« 左利きで心地よく生きる方法(4)下部と上部神経系~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第430号 | Main | 筆記具の持ち方(3)万年筆から~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第431号 »

2014.11.15

古典入門書としての少年少女名作全集(前)私の読書論-62-古典を考える

―第139号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2014(平成26)年11月15日号(No.139)-141115-
「私の読書論-62- -古典を考える-
 入門書としての少年少女名作全集(前編)」


本誌では、『とっぴんぱらりのぷぅ ―田中芳樹のブックガイド―』をネタに、古典の入門書としてかつて各出版社から出版されていた<少年少女名作全集>について書いています。

私の場合は、次回紹介したいと思っていますが、少しだけ書いておきます。

私は、小学生時代は、ほとんど読書というものを経験していません。
わが家は、本のない家庭でした。

学校の教科書を学校で読むだけ。
あとは、小学館の学習雑誌『小学○年生』一年から六年まで読んでいただけです。

ほかには、唯一<少年少女文学全集>的なものの、日本編の一つを読んだだけでした。
これは、実は今も持っています。
宝物ですね。

ですから、私の読書生活は中学校時代から始まりました。

ここでも、実は一時的に読むだけでした。
学校の図書室にあったSF(当時は、<空想科学小説>と呼ばれていました。)や、ミステリのお子様向けシリーズを、時々読んだぐらいでした。
特に、冬の、学期で言えば三学期が多かったですね。
外に出るのが嫌だったからでしょうか。

このようなシリーズ物も、言ってみれば<少年少女文学全集>的なものです。
元々は大人向けの作品をダイジェストしたものだったのです。

そこで、小説のおもしろさを知った、と言えるでしょう。
それが、高校生時代になって、毎日本を読むような<読書家>に育てたのでした。


*本誌で取り上げた本:
『とっぴんぱらりのぷぅ ―田中芳樹のブックガイド―』
田中芳樹/著 光文社 (2009/1/21)


--
詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

|

« 左利きで心地よく生きる方法(4)下部と上部神経系~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第430号 | Main | 筆記具の持ち方(3)万年筆から~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第431号 »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

古典(名著名作)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/60644935

Listed below are links to weblogs that reference 古典入門書としての少年少女名作全集(前)私の読書論-62-古典を考える:

« 左利きで心地よく生きる方法(4)下部と上部神経系~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第430号 | Main | 筆記具の持ち方(3)万年筆から~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第431号 »