« 8年目に向けて~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii331号 | Main | ガストのスープ用オタマが左右両注ぎ用に! »

2012.09.30

アリストテレスの哲学を読んでみよう!

―第90号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2012(平成24)年9月30日号(No.09)-120930-  
我々は哲学すべきである:アリストテレス「哲学のすすめ」


今月の本誌では、アリストテレスを取り上げています。

アリストテレスはご存知のように、万学の祖と呼ばれ、プラトンの最大最高の弟子であり、師プラトンとならぶ古代ギリシアを代表する大哲学者です。
万学の祖と呼ばれるだけにその著者も数多く、しかもかなりの量の著作です。

私自身勉強が不十分でそのうちのほとんどがまだ未読です。

というわけで本来取り上げたかった『ニコマコス倫理学』は半分程度しか読めていないこともあり、今回は見送りました。
しかし、何かしらふれておきたいということで、彼の初期の著作、公開的著作といわれる19編のうちのの一つ、『哲学のすすめ』を取り上げました。

残念ながら、これらの著作はほとんどが失われており、別の人の著作の中に遺された引用が断片として存在するだけです。
ところが本編は、(本紙本文にも書きましたように)幸いなことに、新プラトン派の一人シリアのイアンブリコス(240年頃-325年頃)の著作『ピュタゴラス派(の哲学)』の現存する1から4巻中、第2巻『哲学のすすめ』の全21章中の6から12章にアリストテレス「哲学のすすめ」からの文章が引用され、ほぼその全容を垣間見ることができるというのです。
(ちなみに、第13章から19章までは、プラトンの著作からなの引用で成り立っているそうです。)

本誌では、それを取り上げました。


アリストテレスの哲学は、マイケル・サンデル/著『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』でも取り扱われ、昨今また注目されていると言ってもいいでしょう。

わが国の政治状況も、風雲急を告げ、という局面になりつつあります。
一つのかじ取りの誤りが、わが国の行く末を危うくしかねない状況です。

ここで大切なことは、風や空気ではなく、真にわが国の将来にとって何が大切か何が必要か、そしてそのために今何を為すべきかを考えることです。

一発で勝負を決するパンチ力も必要ですが、継続的に手を出し続けることがより重要な気がします。

そのためには、われわれ国民一人一人が真に自立した考えを持ち、適切な判断が下せるに足る理知、知力を養う必要があります。

今こそ、まさに「我々は哲学すべきである」と思われます。


・『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル/著 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


*本誌で取り上げた本:
『アリストテレス「哲学のすすめ」』廣川 洋一訳・解説 講談社学術文庫 2011.3.10

『アリストテレス』今道 友信/著 講談社学術文庫 2004/5/11
『アリストテレス入門』山口 義久/著 ちくま新書 2001/7
 


--
*本稿は、アメブロ『レフティやすおの作文工房』より「アリストテレスの哲学を読んでみよう!」を転載しています。
--

|

« 8年目に向けて~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii331号 | Main | ガストのスープ用オタマが左右両注ぎ用に! »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/55767287

Listed below are links to weblogs that reference アリストテレスの哲学を読んでみよう!:

« 8年目に向けて~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii331号 | Main | ガストのスープ用オタマが左右両注ぎ用に! »