« July 2012 | Main | September 2012 »

2012.08.31

2012年岩波文庫フェアからの古典のおススメ

120830kotennosusume1


★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2012(平成24)年8月31日号(No.88)-120831- 2012年岩波文庫フェアから
<名著・名作再発見! 小さな一冊をたのしもう>
 

―第88号別冊 編集後記


5月22日より、岩波文庫の2012年のフェア<名著・名作再発見! 小さな一冊をたのしもう>が実施されています。


75点80冊。

本紙本文でも書いていますように、そのうち本誌でも取り上げたものが10点ほど。
またNHKのEテレ『100分de名著』で取り上げられたものが8点ほど含まれています。

『古典のすすめ』第1集(非売品)という小冊子も出ています。

従来の『読書のすすめ』に変わるものです。
今後はズバリ古典を薦めよう、という趣旨を明確に、全面に打ち出したもののようです。

今は、単に読書というだけではなく、読む内容が問われる時代になっている、ということでしょう。

若者の活字離れ、読書離れといわれます。
しかし実態は決してそればかりではありません。

読むという行為そのものはかなりの部分残っているものです。
ただ、読むものが確実に変わっているという点が問題なのです。

自分の生活に必要なもののみ、あるいは娯楽オンリーに偏っている。

もっと広く深く色んなものを系統的に読んでもらいたい、という気がします。

古典を薦めるのは、それがより確実性が高いと思われるからです。

たとえてみれば、野球で言えば、日本代表にイチローを選ぶようなものです。
(確かに今年のイチローはもう昔の人になりつつありますが。)
サッカーで言えば、本田圭佑選手を選ぶようなものです。

実績があって誰もが認める存在である、ということですね。

新鮮味はないかもしれませんが、その分安定感は期待できるということです。


さて、もう一つの古典の魅力は昔のものでありながら、読み方によっては現代も生きているという点です。

偉大な文人、大詩人による傑作と言われる作品にはやはりそれに値するだけのもの、あるいは、それ以上の汲み尽せないものがある、ということである。... これには二つの面がある。その第一は「いまのわれわれ」との関わり、とくに「直面する危機」と共通する関心であり、その第二は、それらの作品には数え切れない学者が精魂を傾けた論考を積み重ねてきたにもかかわらず、なおまだ気づかれずにいる考究の視点がいくつも残されていることである。》高橋宏幸「自由に話す(1)」(京都大学学術出版会『西洋古典叢書』「月報37」掲載<リレーエッセー22>)より

今のイチロー選手にはかつてのような勢いはないかもしれませんが、しかし、ここぞという時に何かしら期待できるのも事実です。
そして、ヤンキースに移籍した今、新たな状況のなかで、新たな魅力を、もしくは変わらぬ魅力を発揮しています。

それはまさに古典のような存在といえるでしょう。

*本誌で取り上げた本:
・古事記 (岩波文庫)

【内村 鑑三】
・後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)
・代表的日本人 (岩波文庫)

--
*本稿は、アメブロ『レフティやすおの作文工房』より「2012年岩波文庫フェアからの古典のおススメ」を転載したものです。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.30

左利きプチ・アンケート第69回バラエティ番組3~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii327号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第327号のお知らせです。

 ・・・

第327号(No.327) 2012/8/25「<左利きプチ・アンケート>第69回 テレビのバラエティ番組の左利き情報は? その後2」は、
<左利きプチ・アンケート>「第69回 テレビのバラエティ番組の左利き情報は?」の「その後」の報告の2回目です。

2012.8.23現在の投票結果を掲載。

結果を見ての、私の意見を少し述べています。

《「右利き」の人たちの思い込みによる「左利き」像》による番組製作がなされているのではないか。
結果として《「左利き」に対する認識が不十分》な番組となり、左利きの視聴者からいい印象を持たれていないのではないか、といったことです。


引き続き、アンケートにご協力ください。

詳細は本誌で。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.29

カーブ形状刃で切れ味3倍!プラス・フィットカーブはさみ(左手用ブルー)

120828plus_fit_curve_sc175


前回、今年発売され評判だというハサミを紹介しました。
2012.8.28 紙工作で評判!ソニック メガサク学童はさみ(左手用黄色)

「話題のハサミ」と言えば、《新開発!カーブ形状で従来の約3倍の切れ味》という、これもそうです。
テレビの番組でも取り上げられたものです。

プラス・フィットカットカーブはさみ
プラス(文具) 家庭用はさみ「フィットカット カーブ」を新発売 [報道関係資料 2011年12月13日]

カーブ形状の刃で従来の約3倍の切れ味!!(メーカー比)。切る対象物をしっかり捕まえる為適切な刃の開き角度をキープ。刃の根元から刃先まで驚くほど軽くなめらかな切れ味を実現しました。※硬い物や筒状の物を切った時に手にかかる荷重の最大値です。

新開発ベルヌーイカーブ刃が根元から刃先まで軽い切れ味を実現!》と言いますのは、
刃の開き角度が約30度が切りやすのだそうで、その角度を根元から刃先まで常に維持できるように、刃がカーブしているのです。
従来のハサミでは刃が直線なので、根元では刃の開き角度が大きく、刃先に行くにつれて開き角度が小さくなってゆきます。
そのためは先では切りにくくなるのでした。

ところがこのハサミは、根元でも刃先でも、常に30度という切れる角度を維持しているので、刃先でも楽に切れるというのです。

右手用は、左右対称型グリップや非対称型のグリップなどあり、さらにスタンダードではカラーも豊富(ブルー、レッド、グリーン、ピンク、イエロー)で、他にもロング、フッ素コート、チタンコートと各種色々なタイプが出ています。
ところが、左手用は、下↓の一種のみ。

フィットカーブSC-175SL BL(左手用) プラス


こういう“左右非対称(左右不平等)”はいつになれば解消されるのでしょうか?

何から何まで“左右対称(左右平等)”を期待してはいませんが、せめて、カラーの2種類ぐらいやフッ素コートなどの異なるタイプが欲しいものです。

*注:
「左利き用」はさみといった言い方をする場合もありますが、正確には「左手用」と呼びます。
それは、「左利きのためのはさみ(ハサミ)」というよりは、「左手で使うためのはさみ(ハサミ)」という意味合いからです。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.28

紙工作で評判!ソニック メガサク学童はさみ(左手用黄色)

今、小学生に大人気というハサミがあるそうです。

新聞で見たのですが、小学校の図工でよく使う牛乳紙パックもサクサク切れるといううたい文句で、小学生の工作の味方として評判だというのです。


2012.8.22産経新聞・朝刊<生活>面の新聞記事によりますと、―
(画像)
120822sonic_sissors_sankeisinbun


メガサク 学童はさみ

コンパスを製造する大阪市生野区のソニックというメーカーが開発したというものです。

今年2月の発売以来、約十万本を売り上げ、テレビや雑誌に取り上げられるなど大反響だと言います。

刃先5ミリで差が出る!サクサク切れる!学童はさみ。【特長】・図工でよく使う牛乳パックがサクサク切れます!工作の味方メガサク!・握った力が刃先まで伝わる「メガハンドル」&切るとき刃がすべらない「喰イツキ刃」、刃が見えない保護キャップや、のりがベタつかず安心のフッ素コートなど、とことん子ども達のために考えました。ママも納得のおすすめ商品です。

特徴は、

(1)メガハンドル
―握った力が、刃先までしっかり伝わる。
 対称形 約13.5mm厚。(一般的な厚み:7~8mm)
(2)喰イツキ刃
―切るとき、刃が滑らない。
 切り始めが滑りにくく、パワフルな切れ味です。
(3)フッ素コート―のりやテープがべたつかず安心。
(4)ネームタグ付き。

というところでしょうか。

右手用は、青と桃色の2色。
左手用は、いつものように黄色のみです。

・ソニック メガサク学童はさみ左手用SK-367-Y黄


Amazonでは、現在在庫切れで、再入荷予定は立っておりません、とのこと。
売れてるんでしょうか。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.23

名作~推理小説編10『悪魔のヴァイオリン』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii326号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第326号のお知らせです。

 ・・・

第326号(No.326) 2012/8/18「名作の中の左利き~推理小説編10~『悪魔のヴァイオリン』ジュール・グラッセ」は、
■名作の中の左利き■「~推理小説編10~『悪魔のヴァイオリン』ジュール・グラッセ」です。

今回は、久しぶりに海外(翻訳)ミステリです。
フランスの2005年度パリ警視庁賞という新人賞を受賞した作品です。

『悪魔のヴァイオリン』ジュール・グラッセ/著 野口雄二/訳(原著2004) ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1780 (2006/1/5)

松本清張『霧の旗』同様、撲殺です。
探偵役の警視が、傷痕から犯人は左利きと推定します。

ところがこの2作品では傷痕の位置関係が異なります。
どうも私には、この辺のところが不可解に思えます。

この作品のほうがシンプルに左利きの犯行らしいと思えるのです。

どうも松本清張『霧の旗』の撲殺は違う気がしてなりません。
まあ、これはあくまでも私の個人的意見ですが…。

作品の中で左利きのくだりは、撲殺以外に突っ込んだ部分はないのが、残念ですが…。

詳細は本誌で。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.16

SKE48の10thシングルは「キスだって左利き」

名古屋・栄を本拠地とする、SKE48の10枚目の新曲が発表されました。
タイトルは「キスだって左利き」

YouTubeを見ました。
8月12日(日)「アイシテラブル!」全国握手会/SKE48 10thシングル【キスだって左利き】

作詞は秋元康

聴いてみますと、“他の人とどこか違う”左利きの恋人という設定です。

キス云々の仕草の細かい部分は、どうなんだろう? という気もしますが、まあ、置いときましょう。

AKB48もやっとこ覚えた(もちろん全メンバーを覚えたというわけではなく、だいたいどういうグループであるかということを知った、という意味です。)私です。
これ以上の情報は期待しないでください。

[キスだって左利き (SINGLE+DVD) (初回生産限定) (Type-A/ジャケットA)] SKE48


その昔、私が若かりし頃、1973(昭和48)年7月、アイドル歌手・麻丘めぐみの歌う「わたしの彼は左きき」(作詞・千家和也 作編曲・筒美京平)というヒット曲がありました。
1978(昭和53)年3月、ピンクレディーが歌った「サウスポー」(作詞・阿久悠 作曲・都倉俊一)というヒット曲もありました。

この二つが、代表的な<左利きヒット・ソング>といったところですが、それらに続くものとなるのでしょうか。

*参照:
レフティやすおの左利き自分史年表

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

左利きとマナー(7)茶道~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii325号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第325号のお知らせです。

 ・・・

第325号(No.325) 2012/8/11「左利きとマナー(7) 茶道(茶の湯)を考える」は、
▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲「―その19― 左利きとマナー(7) 茶道(茶の湯)を考える」です。

茶道における左利きの問題を考えてみました。

私の思うところは―

現代の茶道は、伝統と言いながら、実際には武家社会が崩壊した明治以降、女子教育の場に進出するという形で、変化に対応することで生き延びてきたのです。

ですから、昔のように左利きが忌避されてきた時代から左利きは左利きで良いとされる時代への変化を踏まえて、それに対応する作法を考える時期に来ているのではないか、ということです。

これは単に茶道のみ限らず、日本の古来の伝統を重んじるといわれる武道や芸能などすべてに言えることです。
昔のまま旧態依然の、「左利きでも右に直してもらわないと…」といったやり方では、これからは問題とされるでしょう。

21世紀も12年が過ぎようとしている今日、この世紀を生き延びるためには、伝統を重んじつつも、この時代にふさわしい姿に変容する必要があると思います。

もちろん原理主義的に昔ながらの形式に固執する流派があってもよいと思います。
しかし、それでも完全に昔のままとはいかないでしょう。

変化している部分は必ずあるはずです。
実際には変わっているのに、さも昔のままなんら変化していないように装うのはどうかと思います。

形式のための形式、そんな形式を守るためだけの作法ではなく、身体の変化に対応できる形式による心のこもった作法でありたいものです。

詳細は本誌で。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.15

<私の読書論>をリニューアルしました

―第87号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2012(平成24)年8月15日号(No.87)-120815-私の読書論-36- 本は買わずに借りて読め!


<私の読書論>をリニューアルしました。
まずは書きたいことを先に書いてしまえ、というわけです。

「私の読書論-36- 本は買わずに借りて読め!(1)」

そこで第一弾は、<本は買わずに借りて読め!>です。

本当は本誌本文にも書いているように、<必要な本のみ買え!>ということなんですね。
一般人はそれでいいのです。

本を読むことが仕事になっているような人は別ですが、普通の暮らしをしている人の場合、本を読んだからといって、即お金になるということはありません。
本が金を生んでくれないのですから、むやみに本を持つ欲望を満たすことはできません。

本当にその人にとって大事な本しか持てないのです。

では、その大事な本を見つけるには、どうすればいいのか?
本誌本文にも書いていますが、もう一度書いておきます。


自分の目利きで本を選ぶ、というのが一つの方法です。
言ってみれば勘ですね。

しかし、必ずこれというものを見つけられる、という確かな保証はありません。

そうすると、一番無難なのが、一度読んでから買うかどうかを決める、という方法です。

もちろん一回読んだだけではわからない場合もありますが、ね。
それなら、二度目を試みればいいのです。
二度でダメなら三度チャレンジすればいいのです。
それほど判断の難しい本なら、まあ、買っといてもいいのかもしれませんが、ね。

大事なことは、必要なものだけは落とさずに、ということです。


―まあ、そういうことで、リニューアルしました。
これからもよろしくお願い致します。

本誌の読者登録は、サイドバーから。

*本誌で取り上げた本:
・ショウペンハウエル/著『読書について 他二篇』 斎藤忍随/訳 岩波文庫(1960, 改版1983/7)
・『[新訳]読書について 知力と精神力を高める読み方』ショウペンハウエル/著 渡部昇一/編訳 PHP研究所(2012/8/11)


*図書館の使い方を書いた本:
・『図書館を使い倒す!―ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」』千野信浩/著 新潮新書(2005/10)
・『図書館に訊け!』井上真琴/著 ちくま新書(2004/8/6)
・『図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集』浅野高史、かながわレファレンス探検隊/著) 柏書房(2006/09)
  


*本稿は、アメブロ『レフティやすおの作文工房』より「<私の読書論>をリニューアルしました」を転載したものです。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.12

8月13日は37度目の“左利きの日”

いよいよロンドンのオリンピックも最終日となりました。
今回のオリンピックでも左利きらしい選手の活躍がありました。
目立つのは、左手にラケットや剣を持つ、左手でボールを投げる・打つ、左足でボールを蹴る、といった競技ですね。

日本で言えば、卓球女子団体銅メダルに輝いた三人娘の一角、石川佳純選手はその一人です。

左利きの選手は決して少なくありません。
また、右利きでも左構えといった選手もいた、ともいいます。

そんな活躍が見られた左利き―。


今年も、そういう左利きの人のために、左利き用品の普及を図ろう、左利きに目を向けてもらおうという、国際“左利きの日”INTERNATIONAL LEFTHANDERS DAYがやってきます。

昨年も書きましたが、
2011.08.13 国際“左利きの日”を迎えて&週刊ヒッキイ273号特別編「個人モデル」から「社会モデル」へ

日本版ウィキペディア「左利きの日」の記述は、

《左利きの日(ひだりききのひ)は、左利きの生活環境の向上に向けた記念日であり、毎年8月13日がこの記念日。1992年8月13日、イギリスにある「Left-Handers Club」により、右利き用だけでない誰もが安全に使える道具を各種メーカーに対して呼びかけることを目的に提唱・制定された。同日は提唱者の誕生日である。》
とあります。

実際は、アメリカで1976年に始められたのが最初です。

詳細は、面倒ですので書きませんが、
以前調べたとき、英語版ウィキペディアでもそうなっていましたし、私の手持ちのアメリカの「レフトハンダーズ・インターナショナル」"Lefthanders International"という左利きの人たちの会の発行した左利きの人のための雑誌「レフトハンダー・マガジン」"Lefthander Magazine"のバックナンバーの左利きの日の記事にも、そういうエピソードが記されていました。

私のサイト(左利きを考える レフティやすおの左組通信)の「左利きの日を祝おう!」をご覧ください。
下↓の記事にも記載あり。
2009.8.13「8月13日は国際「左利きの日」~2009年左利きニュース落穂拾い1-3月」

確かに今存在するのは、残念なことに、イギリスのエニシング・レフトハンデッドAnything Left-Handedの顧客を中心にした左利きの会Left-Handers Clubによる、Left-Handers' Day websiteぐらいです。


しかし日本でも、「左利きの気持ちになる日」として、飲食店で箸を逆向きに置くイベント・他を実施している<LEFTEOUS.>さんのような活動があります。

LEFTEOUS Facebook
LEFTEOUS - Activities - 2011

それなりに根を張っていると言ってよいのではないでしょうか。

ネット時代ですので、探せばもっといろんなものが見つかるかもしれません。
色んな人がどこかで何かしら活動していても不思議ではありません。

毎年、個人でこの日についての発信をしている人もいます。

期待を持って見守ってゆきましょう。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.09

左手でも切りやすいハサミとは?:まとめ編~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii324号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第324号のお知らせです。

 ・・・

第324号(No.324) 2012/8/4「レフティ・グッズ・プロジェクト<左手・左利き用品を考える>第7回」は、
━レフティ・グッズ・プロジェクトLGPJ━<左手・左利き用品を考える>第7回「「左手でも切りやすいハサミ」とは?」の「まとめ」編です。

今回はどちらかと言いますと、「左手でも切りやすいハサミとは?」のまとめというよりは、左右どちらか一方の使う手を選ぶ道具をいかに普及させるか、といった観点からの提言となっています。

「左右性のある商品の普及のために必要なこと」として、二点を挙げてみました。

(イ)左右でセットで製造販売する
(ロ)価格を全体で分担する

これは、「ユニバーサル・サービス」とでもいった考え方に立つものです。

詳細は本誌で。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.02

左利きプチ・アンケート第69回バラエティ番組・その後~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii323号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第323号のお知らせです。

 ・・・

第323号(No.323) 2012/7/28「<左利きプチ・アンケート> 第69回 テレビのバラエティ番組の左利き情報は? その後」は、
<左利きプチ・アンケート>「第69回 テレビのバラエティ番組の左利き情報は?」の「その後」の経過報告です。

2012.7.26 現在の結果

a(右利きの人)○ おもしろくて役に立つ 4
b(  〃  )△ 参考にはなるが納得いかない 0
c(  〃  )× まったく話にならない 0
d(中間的な人)○ おもしろくて役に立つ 1
e(  〃  )△ 参考にはなるが納得いかない 2
f(  〃  )× まったく話にならない 1
g(左利きの人)○ おもしろくて役に立つ 1
h(  〃  )△ 参考にはなるが納得いかない 3
i(  〃  )× まったく話にならない 1

少ない結果でどうこうということはできません。
「右利きの人」で「おもしろくて役に立つ 4」、それ以外は「0」、
「中間的な人」や「左利きの人」では、意見にばらつきが見える、という結果は、何かありそうな気がします。

現在の結果を見るのは、こちら

引き続き、アンケートにご協力ください。

アンケートは本誌で。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »