えるでしょう。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

*本誌で紹介した本:『カフカ ポケットマスターピース 01』フランツ・カフカ/著 多和田葉子/訳 集英社文庫 ヘリテージシリーズ 2015/10/27

『ゲーテ ポケットマスターピース02』ゲーテ/著 大宮勘一郎 粂川麻里生 松井尚興/訳 集英社文庫 2015/10/27


*参考:
『レフティやすおのお茶でっせ』:2012.5.2
確かな場所など、どこにもない―100分 de 名著 カフカ『変身』2012年5月

--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.11.05

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii10月発行分第453,454号のお知らせ

先月のメルマガのお知らせです。

第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』10月発行分、第453号、454号。

▼第453号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第453号(No.453) 2015/10/3
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
左利きで心地よく生きるための方法(13) 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第一土曜日掲載
―その22― 左利きで心地よく生きるための方法
 (13) 左利きってなんだ(その1)
------------------------------------------------------------

 今回は、初心に戻って、といいますか、左利きってなんだ、というお話を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
―その22― 左利きで心地よく生きるための方法
 世界がもし100人の人が立つ橋だったら
  (13)左利きってなんだ(その1)利き手テストの項目から
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

各種の利き手テストと呼ばれるものの項目をリストアップすれば、どういう行為、作業を以って、利き手の判定をしているか、という大体のところがわかるのではないでしょうか。
ということで――。

 ●「世界がもし100人の人が立つ橋だったら」
 ●利き手の判定
 ●利き手テストの項目
 ●「利き手」限定

(1)【前原勝矢の著作の利き手テスト】
*参照:
『レフティやすおの左組通信』〈左利き・プチアンケート〉より
第20回 利き手調査1回目―側性係数を調べてみよう
*参考文献:
前原勝矢著『右利き・左利きの科学』(講談社ブルーバックス 1989年刊)


(2)【エディンバラ利き手調査】
*参照:
『レフティやすおのお茶でっせ』:2005.10.11
「ののちゃんのDo科学」なぜ右利きが多いの?

(3)【H.N.きき手テスト】
*参照:
『レフティやすおの左組通信』〈左利き・プチアンケート〉より
第23回 利き手調査3回目―H.N.きき手テスト
*参考文献:
『左ききの神経心理学』八田武志/著 医歯薬出版 1996.11


(4)【チャップマンchapman利き手テスト】
*参照:
『レフティやすおの左組通信』〈左利き・プチアンケート〉より
第24回利き手調査第4回chapman利き手テスト
*参考文献:
『左ききの神経心理学』八田武志/著 医歯薬出版 1996.11

(5)【マクマナスの著書の利き手テスト】
*参照:
『レフティやすおの左組通信』〈左利き・プチアンケート〉より
第41回新版・利き手調査第5回 マクマナスの利き手テスト
*参考文献:
『非対称の起源 偶然か、必然か』クリス・マクマナス/著 大貫昌子/訳 講談社ブルーバックス 2006.10(原著2002)
「第7章 右と左を決める遺伝子」<あなたは右利き、左利き?> 235-237p より


(6)【日本語版FLANDERS利き手テスト】
*参照:
第449号(No.449) 2015/8/1「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22― 左利きで心地よく生きるための方法(12) 」
『お茶でっせ』記事:2014.12.29
2014年版利き手テスト:日本語版フランダースFLANDERS利き手テスト


▼第454号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第454号(No.454) 2015/10/17「≪教科書プロジェクト≫
【小学書写教科書に左手書字例を!】PJ23
左手書字例を考える(13) 私の過去の手書き文字」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
≪教科書プロジェクト≫ ..第三土曜日発行分掲載
【小学書写教科書に左手書字例を!】PJ23
 左手書字例を考える(13)
“左手書字とは特別なことなのか”<その6>
  私の過去と現在の手書き文字の変遷
------------------------------------------------------------

 今回は、私の過去と現在の手書き文字を例に左手書字について考えてみましょう。

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
 【小学書写教科書に左手書字例を!】プロジェクト・23
  左手書字例を考える(13)
   “左手書字とは特別なことなのか”<その6>
  私の過去と現在の手書き文字の変遷
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

 ●過去の手書き文字
 ●右下がりから右上がりに

【私の過去の左手書字例】

*画像参照:
『レフティやすおのお茶でっせ』2015.10.15
画像で見る私の過去の左手書字例

 ●当初は字体が固まっていなかった
 ●変化する字体
 ●努力は必ず報われる

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »