« ジュール・ヴェルヌ『十五少年漂流記』椎名誠、渡辺葉・父娘共訳31日発売 | Main | 私の読書論70-古典:現代に生きている典籍 »

2015.08.12

明日8月13日は1976年制定から40回目の国際左利きの日

2015年8月13日は、1976年にアメリカで制定されてから数えて40回目の国際的な〈左利きの日〉INTERNATIONAL LEFT-HANDER(')S DAYです。

今でもと言いますか、今はと言いますか、ネットの国際的な<左利きの日>の情報を見ますと、大半が「1992年イギリスのLeft Handers Club~」となっています。
今ネットで世界的な「左利きの日」を調べるとこういう情報しか出て来ないということなんでしょうけれど。

まあ、「1976年にアメリカで制定」云々の話は、毎年書いてきたことなので、ここでは書かないことにしましょう。
興味のある方は、このブログの過去の記事を調べてください。

 ・・・

それよりも、今年の〈国際左利きの日〉のことを―。

今年も、LEFTEOUSが頑張っています。
「LEFTEOUS DAY」を実施するようです。

LEFTEOUSフェイスブックに、こんな記事が上がっていました。
8月2日の記事に

新作商品をはじめ、以前制作しましたマグカップ、Tシャツなどレフチャス商品を取り扱う「レフチャスのおみせ」をLEFTEOUS DAY(8/13)に銀座ハンズギャラリーに期間限定でOPENします!
とのこと。
8月5日の記事では、例年通り《お箸を左右逆さまに置くイベント》も実施すると告知されています。

2006年設立とありますから、およそ十年になるのでしょうか。
地味だけれど、継続は力。

これからも続けていってほしいものです。

 ・・・

さて、左利き用品の普及という趣旨で始まった記念日でしたが、この機会にそれのみならず、左利きに関して様々な観点から目を向けてもらえる日であって欲しいと思います。


*ここ一年以内に出た左利き本:
『ぼくは左きき 本当の自分であるために』度会金孝(わたらいかねたか)著 日本機関紙出版センター 2014/12/18
―左利きの元教師の本。自身の書字「矯正」体験と左に戻した体験を通して語る「矯正」を否定し反対する本。


*今も売れている、右利き社会での左利き生活の不便さ解説本:
『左利きの人々』渡瀬 けん/著 中経の文庫 2009.1
―左利きの著者による、右利き偏重社会における左利きの人の不便「あるある!」エッセイ集。


--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« ジュール・ヴェルヌ『十五少年漂流記』椎名誠、渡辺葉・父娘共訳31日発売 | Main | 私の読書論70-古典:現代に生きている典籍 »

左利き」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/62070982

Listed below are links to weblogs that reference 明日8月13日は1976年制定から40回目の国際左利きの日:

« ジュール・ヴェルヌ『十五少年漂流記』椎名誠、渡辺葉・父娘共訳31日発売 | Main | 私の読書論70-古典:現代に生きている典籍 »