« 左手用マウス:サンワダイレクト エルゴノミクスマウス400-MA032L(左利き用) | Main | 善意の季節『あるクリスマス』カポーティ »

2011.11.24

<アブナー伯父>「藁人形」:週刊ヒッキイhikkii287名作の中の左利き~推理小説編2

無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』先週分の告知です。

 ・・・

第287号(No.287) 2011/11/19
「名作の中の左利き~推理小説編-2-「藁人形」M.D.ポースト」は、

名作の中の左利き~推理小説編の2回目、
今回は、名探偵ホームズのライヴァルたちの一人、あの<タイタニック>と共にこの世を去ったアメリカの作家メルヴィル・デイヴィスン・ポーストが生んだ<アブナー伯父>ものの代表作の一つ「藁人形」です。

「藁人形」The Straw Man
 初出不明、
 <イラストレイテッド・サンディ・マガジン>1917年6月10日号再録、
 <EQMM>1959年12月号掲載
【邦訳】
『ミステリマガジン』1975年4月号(No.228)掲載 山田辰夫/訳
収録短編集
『アブナー伯父の事件簿』菊池光/訳 創元推理文庫 1978
 上記の短編集から名作10編と、未収録の4編(唯一の中編1編を含む)の全14編
 《開拓時代のウエスト・ヴァージニアを舞台に、無法と悪に挑戦するアブナー伯父の活躍を描く》
『アンクル・アブナーの叡知』吉田誠一/訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1976
 生前出版(1918年)の<アブナー>もの短編集(18編収録)の完訳


この<アブナー伯父>ものは、私の好きなシリーズ探偵の一人でした。

初めて知ったのは1970年代前半だったでしょうか。
『ミステリマガジン』(早川書房)に掲載された短編を何本か読みました。

探偵小説としての魅力もさりながら、西部開拓時代を舞台に、善きキリスト教徒という感じの紳士である主人公<アンクル・アブナー>に惹かれたものでした。

その後、早川版は買わなかったのですが、創元推理文庫版の<アブナー伯父>者の短編集を買いました。
結局、置場の問題から、手放してしまったのですが…。

読んだ短編の中の一つ(本編)が、左利きを扱った小説だったという印象はしっかり残っていました。
でも、その当時は今のような、左利きライフ研究を始める前のことで、残しておこうという気持ちがありませんでした。
惜しいことをしたという気持ちはありますが、
(買い直すことはできますが、今のところ予定はありません。)
掲載雑誌は持っているので…。
(でも、本棚の下部に積み上げてあるので、今すぐ出て来ません。)

左利き犯人ものです。
ネタばらしになっていますが、この一点だけで成り立っている推理小説ではないので、許されるかと思います。
こういう企画の中で扱う以上いたしかたない面があります。
ご了承いただけるものと考えています。

*本誌本文で触れた本
『もし「右」や「左」がなかったら―言語人類学への招待』
 井上京子/著(大修館書店 1998.5)

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« 左手用マウス:サンワダイレクト エルゴノミクスマウス400-MA032L(左利き用) | Main | 善意の季節『あるクリスマス』カポーティ »

左利き」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

左利き関連本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外ミステリ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/53322045

Listed below are links to weblogs that reference <アブナー伯父>「藁人形」:週刊ヒッキイhikkii287名作の中の左利き~推理小説編2:

« 左手用マウス:サンワダイレクト エルゴノミクスマウス400-MA032L(左利き用) | Main | 善意の季節『あるクリスマス』カポーティ »