« <アブナー伯父>「藁人形」:週刊ヒッキイhikkii287名作の中の左利き~推理小説編2 | Main | 第6回LYGP2012 2011年左利き総ざらい2:週刊ヒッキイhikkii288 »

2011.11.30

善意の季節『あるクリスマス』カポーティ

―第70号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」「別冊 編集後記」

◆古典から始める レフティやすおの楽しい読書◆
2011(平成23)年11月30日号(No.70)-111130-善意の季節『あるクリスマス』カポーティ

*『誕生日の子どもたち』トルーマン・カポーティ/著 村上春樹/訳 (文春文庫) 2009.6.10
―クリスマスの思い出を語る二短編を含む子供のイノセントをテーマにした短編集。
二作は互いに正反対の状況を描いた自伝的作品で、
「―思い出」は少年に与えられた贈り物、
「ある―」は逆に少年が与えた贈り物の思い出話といえる抒情的名編。


子供のころから、あまり「楽しいクリスマスの思い出」というものはありません。

もちろん貧しいなりにクリスマスの思い出はあります。
当時、親としては精一杯のことをしてくれたのだと思っています。

大人になってもからもこれといって何もない人生でした。
まあ、これは自分の責任でしょうけれど…。

そんな中で、本誌で取り上げたカポーティ「あるクリスマス」は、ある意味ではうらやましい限りです。
でも、別の意味ではやはり悲しい思い出なのだろうという気がします。

幸い我が家は、両親のそろった家庭で、両親と兄弟の愛情に包まれて育ってきました。

カポーティ、いえ、この小説の主人公は、恵まれない家庭環境の中で、それなりに楽しみを持って、クリスマスを過ごしてきたのでしょう。
それはまさに「クリスマスの思い出」の中に描かれていたようなクリスマスだったのでしょう。

それは、誰もが少しは経験したことのあるクリスマスの楽しみ―。

 ・・・

さあ、あなたは今年どのようなクリスマスを過ごしますか?
誰かにプレゼントを渡しますか?
誰かからプレゼントをもらえそうですか?

私は、大切な人に、心温まるクリスマスのお話の詰まった本をプレゼントできたら、とそう願っています。

そう、私からのクリスマスプレゼントが、このメルマガ「善意の季節『あるクリスマス』カポーティ」です。
楽しんでもらえたらいいのですが…。

*『ティファニーで朝食を』トルーマン・カポーティ/著 村上春樹/訳 新潮文庫 2008.11.27
―「クリスマスの思い出」を収録した短編集

カポーティの名編を村上春樹の訳文と山本容子の銅版画で読むクリスマスの小品
(大切な人へのプレゼントに最適!?)
『あるクリスマス』トルーマン・カポーティ/著 村上春樹/訳 山本容子/銅版画 文藝春秋(1989)
『クリスマスの思い出』トルーマン・カポーティ/著 村上春樹/訳 山本容子/銅版画 文藝春秋(1990)

--
※本稿は、『レフティやすおの作文工房』より
2011.11.15「善意の季節『あるクリスマス』カポーティ」を転載したものです。
--

|

« <アブナー伯父>「藁人形」:週刊ヒッキイhikkii287名作の中の左利き~推理小説編2 | Main | 第6回LYGP2012 2011年左利き総ざらい2:週刊ヒッキイhikkii288 »

メルマガ「楽しい読書」」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/53371969

Listed below are links to weblogs that reference 善意の季節『あるクリスマス』カポーティ:

« <アブナー伯父>「藁人形」:週刊ヒッキイhikkii287名作の中の左利き~推理小説編2 | Main | 第6回LYGP2012 2011年左利き総ざらい2:週刊ヒッキイhikkii288 »