« 山下達郎クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)付属DVDに牧瀬里穂! | Main | 左利きが多すぎる?島田荘司『ゴーグル男の怪』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii390号 »

2013.11.15

おもしろさ~私の読書論-51- 私にとって「古典」とは何か?

―第116号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2013(平成25)年11月15日号(No.116)-131115-  
私の読書論-51- 「古典」とは何か?
http://archive.mag2.com/0000257388/20131115120000000.html

本誌では、私にとって「古典」とはなにか? について書いています。

前々回、「私のおススメ古典○○選」の試みを始めましたが、今回ここで私のイメージする古典像を知ってもらうことで、おススメの古典というものもだいたいのイメージが明らかになるのではないでしょうか。

前回は、本を人にたとえてみました。
本を人にたとえれば、古典は何か? ―というところです。

古典といえども、おもしろさが命。
でも、おもしろさとは…?


先日、歌手の島倉千恵子さんが亡くなられました
(ご冥福をお祈り致します。)が、
「人生いろいろ」ならぬ、おもしろさもいろいろです。

どういうおもしろさを第一と見るかで、その人の本に対する見方も決まります。

時間つぶし的な愉快・爽快だけのおもしろさもあれば、ためになるおもしろさもあるでしょう。
私は、後者を取ります。

それが正しい選択だなどと偉ぶるつもりはありません。
実際、人それぞれです。

「まずは、バカバカしいほどのおもしろさだよ、なぜなら、人生は苦ばかりだから。」
これも哲学です。

東日本大震災のあと、テレビでも悲劇的なニュースばかりの中で、まず求められたのは、お笑いでした。
それも単純なお笑いでした。

そういうふうに、お笑いの力は大事ですし、必要です。

でも、やっぱり単純なおもしろさよりも、もうちょっと自分を高める力となるものであれば、と思うのです。
「クソまじめ」と言われるかもしれませんけれど、これも性分です。
仕方ないんですよね。


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』

*本誌の引用に利用した本:
『ラルース 世界ことわざ名言辞典』角川書店 (1980/05)
『世界ことわざ名言辞典』田辺貞之助/監修 モーリス・マルー/編 島津智/訳 講談社学術文庫 (1999/8)

---


|

« 山下達郎クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)付属DVDに牧瀬里穂! | Main | 左利きが多すぎる?島田荘司『ゴーグル男の怪』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii390号 »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

古典(名著名作)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/58567919

Listed below are links to weblogs that reference おもしろさ~私の読書論-51- 私にとって「古典」とは何か?:

« 山下達郎クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)付属DVDに牧瀬里穂! | Main | 左利きが多すぎる?島田荘司『ゴーグル男の怪』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii390号 »