« 書道家・武田双雲氏の左利きの子の習字指導発言について思うこと | Main | 左利きが使いやすい定規(3)まとめ~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii341号 »

2012.12.05

<心で見る努力>サン=テグジュペリ『星の王子さま』NHK100分de名著2012年12月

121205hosinooujisama


最近はまったく見る時間がないので、1カ月パスした「NHKテレビ100分de名著」ですが、12月は『星の王子さま』というので、ちょっと書いてみましょう。


サン=テグジュペリ『星の王子さま』
第1回 12月5日放送 子どもの心を忘れずに
第2回 12月12日放送 悲しい勘違い
第3回 12月19日放送 本当の絆のつくり方
第4回 12月26日放送 すべては心で変わる

○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
サン=テグジュペリ『星の王子さま』2012年12月
2012年11月24日発売
定価550円(本体524円)

私が初めてこの『星の王子さま』に出会ったのは、小学校の5年か6年生のときの国語の教科書だったと思います。

第一章のウワバミ(岩波・内藤濯訳、新潮文庫・河野万里子訳では「大蛇ボア」)がゾウを飲み込んだ絵に関するくだりです。

私にとって、「大人はわかってくれない」を最初に代弁してくれたのが、これでした。

それは、

「かんじんなことは、目には見えない」(岩波・内藤濯訳)
「いちばんたいせつなことは、目に見えない」(新潮文庫・河野万里子訳)

を示すエピソードでもあります。


「大事なことは、目には見えない」

『星の王子さま』(小さな王子)の中で最も有名な言葉です。

しかし、サン=テグジュペリは、名作『夜間飛行』の第一章で、夜間飛行中の機上から見た、人里離れた一軒家の灯りを星にたとえ、想像力を駆使してすなわち心での眼で、農夫たちの暮らしを見、愛の営みを読みとり、人間の真の姿を露わにします。

大切なことは心で見なくちゃいけない、と。

いま、夜のしじまに目覚めている夜警のように、夜が人間の真の姿をあらわにすることに気づく。夜はひとの呼びかけ、その光、その憂いを見せるのだ。闇のなかにある素朴な星。それは人里離れた一軒の家だ。星のひとつが消えた。それは愛のいとなみの上で閉ざされる家なのだ。/... あの人びとは、家のランプが質素な食卓を照らしているだけだと思う。だが八○キロへだてた場所にあっても、その光の呼びかけにやはり心をうたれる。それはまるで、弧島から海にむかって絶望的に振られている光のようにみえるのだ。
『夜間飛行』(光文社古典新訳文庫・二木 麻里/訳 1章 p.15-16)

『星の王子さま』では、キツネが別れ際に王子さまに教えてくれます。

「さっきの秘密をいおうかね。なに、なんでもないことだよ。心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」
(岩波書店オリジナル版・内藤濯訳、第12章 p.102-103)
「じゃあ秘密を教えるよ。とてもかんたんなことだ。ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない」
(新潮文庫・河野万里子訳、第12章 p.108)

物理的な肉体的な目では見えないけれど、心を使えば、想像力を働かせれば、見えるのだ。
要は、見えるか見えないかではなく、見ようとするかどうか、だと。

大切なことは、見ようと努力するかどうかにあるのだ、ということだ、と私は思います。

子供だから見える、とは限りません。
見ないで済ます子供もいっぱいいます。
大人でも、見る努力を忘れている人が大勢います。

結局大切なことは、そういう事実を忘れないで、時々反省することです。

心を使って見る努力を忘れないようにしよう、ということでしょう。


(注)私の「大人はわかってくれない」については、以下↓で!

*【古典の名著・名作から始める読書メルマガ】『レフティやすおの楽しい読書』
2008(平成20)年4月号(No.4)-080430- 星になった少年『星の王子さま』

【サン=テグジュペリ『星の王子さま』】
内藤 濯/訳
星の王子さま―オリジナル版(2000/3/10)
―《著者の生誕100年を記念し作られた復刻版。挿絵は著者自身が描いた米オリジナル版そのままの絵が載せられている。》
星の王子さま (岩波少年文庫 (001))
 


星の王子さま (新潮文庫) 河野 万里子/訳(2006/03)
夜間飛行 (光文社古典新訳文庫) 二木 麻里/訳(2010/7/8)
 


【いっしょに読んでほしい、サン=テグジュペリの名作】
夜間飛行 (新潮文庫) 堀口 大学/訳 (1956/02)
人間の土地 (新潮文庫) 堀口 大学/訳 (1955/04)
 


*他のNHKテレビ「100分 de 名著」の記事:
2011年11月放送:2011.10.31 アラン『幸福論』喜びは、行動とともにある!
2011年12月放送:2011.12.6 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』悲しみを、乗り越えよ-「100分 de 名著」NHK
2012年1月放送:2012.1.5 吉田兼好『徒然草』両面から物事を見よ!-「100分 de 名著」NHK
2012年2月放送:2012.1.29 新渡戸稲造『武士道』日本的思考の根源を見る-「100分 de 名著」NHK
2012年3月放送:2012.3.6 仏教は「心の病院」である!NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』2012年3月
2012.4.2 「NHKテレビ「100分 de 名著」ブッダ『真理のことば』を見て本を読んで」
2012年4月放送:2012.4.3 紫式部『源氏物語』NHKテレビ100分de名著
2012年5月放送:2012.5.2 確かな場所など、どこにもない―100分 de 名著 カフカ『変身』2012年5月
2012年6月放送:2012.6.6 <考える葦>パスカル『パンセ』NHK100分 de 名著2012年6月
2012年10月放送:2012.10.2 鴨長明『方丈記』NHK100分 de 名著2012年10月

2013年1月放送:2013.1.11
呪文に頼るのもよし?~100分de名著『般若心経』2013年1月
2013年2月放送:2013.2.5
待て、そして希望せよ~NHK100分de名著『モンテクリスト伯』2013年2月
2013年3月放送:2013.3.28
どんな時も、人生には、意味がある。フランクル『夜と霧』~NHK100分de名著2013年3月(再放送)
2013年4月放送:2013.4.11
真面目な私とあなた―夏目漱石『こころ』~NHK100分de名著2013年4月
2013年5月放送:2013.5.20
水のように生きる『老子』NHK100分de名著2013年5月
2013年6月放送:2013.6.5
生きる喜びは、どこにあるのか?『戦争と平和』トルストイ~NHK100分de名著2013年6月
2013年7月放送:2013.7.9
哲学とは、愛である『饗宴』プラトン~NHK100分de名著2013年7月
2013年11月放送:2013.11.10
「物語」に終わりはない『アラビアンナイト』~NHK100分de名著2013年11月
2013年12月放送:2013.12.11
切り離された者たちへ~ドストエフスキー『罪と罰』~NHK100分de名著2013年12月

|

« 書道家・武田双雲氏の左利きの子の習字指導発言について思うこと | Main | 左利きが使いやすい定規(3)まとめ~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii341号 »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/56257530

Listed below are links to weblogs that reference <心で見る努力>サン=テグジュペリ『星の王子さま』NHK100分de名著2012年12月:

« 書道家・武田双雲氏の左利きの子の習字指導発言について思うこと | Main | 左利きが使いやすい定規(3)まとめ~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii341号 »