« 第8回<LYグランプリ>2014へ向けて2~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii393号 | Main | 第8回<LYグランプリ>2014へ向けて3~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii394号 »

2013.12.15

私の読書論-52- 私にとって読書とは何か?―サミュエル・スマイルズ『向上心』から

―第118号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』★
2013(平成25)年12月15日号(No.118)-131215-  
私の読書論-52- 私にとって読書とは何か?
 ―サミュエル・スマイルズ『向上心』から
http://archive.mag2.com/0000257388/20131215120000000.html

本誌では、『自助論』で有名なサミュエル・スマイルズのもう一つの著書『向上心』から、書物で見識を高めよ、といった部分の言葉を元に、私と読書について書いています。

私のように友達の少ない、いないと言ってもいい人間にとっては、本がまさに友達なのです。
遊びも学びもいつも私に寄り添って、決して裏切らない、頼れる相手です。

本当の人生とは違う、と言われるかもしれません。
本当の体験ではない、とけなされるかもしれません。

それでも、私にとってはヴァーチャルでもなければ、夢うつつでもありません。
確かな存在です。
本を手にしているだけで、幸せになれる。
そんな存在です。

きっと本好きな人なら、共感してもらえるのではないでしょうか。

いやあ、本て本当にいいもんですね~。
(映画評論家・水野晴郎ふうに)


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

*本誌で取り上げた本:
サミュエル・スマイルズ『向上心』

|

« 第8回<LYグランプリ>2014へ向けて2~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii393号 | Main | 第8回<LYグランプリ>2014へ向けて3~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii394号 »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

古典(名著名作)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/58756859

Listed below are links to weblogs that reference 私の読書論-52- 私にとって読書とは何か?―サミュエル・スマイルズ『向上心』から:

« 第8回<LYグランプリ>2014へ向けて2~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii393号 | Main | 第8回<LYグランプリ>2014へ向けて3~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii394号 »