« カフカの小説から題名について考える | Main | 5月21日朝は大阪で282年ぶりに金環日食! »

2012.04.19

左利きとマナー(3)先生が困るから~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii308号

先週の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』第308号の告知です。

 ・・・

第308号(No.308) 2012/4/14「左利きとマナー(3)先生が困るから」は、
「左利きとマナー」の3回目です。

今回も少し本筋から外れますが、ちょっと気になるブログ記事を取り上げてみました。

直接マナーとは関係ないとも言えますが、マナーとは、「人を不快な気持にさせないための約束事」、あるいは「人に迷惑をかけないための約束事」、というふうに解釈しますと、この記事も一概に関係ないとはいえないか、とも思います。

子供が左利きで、左手で字を書くと先生が習字を教えるときに困るだろう、というので、右手で字を書かせようと考えている、というのですが…。

 ●先生が困るから
 ●ピリオド奏法
 ●その子供の「オリジナル」の性質に合わせる
 ●学校の先生は教えるプロ
 ●先生は困らない
 ●習字(毛筆)のために字は右手で―はナンセンス
 ●子供が困るから

詳しくは本誌で。

*参照:
・『お茶でっせ』2004.11.05
左利きの本だなぁ:児童文学編『すえっ子のルーファス』は左利き
・『すえっ子のルーファス』エレナー・エスティス/著、ルイス・スロボドキン/絵、 渡辺 茂男/訳 岩波少年文庫
―先生に右手で字を書くよう指導を受け苦闘するルーファス。進級後の新担任は左利きに理解を示し、左手の自由を取り戻し息を吹き返すルーファスの元気いっぱいの物語。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« カフカの小説から題名について考える | Main | 5月21日朝は大阪で282年ぶりに金環日食! »

左利き」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

左手書字」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/54510811

Listed below are links to weblogs that reference 左利きとマナー(3)先生が困るから~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii308号:

« カフカの小説から題名について考える | Main | 5月21日朝は大阪で282年ぶりに金環日食! »