« 古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう(1) | Main | 処世訓の最高傑作「菜根譚」NHK100分de名著2015年10月 »

2015.09.30

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii9月発行分第451,452号のお知らせ

メルマガのお知らせが月一になってしまいましたね。

第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』9月発行分、第451号、452号のお知らせです。

▼第451号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第451号(No.451) 2015/9/5「11年目に向けて」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
11年目に向けて
------------------------------------------------------------

創刊号は、2005.9.28。
それ以来、この9月末で、丸十年が過ぎたことになります。

創刊号

 ●創刊について
 ●単純な願望だけど…
 ●三冊の内容
 ●左利きライフの向上のために
 ●社会の在り方を変える
 ●道を切り開こう!

アーストロフ ... わたしは腰をおろして、眼をとじて――こんなふうにね、そして考えるんだ。百年、二百年たって生きる人びとは、いま彼らのために道を切りひらいているわれわれのことを、感謝の念で思いだしてくれるだろうか、ってね。ばあや、とても思いだしてくれやしまいねえ!
マリーナ 人は思いだしてくれなくとも、神さまは思いだしてくださいますよ。
   チェーホフ「ワーニャおじさん」松下裕訳 p.109 より

   (『チェーホフ全集11』ちくま文庫 1993.10.21)

▼第452号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第452号(No.452) 2015/9/19「11年目に向けて(2)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
11年目に向けて(2) これからについて
------------------------------------------------------------

11年目に入ります。
改めて弊誌のご購読(まあ、無料ですが)及び応援をよろしくお願い致します。

 ●相も変らぬ世間の情勢
 ●世代交代と左利き情報
 ●左利きの本
 ●ネットの時代
 ●これからについて

では、11年目に乞う、ご期待!

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« 古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう(1) | Main | 処世訓の最高傑作「菜根譚」NHK100分de名著2015年10月 »

左利き」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/62383552

Listed below are links to weblogs that reference 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii9月発行分第451,452号のお知らせ:

« 古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう(1) | Main | 処世訓の最高傑作「菜根譚」NHK100分de名著2015年10月 »