« 処世訓の最高傑作「菜根譚」NHK100分de名著2015年10月 | Main | 画像で見る私の過去の左手書字例 »

2015.10.15

長い(分厚い)本を読む~わが読書人生から~私の読書論72

 ―第161号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2015(平成27)年10月15日号(No.161)-151015-
「私の読書論72-長い(分厚い)本を読む ~わが読書人生から~」

本誌では、「長い(分厚い)本を読む」ことについて書いています。

「物としての本」の持つ“重さ”「質量」が、そのままその本の著作としての「重さ/質(量)」なのだと思っています。

私自身、電子書籍というのが好きになれないのは、単に慣れの問題だけではないと思っています。
電子書籍の場合、端末そのものの重さしかないわけで、大長編であれ短編であれ皆同じなわけです。

ドストエフスキーの大長編の本を手に持って読むときは、本の重さがあり分厚さがあり、そのページを一枚ずつめくって何百ページ目かに到達した時の充実感、読み終えたときの達成感というのは、実際に“手応え”として体感できるのです。
それが読書の別の面での喜び、楽しみにつながっているものなのです。

ということで、今回はおしまい。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』
--

*本誌で取り上げた本:
F.M.コーンフォード『ソクラテス以前以後』(岩波文庫)


|

« 処世訓の最高傑作「菜根譚」NHK100分de名著2015年10月 | Main | 画像で見る私の過去の左手書字例 »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

古典(名著名作)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/62469974

Listed below are links to weblogs that reference 長い(分厚い)本を読む~わが読書人生から~私の読書論72:

« 処世訓の最高傑作「菜根譚」NHK100分de名著2015年10月 | Main | 画像で見る私の過去の左手書字例 »