« 自灯明・法灯明~自己を頼る・法を頼る―原始仏典3『大パリニッバーナ経』(前) | Main | 鏡文字を書いて脳を鍛えるゲームアプリ「ダ・ヴィンチになりたい!速書き鏡文字」 »

2015.04.01

左手書字~(7)鉤手・逆手で持つ書き方~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第440号

無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第440号のお知らせです。

第440号(No.440) 2015/3/21「≪教科書プロジェクト≫【小学書写教科書に左手書字例を!】PJ17 左手書字例を考える(7)“左利きの人は鉤手・逆手で持つ書き方がよいのか”」

『ぼくは左きき 本当の自分であるために』度会金孝
日本機関紙出版センター(2014.12.20)

この本は、《左利きの元中学校教諭として、自身の経験から左利きの子供への「矯正」(右手使い指導)について反対する本》なのですが、
そのなかで、“なぜ左利きの人は左手で字を書く方がよいのか”にふれています。

それは、利き手の性質というものから判断するのが一番だ、という結論です。

 度会金孝氏の結論

... 多少の書きにくさを我慢してでも、利き手で書くことを選ぶべきだというのが、わたしの考えです。》p.34

 理由
文字そのものは、たしかに書きにくいのですが、それでも、本来の利き手で書いているのですから、右手で書くのとは違う「書きやすさ」があります。》p.39


今回から「筆記具の持ち方」に戻り、上記の書の中で度会金孝さんが実践している書き方―鉤手・逆手での持ち方について見ています。


┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
 【小学書写教科書に左手書字例を!】プロジェクト・16
  左手書字例を考える(6)
 “左利きの人は鉤手・逆手で持つ書き方がよいのか”
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

 ●工夫としての鉤型・逆手
 ●理想的なペンの位置
 ●見た目の問題をクリアできるか
 ●ペンを向こうから手前に倒す持ち方

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« 自灯明・法灯明~自己を頼る・法を頼る―原始仏典3『大パリニッバーナ経』(前) | Main | 鏡文字を書いて脳を鍛えるゲームアプリ「ダ・ヴィンチになりたい!速書き鏡文字」 »

左利き」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

左手書字」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/61371174

Listed below are links to weblogs that reference 左手書字~(7)鉤手・逆手で持つ書き方~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第440号:

« 自灯明・法灯明~自己を頼る・法を頼る―原始仏典3『大パリニッバーナ経』(前) | Main | 鏡文字を書いて脳を鍛えるゲームアプリ「ダ・ヴィンチになりたい!速書き鏡文字」 »