« 左利きの憂鬱における左手・左利き用カメラの情報 | Main | 左手書字4持ち方2左右反転改良型~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第429号 »

2014.10.27

左手・左利き用カメラの情報Twitterに書いたこと

もうちょっと前の話になりますが―。

前回書いた記事
2014.10.20 左利きの憂鬱における左手・左利き用カメラの情報
のTwitter告知を見た人から返信をいただきました。

そこに書いたこと、書き切れなかったことなど、まとめてみました。

(まだTwitterの使い方がよく分かっていないので、反応が遅くなってしまったり、ご迷惑をおかけしているかもしれませんが、ご容赦!)


 ●Twitterに書いたこと

--
レフティやすお @lefty_yasuo ・ 10月20日

(私への返信)《右手でシャッターを押さざるを得ない苦しみは、左利きにしか解りませんよね。

左利きが右手でシャッターの違和感、これはまさに当事者にしかわからない感覚だと思います。
適当な比喩が見つけられないのですが、何とも言えない感覚ですよね。
楽器も同じです。左用の楽器がもっと出てくればいいのに。
そうすれば、気持ちよく素直に楽しめるはずです。

(私への返信)《ただ、デジイチ愛用者のご意見としては、「右手はシャッターを押すだけ、絞りその他の繊細な動作は左手でやらざるを得ないので、実は左利き向きなのでは?」というお話もありました。

よくある勘違いです。
よ~く考えて欲しいのですが、もし本当にそうなら、どうしてその逆に作らないのでしょうか。
楽器でもそうです。「ギターなど弦を押さえるのに利き手の方が有利だろう」と言いますよね。
実は利き手とそうでない方の手では役割が違うのです。

(先の続きですが)脳科学者の久保田競さんの著作にあります。
点字を読むのは、右利きの人の場合左手の方が優秀だと言います。
大工さんは右手で鉋をかけ、左手でその木肌をなでて確認します。
それは、利き手でない方の手は感覚器官で、利き手は作用の手だというのです。

(続き)だから、利き手でない方の感覚に長けた手で、弦を押さえレンズを調節するのです。
利き手は作用を行う手で、意思や思いを発揮する手です。
シャッターや弦を弾くことが主体的行為で、レンズや弦の調節は補助的行為です。
「利き手は心につながっている」私の持論です。
--

*参考:
2004.09.15 『脳を探検する』久保田競

・『脳力を手で伸ばす』久保田 競 (PHP文庫 2010/6/1)


 ●ついでに、言っておきたいこと

前回の記事の末尾でも書きましたように、

--
【私の「心のプラカード」】
左利きなら左手でシャッターを切れ!

心に訴える写真を撮りたいなら、心で撮れる利き手で撮れ! なぜなら、《利き手は心につながっているから》

もう一つ言えば――
心に訴える音楽を演奏したいなら、利き手で演奏しろ! なぜなら、《利き手は心につながっているから》

右利きの人はなぜ右手でシャッターを切るのか、なぜ右手で弾くのか演奏するのか、を考えてもらえばわかるはずです。
それが利き手というものなんですよね。
--

私自身、「利き手は心につながっている」が持論です。

多分、片手利きの度合いが低い人から見れば、「?」かもしれません。
偏りの度合いの強い人ならでは、の感覚かもしれませんね。

しかし、多くの人(少なくとも半数以上の人)は共感できるのではないか、と考えています。


 ●本当にやりたいことと心の満足

だからこそ、もっと左右共用できる製品を、それが難しい場合(ハサミのような片刃構造の刃物類)では左右両タイプを作り、供給して欲しいと思うのです。
そうでないと、心の満足というものが得られません。

もし右利きの人が、左手でしか弾けない楽器があったら、どうでしょうか。
きっと欲求不満を感じるのではないか、と思います。

色つきの絵を描きたいのに、色絵の具が使えなかったら、どうでしょうか。
白黒でもコントラストを工夫すれば、それなりに色の変化を想像させることができるとは思います。
しかし、それは間接的な表現です。
本当にやりたいことではないはず。

心から発する思いを利き手で表現する、それがどんな部門においてもできるような、そんな左右平等な社会になって欲しいものです。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« 左利きの憂鬱における左手・左利き用カメラの情報 | Main | 左手書字4持ち方2左右反転改良型~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第429号 »

左利き」カテゴリの記事

左手・左利き用品」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/60552649

Listed below are links to weblogs that reference 左手・左利き用カメラの情報Twitterに書いたこと:

« 左利きの憂鬱における左手・左利き用カメラの情報 | Main | 左手書字4持ち方2左右反転改良型~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第429号 »