« 大乗仏教:利他を目的とする(古代インド編) | Main | 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii八月発行分第449,450号のお知らせ »

2015.09.01

恋と革命~太陽のように生きる-太宰治『斜陽』NHK100分de名著2015年9月

NHK『100分de名著』9月は、名著47「斜陽」太宰治です。

なんと第4回のスペシャル・ゲストに、『火花』で芥川賞を受賞したばかりの太宰好きで有名なお笑い芸人ピース・又吉さんが出演するそうです。
楽しみです。


名著47「斜陽」
第1回 9月2日放送 「母」という名の呪縛
第2回 9月9日放送 かず子の「革命」
第3回 9月16日放送 ぼくたちはみんな「だめんず」だ
第4回 9月23日放送 「太宰治」の中にはすべてが入っている

【ゲスト講師】高橋源一郎…作家、明治学院大学教授。代表作「さようなら、ギャングたち」「優雅で感傷的な日本野球」など。
【朗読】伊勢佳世…俳優。映画「プライド」、ドラマ「チームバチスタ3」等に出演。
【ナレーション】加藤有生子
第4回【スペシャルゲスト】又吉直樹(お笑いタレント)…小説「火花」で第153回芥川賞受賞。

プロデューサーAのおもわく。

番組では、作家・高橋源一郎さんを講師に迎え、「斜陽」を新しい視点から捉えなおし、時代に対する痛烈な批判、既存の価値観にとらわれない新しい生き方など、現代に通じるメッセージを読み解きます。


○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
太宰治『斜陽』 2015年9月
高橋源一郎 NHK出版 (2015/8/22)


(紹介文)
社会を変えるのは、女だ!/「人間は、恋と革命のために生まれてきたのだ」――かず子
「革命」を起こすのは、女だ!/1947年(昭和22年)に発表された『斜陽』は、戦後の混乱期に没落していく貴族階級の一家を描き、爆発的ブームを巻き起こした。既存の親子関係、男女関係が崩れゆくなか、家族は何を頼りに生きたのか──。主人公「かず子」の姿に、現代女性の生き方を探る。


 ●読んでいて腹が立つ

いつも思うのですが、太宰の小説を読んでいると、腹が立ってきます。

ですから、普段は読みません。

昔、一度は読んでおこう、と何作か読んだものでした。

その中では、『斜陽』だけが割といい印象を受けました。
短編では、教科書で読んだ初めて太宰であった「走れメロス」ぐらいでしょうか。

読んでいてこれだけ嫌な気分にさせるというのは、ある意味それだけ人の感情に訴える力がある作家だ、ということなんでしょうけれど。


で、何が腹が立つかです。

男がだらしなさ過ぎて、どうにもやりきれないのです。
もちろん、そういう男もありですし、それはそれでもいいのですが、私の理想とは程遠いものがあります。

まあ、だらしない、頼りない男でもいいのですが、私の思う男像としては真面目であって欲しい、誠実な人間であって欲しいのです。

真面目にやっていてもダメな人ならそれはそれで致し方ないと思うのです。
私自身のように。

でも、その気になればできそうなのにやらない、という態度が腹が立つのです。
最低限度やるべきことはやれよ、とか。
守るべき一線というものがあるだろう、と思うのです。

まあ、自分がダメな男なので、そんな自分の姿を見せつけられるようで、気に入らないのかもしれません。


それに対して女性は、まあ、がんばっているというか、男が頼りない分がんばらざるを得ないと言いますか。
ちょっとどうかと思う女性もいますが。


ちなみに私が好きな作家の例を挙げますと、その一人にディック・フランシスがいます。
彼の小説の主人公は、皆弱さも持っていますが、それを克服しようと努力し、不撓不屈の精神で悪に真っ向から挑んでゆきます。

そういう男らしさに感動し、自分もそうなりたいものだと願うのです。

大衆小説と純文学の違いがありますし、そして読者としては、当然そこに求めるものも異なってはいるのですけれど…。


 ●母は強し

一方、女性の主人公は違います。
単純ですが、母は強し、というのでしょうか。

「ヴィヨンの妻」でもそうです。
ラストで、《「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ」》と言い切る強さを持っています。


『斜陽』の主人公「かず子」は、太宰の小説の登場人物のなかでは、比較的好きな部類です。

昔読んだときの記憶でも、『人間失格』とかどうにもやるせない小説が多いなか、この作品は、とにかくかず子が子を身籠って生きてゆこうと部分が印象的で、死ぬことばかり考えているような人物が多いなか、光っていたように思います。

私生児と、その母。/けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです。

斜陽とはいえ、たとえ残照であれ、日の光のなかにいるうちは、希望があるということでしょう。
どのような形であれ、生き残ることを目指す人間は美しい、と私は信じています。

そういう点では、希望の持てる小説ではないでしょうか。


『斜陽』は、太宰版の「桜の園」(チェーホフ)と言われているそうで、そちらも読みました。
「桜の園」は戯曲でコメディ仕立てになっています。
没落する貴族の悲喜劇で、ラスト、新たな生活に希望を抱く無邪気な若い娘と去りがたい年配者のコントラストが面白いお話でした。

それに比較して、『斜陽』の方は、死によって決着をつける人々と、恋とその結果である子供に希望を託すかず子のこれからの生き方に期待感が持てる、弱くとも光を感じさせるラストでした。


私個人としては、やはりこのお母さまが美しく思われます。
貴族らしく美しいけれど、それだけで生きてゆくことは難しいわけで、語り手のかず子との対照は、なかなか印象的なものがあります。

時代とともに死んでいく人と、新時代に新たに生き直そうとする人。

革命という言葉も出て来ますが、私には単なる「母は強し」像に思えて、もう一つ発表当時の受け止め方とは異なってきているのか、という気がします。


 ●太宰治という作家について思うこと

物語における主人公とは、ある目的を持っていて、それを実現する存在です。
実現までの過程に作者の意向が反映されます。

死んで行く人、生き残る人、それら登場人物の姿に作者は何かしら思いを込めているのです。

人は、生まれた限りいつかは死ぬことになります。
途中、病気やケガ等の不慮の事故がない限り、寿命を全うするまで生きてゆくわけです。

多くの宗教は、自ら命を絶つという行為を禁じています。
どのような状況にあっても、神なり天なり仏なり大いなるものを信じて、その生を受け入れるべきだ、と教えています。

しかるに、太宰は、自殺を選びました。
自身の半生を描いた処女作と言われる作品の題名を「思い出」とし、最初の作品集の書名を『晩年』と名付けた太宰は、当初から人生を“早退”する覚悟でいたのでしょうか。

『津軽』の冒頭に、《「正岡子規三十六、尾崎紅葉三十七、斎藤緑雨三十八、国木田独歩三十八、長塚節三十七、芥川龍之介三十六、嘉村礒多三十七」》と作家たちの死んだ年齢を挙げています。
そして《「おれもそろそろ、そのとしだ」》と言います。
のちの行動は確信犯だったということでしょうか。


太宰という人は、破滅型の人生を生きた人ですが、文学者としてはうまいのかなあ、と思います。

自分のような人間が、地方の名家、大地主の家に「津島のオズカス(三男坊や四男坊をいやしめていう津軽地方の言葉)」(『津軽』より)として生まれたことを引け目に感じていたのか。
いかんせん死に取り憑かれていたためか、そういう文学しか残せなかったのが残念です。

「走れメロス」や「駈込み訴え」、あるいは「お伽草子」等の短編は、虚構性ストーリー性も豊かで、非常に楽しめる内容です。
こういうものをもっと書いてゆけば、また違った面を発揮する文学者となっていたのではないでしょうか。


私は、人はまず生き残ること、生き抜くことが一番大切なことだと思っています。
そういう意味で、作家として見たとき、太宰治という人は本当に残念な終わり方をしたものでした。


*以前読んだ本:
・『斜陽』新潮文庫 改版 2003/05

*今回読んだ本:
・『カラー版 日本文学全集34 太宰治』筑摩書房 1968.5.15
―斜陽 人間失格 津軽 思い出 ヴィヨンの妻 他11篇収録。

*『斜陽』を含む文庫本:
太宰治全集 全10巻セット (ちくま文庫 1994/3)
―第1創作集『晩年』(昭和11年刊)から死の直前の「如是我聞」にいたるまで収録。

太宰治全集〈9〉 (ちくま文庫 1989/5)
―最晩年の代表作「斜陽」「人間失格」「桜桃」「グッド・バイ」4等全18篇を収録。

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫 2000/10)
―他に「ヴィヨンの妻」など。年譜(奥野健男)作品解説・作家評伝(臼井吉見)。

*参考:『チェーホフ全集11』チェーホフ/著 松下裕/訳 ちくま文庫 1993.10.21
―かもめ ワーニャおじさん 三人姉妹 煙草の害について 桜の園 収録。


*他のNHKテレビ「100分 de 名著」の記事:
1 2011年11月放送:2011.10.31
アラン『幸福論』喜びは、行動とともにある!
2 2011年12月放送:2011.12.6
宮沢賢治『銀河鉄道の夜』悲しみを、乗り越えよ-「100分 de 名著」NHK
3 2012年1月放送:2012.1.5
吉田兼好『徒然草』両面から物事を見よ!-「100分 de 名著」NHK
4 2012年2月放送:2012.1.29
新渡戸稲造『武士道』日本的思考の根源を見る-「100分 de 名著」NHK
5 2012年3月放送:2012.3.6
仏教は「心の病院」である!NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』2012年3月
6 同:2012.4.2
NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』を見て本を読んで
7 2012年4月放送:2012.4.3
紫式部『源氏物語』NHKテレビ100分de名著
8 2012年5月放送:2012.5.2
確かな場所など、どこにもない―100分 de 名著 カフカ『変身』2012年5月
9 2012年6月放送:2012.6.6
<考える葦>パスカル『パンセ』NHK100分 de 名著2012年6月
10 2012年10月放送:2012.10.2
鴨長明『方丈記』NHK100分 de 名著2012年10月
11 2012年12月放送:2012.12.5
<心で見る努力>サン=テグジュペリ『星の王子さま』NHK100分de名著2012年12月
12 2013年1月放送:2013.1.11
呪文に頼るのもよし?~100分de名著『般若心経』2013年1月
13 2013年2月放送:2013.2.5
待て、そして希望せよ~NHK100分de名著『モンテクリスト伯』2013年2月
14 2013年3月放送:2013.3.28
どんな時も、人生には、意味がある。フランクル『夜と霧』~NHK100分de名著2013年3月(再放送)
15 2013年4月放送:2013.4.11
真面目な私とあなた―夏目漱石『こころ』~NHK100分de名著2013年4月
16 2013年5月放送:2013.5.20
水のように生きる『老子』NHK100分de名著2013年5月
17 2013年6月放送:2013.6.5
生きる喜びは、どこにあるのか?『戦争と平和』トルストイ~NHK100分de名著2013年6月
18 2013年7月放送:2013.7.9
哲学とは、愛である『饗宴』プラトン~NHK100分de名著2013年7月
19 2013年11月放送:2013.11.10
「物語」に終わりはない『アラビアンナイト』~NHK100分de名著2013年11月
20 2013年12月放送:2013.12.11
切り離された者たちへ~ドストエフスキー『罪と罰』~NHK100分de名著2013年12月
21 2014年1月放送:2014.1.21
花とは何か~『風姿花伝』世阿弥~NHK100分de名著2014年1月
22 2014年3月放送:2014.3.4
戦わずして勝つ『孫子』~NHK100分de名著2014年3月
23 2014年12月放送:2014.12.3
生きるべきか、死ぬべきか-シェイクスピア『ハムレット』~NHK100分de名著2014年12月
24 2015年4月放送:2015.3.29
自分を救えるのは自分自身である-NHK100分de名著『ブッダ 最期のことば』2015年4月
25 2015年5月放送:2015.5.5
何もないことを遊ぶ『荘子』-NHK100分de名著2015年5月
26 2015年6月放送:2015.6.2
運命と人間―ギリシア悲劇/ソポクレス「オイディプス王」NHK100分de名著2015年6月
27 2015年7月放送:2015.6.30
ラフカディオ・ハーン/小泉八雲『日本の面影』NHK100分de名著2015年7月
28 2015年8月放送:2015.8.5
自然淘汰による進化「生命の樹」-ダーウィン『種の起源』NHK100分de名著2015年8月

|

« 大乗仏教:利他を目的とする(古代インド編) | Main | 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii八月発行分第449,450号のお知らせ »

古典(名著名作)」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/62198204

Listed below are links to weblogs that reference 恋と革命~太陽のように生きる-太宰治『斜陽』NHK100分de名著2015年9月:

« 大乗仏教:利他を目的とする(古代インド編) | Main | 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii八月発行分第449,450号のお知らせ »