« 幅允孝『幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ。』を読む | Main | 『三月は深き紅の淵を』恩田陸:メルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」296号告知 »

2012.01.24

東野圭吾『容疑者Xの献身』が米エドガー賞候補に

1月20日に飛び込んだニュースです。
エドガー賞候補に 東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」- MSN産経ニュース

アメリカMWAの選定する「エドガー賞」の今年の最優秀小説賞候補として、東野圭吾『容疑者Xの献身』を選んだと発表したそうです。
選考結果の発表は4月26日の予定。

『容疑者Xの献身』は2005年に出版され、翌年、直木賞を受賞しました。
「文春ベスト10」2005年1位、「このミス」2005年1位にも選ばれています。
テレビドラマ『ガリレオ』シリーズのキャスト・スタッフにより、映画化もされています。

容疑者Xの献身 (文春文庫)
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]

  


英語版も出版されていたそうです。

2009年「CREA」(文藝春秋)版東野圭吾作品人気ランキングでは、『白夜行』に次いで第2位を獲得。
ともに、テレビドラマ化や映画化の影響もあるようですが。

著者いわく、

《『ガリレオ』『予知夢』では謎解き装置にすぎなかった湯川ですが、一応、探偵役のキャラクターとして出す以上は、どんな人間かそろそろ肉付けしようと言うことで、彼を主人公に一回、長編を書いてみようということになったんですよね。》
という作品。
(「全著作 自作解説クロニクル」p.130より―『東野圭吾公式ガイド』東野圭吾作家生活25周年祭り実行委員会/編 集英社 2011.9.9・非売品)

【予約受付中】2012.2.16発売予定
『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ 東野作品人気ランキング発表』東野圭吾作家生活25周年実行委員会/編 (講談社文庫)


期待にたがわず、探偵役・湯川学の人間性が浮かぶ作品となったようです。

 ・・・

世界的に見ましても、日本の小説は技術的にも優れているそうで、内容的にもかなりの水準にあるものが少なくないようです。
ただ、惜しむらくは、言語の壁があり、広く知られ、読まれる状況にはない、というのが残念です。
今後さらに、広く世界中で読まれるとよいのに、と思います。

因みに、過去に日本の作家がノミネートされたのは、2004年桐野夏生『OUT』以来のこと。
このときは候補に終わりました。

2004.3.5 『OUT』桐野夏生
2004.5.2 OUTはアウト/桐野夏生「OUT」エドガー賞逃す

OUT 上 (講談社文庫 き 32-3) 桐野 夏生


『浪花少年探偵団』のタイトルにもあるように、また、『白夜行』の冒頭に近鉄・布施駅云々という記述が出てきますように、東野圭吾氏は、地元大阪出身の作家ということで、親近感を持って見ていました。
ぜひ、大賞を手にして欲しいものです。

一海外ミステリ・ファンとしても、期待するところ大です。

--
※本稿は、レフティやすおの他のブログに転載しています。
--

|

« 幅允孝『幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ。』を読む | Main | 『三月は深き紅の淵を』恩田陸:メルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」296号告知 »

国内ミステリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外ミステリ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/53813495

Listed below are links to weblogs that reference 東野圭吾『容疑者Xの献身』が米エドガー賞候補に:

« 幅允孝『幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ。』を読む | Main | 『三月は深き紅の淵を』恩田陸:メルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」296号告知 »