« 左利きの靴職人『シューメーカーの足音』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii313号 | Main | 自分の割符・片割れを求めて『饗宴~恋について~』プラトン »

2012.05.28

またまたアメブロで「右利き?左利き?」ブログネタ

久しぶりに「左利き」キーワードでネット検索していますと、「右利き?左利き?」ネタのブログが大量にヒットしました。

たどってみると、またまたアメブロでブログネタ:「右利き?左利き?」をやっています。

「右利き?左利き?」ブログネタ詳細
--

内容
右利き?左利き?(つながり)

こんにちは! 
生活情報サイト「All About」です。 
 
左利きは、はさみなど道具の使い勝手が悪い、 
食事のときに腕がぶつかる……。 
 
All About は、左利きは、右利きに比べ寿命が短い 
という説を紹介しています。 
 
トランプは、左利きの寿命を縮める!?(更新日:2007年07月30日)


世の中の多くのものは右利き用にできているために、 
左利きはより多くのストレスにさらされているようです。 

 
さて、今回のテーマは「利き手」。 
みなさんは、右利き? 左利き? 
投稿お待ちしています! 


■関連リンク
All About 「子育て事情」左利き男性は高収入のワケ (更新日:2006年10月23日)
 文章:河崎 環(All About「子育て事情」旧ガイド)
All About 「住宅設計・間取り」キッチンにも左利き用がある (更新日:2007年09月28日)
 文章:塩野 哲也(All About「間取り・室内空間」旧ガイド)


クチコミ投稿期間 2012年05月16日~2012年05月30日
--

5月28日21時23分現在で5,066件になっています。

現在までの投稿

 ・・・

過去のこの手のアメブロにおけるブログネタは、私の知るところでは二度ありました。

私の保存しているデータによりますと―

・2010.7.29 右利き? 左利き?
クチコミ投稿期間:2010年07月28日~2010年08月11日
[23:22 2010/08/10] 投稿数:14995件
右利き? 76.5%
左利き? 23.6%

●『お茶でっせ』該当記事2010.08.11 強い左/右利き? 弱い左/右利き?


昨年の前回は「右利き・左利き」「両利き」も加えられていました。

・2011.5.18? 右利き?左利き?
クチコミ投稿期間:(詳細不明)
[5/27?]右利き?左利き? 投稿数:14,743件
右利き 69.8%
左利き 12.7%
両利き 17.7%

--

内容
右利き?左利き?
こんにちは。
ブログネタ運営局のジョニーです。


学生時代の友達と久しぶりに飲みに行ったら、
彼が左手で箸を持っていることが判明


左利きだったのか…。
学生のころは全く知らなかった


すると、
「実は両利きなんだ」
と驚きの事実が発覚


子供のころ、右手を骨折して、
左で一生懸命過ごしていたら、
いつの間にかどっちも使えるようになっていたらしいです。


ここで投票です。


【右利き?左利き?】
右利き
左利き
両利き
--


今回はまた、「右利き・左利き」だけのようです。

毎年やるのなら、それはそれでいいのですが、何かしら統一してもらえると、データ的にもおもしろいのでは? と思います。

因みに、私自身は、なんでも大抵のことは左手・左側でこなす、強度の左利き―いわゆる典型的な左利きです。
それゆえ世の中には、なんでも右の右利きの人となんでも左の左利きの人がいる。
ハッキリ二つに分かれるものと思い込んでいました。

ところが、20数年前から左利きについて活動し、色々と勉強するようになりますと、実はそうではないと知りました。
実際は、偏りの度合いの強い人もいれば、偏りの度合いの低い人もいるということです。

 強い左利き~弱い左利き~弱い右利き~強い右利き

というように、ひとつながりの分布になっています。
そして、誰もがそのなかのどこかに位置する、ということなのです。

自分では右利きのつもりでも、実は左利きに近い右利きであるかも知れないのです。
あるいはその逆や、どちらとも判断しにくい場合もあるということです。

それは、利き手だけでなく、利き足利き目といったものがあり、それは手・腕以外にも左右対称の器官があるということです。

さらに、文字は右手でも書けるようになったが、箸遣いは左のままといった、動作ごとに実際に使う手が異なる場合もある、ということです。

 ・・・

私は、左利き生活50数年20数年前から左利き生活・左利きの生き方を研究しています。
今では、ブログ・ホームページ・メルマガで左利き関連の記事を発信して、左利きライフ研究家を自称しています。

・ブログ:2003.12.23~『レフティやすおのお茶でっせ』
・ホームページ:2004.1.8~『左利きを考える レフティやすおの左組通信』
・メルマガ:2006.9.28~『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』最新号BN
(現在、読者が漸減状態です。冷やかしでいいですから、この機会に読者登録をお願いたします。
 無料で週一回の発行です。興味を感じた人はどうぞ!
 無料登録でメアドをもらえるところ―ヤフーとかgooとか―があります。
 そのメアドをメルマガ専用にして登録していいただければ、自分の元のメアドに迷惑メールが来る心配もありません。)

*備考:
・2004.6.13 教育評論家(当時現役小学校教師)・親野智可等氏発行『親力で決まる子供の将来』No227(2004.6.13発行分)で紹介される
・2007.12.6 『R25』2007年12月6日号(no.170)リクルート 左利き記事「ランキンレビュー/右利きが左利きより多いのはなぜ?」コメント掲載
 「右利きの人は、利き手に関して恵まれた環境で暮らしています。私は、左利きの人も同様に自分らしい生き方ができるように、メルマガやサイトを通じてご理解を求めるべく努力しています。よろしくご協力を!」
・2009.1.16 『モノ・マガジン』2009年2月2日号「左利きグッズ大図鑑」で『お茶でっせ』が紹介される
・2009.3.6 日経BPサイト・コラム、親野智可等『父親のための親力養成塾』第45回で『お茶でっせ』が紹介される
・2009.4.30 『左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために』東京書籍(2009.5.2)
 巻末資料作成に協力。

『左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために』ローレン・ミルソム/著 笹山裕子/訳 東京書籍 2009.4
―今までの日本になかった、自身左利きで左利きの子を持つ母である、イギリスの有名左利き用品専門店オーナーによる、左利きの子供を持つ親・先生へ向けた、左利きの子の生活支援のための手引書。


*本稿は、アメブロ『レフティやすおの作文工房』より「またまたアメブロで「右利き?左利き?」ブログネタ」を転載しています。

|

« 左利きの靴職人『シューメーカーの足音』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii313号 | Main | 自分の割符・片割れを求めて『饗宴~恋について~』プラトン »

左利き」カテゴリの記事

左利きの人」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/54822873

Listed below are links to weblogs that reference またまたアメブロで「右利き?左利き?」ブログネタ:

« 左利きの靴職人『シューメーカーの足音』~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii313号 | Main | 自分の割符・片割れを求めて『饗宴~恋について~』プラトン »