« 左利きミステリ『歳時記(ダイアリイ)』依井貴裕~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii415号 | Main | わが家のインゲンマメ収穫 »

2014.05.26

私の投書が『ミステリ・マガジン』読者欄に掲載されました

140524hmm20147_hibikitoikari

(画像:読者欄“響きと怒り”)

140525hmm20147hibikitoikari

(画像:贈られてきた掲載誌とポケミス最新刊)


何十年振りかで私の投書が雑誌に掲載されました。

(思い起こせば、36歳のときの小学館の広報誌以来ですね。
 ということは正確に言えば、24年ぶりでしょうか。)

先月創刊700号を迎えた、私の愛読誌である『ミステリ・マガジン』2014年7月号読者欄“響きと怒り”です。

ここに載るのは、四回目ぐらい?ですが、
二十代以来でしょうか。

ここ十年ぐらい、新聞の読者の投書欄(左利きについて)、およびこの雑誌の読者欄(趣味のミステリについて)に何度か投書していますが、悲しいかな、空振りばかりでした。
久しぶりにヒットです。

先月号(2014年6月号)で創刊700号を迎えた『ミステリ・マガジン』の愛読者として、<私の思い出のコラム>について書いた文章です。

【創刊700号記念特大号】
『ミステリマガジン』2014年6月号(700号)
【投書掲載号】
『ミステリマガジン』2014年7月号(701号)


文面を転載しておきます。

↓のブログ記事の一部を省略してまとめたものです。

『レフティやすのお茶でっせ』2014.5.7
『ミステリマガジン』2014年6月号創刊700号と思い出のコラム


(1)は私の元原稿。
(2)掲載文面。

(1)
『ミステリマガジン』創刊700号をおめでとうございます。
購入は2010年6月号<ディック・フランシスの弔祭>追悼号以来。
高二の夏休み、1970年9月号<E・S・ガードナー追悼特大号>(173号)で出会って以来十二、三年?定期購読。
その後は仕事の多忙、巨匠たちの死、モダン・ホラーの流行等の理由で購読中止。
以後、図書館で借りて読む状況です。
それでもポケミス1500番、400号、500号(601号は買いそびれ)は持っています。
今回は「思い出のコラム」―私も都筑さん瀬戸川さん雨さん…小鷹パパイラス船長等皆様と同様。
他にはカー「陪審席」。
片岡義男「マッドMAD自身」他、平尾圭吾「紐育の日本人」(BNで読んだ?)―アメリカを感じさせるコラムが記憶に残っています。
特筆すべきは太田博編集長の各号前節です。ミステリのなんたるかを教えられました。
《ミステリの中に探偵小説あり、サスペンス小説あり、クライム・ストーリーあり、ハードボイルドあり、幻想と怪奇を専らにする小説などがあると考えたほうが、英米の形にこだわらないアンソロジストたちが現実に考えているように、無理がないと思われます。》『ミステリマガジン』1970年9月(173)号
これからも日本のミステリ界をリードする専門誌であり続けてください。

(2)
《ミステリマガジン》創刊七〇〇号をおめでとうございます。購入は二〇一〇年六月号「ディック・フランシスの弔祭」追悼号以来。高二の夏休み、一九七〇年九月号「E・S・ガードナー追悼特大号」(一七三号)で出会って以来十二、三年? 定期購読。その後は仕事の多忙、巨匠たちの死、モダン・ホラーの流行等の理由で購読中止。以後、図書館で借りて読む状況です。それでも一九八八年一月「ポケミス1500番記念」号、四〇〇号、五〇〇号は持っています。
 今回は「思い出のコラム」――私も都筑さん瀬戸川さん雨さん……小鷹パパイラス船長等、皆様と同様。他にはカー「陪審席」、片岡義男他、平尾圭吾「紐育の日本人」――アメリカを感じさせるコラムが記憶に残っています。特筆すべきは太田博編集長の各号前節です。ミステリのなんたるかを教えられました。
〈ミステリの中に探偵小説あり、サスペンス小説あり、クライム・ストーリーあり、ハードボイルドあり、幻想と怪奇を専らにする小説などがあると考えたほうが、英米の形にこだわらないアンソロジストたちが現実に考えているように、無理がないと思われます。〉
《ミステリマガジン》これからも日本のミステリ界をリードする専門誌であり続けてください。

|

« 左利きミステリ『歳時記(ダイアリイ)』依井貴裕~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii415号 | Main | わが家のインゲンマメ収穫 »

国内ミステリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外ミステリ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/59710797

Listed below are links to weblogs that reference 私の投書が『ミステリ・マガジン』読者欄に掲載されました:

« 左利きミステリ『歳時記(ダイアリイ)』依井貴裕~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii415号 | Main | わが家のインゲンマメ収穫 »