« おもしろさ~私の読書論-51- 私にとって「古典」とは何か? | Main | ケネディ駐日大使って左利き? 左手で「友」書道 »

2013.11.20

左利きが多すぎる?島田荘司『ゴーグル男の怪』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii390号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第390号のお知らせです。

 ・・・

第390号(No.390) 2013/11/16「名作の中の左利き ~推理小説編22~左利きが多すぎる? 島田荘司『ゴーグル男の怪』」は、
■名作の中の左利き■ ~推理小説編~の22回目左利きが多すぎる?島田荘司『ゴーグル男の怪』です。

 ここんところ夏のホラー編はのぞいて、古典のクイーン国名シリーズやクリスティーの作品、国内では、山村美紗、和久峻三、鮎川哲也等々、ちょっと古い作品が続いていました。

今月は、比較的新しい作品を紹介しましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  - 左利きが多すぎる? -
  島田荘司『ゴーグル男の怪』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

島田荘司『ゴーグル男の怪』新潮社 2011.10.30

NHK総合テレビ2011年8月5日放送「探偵Xからの挑戦状! 夏休み・島田荘司スペシャル『ゴーグル男の怪』」のために執筆された作品をもとに、大幅加筆、改稿し単行本化したもの。

 ●犯人は左利き
 ●左利きの容疑者が多すぎる?
 ●「左利きの人なんてごまんといる」
 ●容疑者たちの利き手は?
 ●刺殺事件
 ●推理=頭で考えること
 ●左利きの仕草

毎度ながらこの手の推理小説では、左利きを探せ、という課題に取り組むのですが、どういう動作・仕草が左利きを現すものなのかという点で、ちょっと?な部分が残ります。

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« おもしろさ~私の読書論-51- 私にとって「古典」とは何か? | Main | ケネディ駐日大使って左利き? 左手で「友」書道 »

国内ミステリ」カテゴリの記事

左利き」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

左利き関連本」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/58611995

Listed below are links to weblogs that reference 左利きが多すぎる?島田荘司『ゴーグル男の怪』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii390号:

« おもしろさ~私の読書論-51- 私にとって「古典」とは何か? | Main | ケネディ駐日大使って左利き? 左手で「友」書道 »