« あけましておめでとうございます | Main | 自分として生きる~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii346号 »

2013.01.08

左利きにも優しい<花王バブ>の個包装切り口

わが家では冬の入浴剤は、花王バブ―炭酸の薬用入浴剤―を使っています。


入浴剤には、一回分がそれぞれ個別に包装されたものと、その都度必要量を計測して使うタイプのものとがあります。
さらに、個別に包装されたものでも、粉末タイプと<バブ>のような錠剤タイプがあります。

このような個別に包装されたものの場合、大抵は「切り口」が付いています。


実はこの「切り口」がちょっと問題です。

右利きの人の場合、左手で本体を持ち、右手で切り口の右側の小片をつまんで切り取り、中身を取り出します。
しかし、私のような左利きの人の場合は、右手で本体を持ち、左手で小片を切り取ります。


あるクッキー菓子の個包装では、商品名の入った「正面」の向かって「右端」に「切り口」と印刷されています。

私は、これでは切り取りにくいので、切り口が左側に来るようにと、ひっくり返しました。
するとそこ(裏面)には、やっぱり右端に「切り口」と印刷してあるのです。
ウカッと、私はもう一度ひっくり返しました。

もちろん、そこは元の正面であり、当然右側に「切り口」があります。

そう、私は気が付くまで何度か、(横で見ていたら)まるでバカ!みたいに袋をひっくり返すことを繰り返していたのです。

この話は、以前(2005.3.18)「お菓子の切り口表示も右利き用」でも披露しました。


ところが、このバブの場合は、商品名の入った「正面」の左右両側に「切り口」と印刷され、切れ目まで付いています。
ですから、左利きの私でも、なんの躊躇もなく、袋を開けることができるのです!

(画像:左右両側に「切り口」があり左手でもOK!)
130107kaobabu1


「なんだ、そんなことぐらいで」と思われる方もあるかもしれません。

しかし、左利きの私にとって、これはとても大切なことなのです。
こんな小さなことが実はとても大事なことになるのです。

『フランクリン自伝』(松本慎一、西川正身/訳 岩波文庫)にこんな言葉があります。

人間の幸福というものは、時たま起るすばらしい幸運よりも、日々起って来る些細な便宜から生れるものである。


他にも、「ブルボン ふんわりチョコバーム」の個包装も両側対応の「あけくち」が付いています。

(画像:左右両側に「あけくち」がある)
130107burubonfunwari1


近年、私のアピールが通ったのか(まさか、そんなアホな?!)切り口表示の改善されているものが増えてきました。

小さな幸せ!

嬉しい限りです。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« あけましておめでとうございます | Main | 自分として生きる~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii346号 »

左利き」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/56496963

Listed below are links to weblogs that reference 左利きにも優しい<花王バブ>の個包装切り口:

« あけましておめでとうございます | Main | 自分として生きる~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii346号 »