« 左利きの子には生活の便不便よりも利き手を使う心の充足を!-週刊ヒッキイhikkii279号より | Main | 《死すべき者》人間~<アキレウスの怒り>『イリアス』ホメロス »

2011.10.06

左利きは【心】=【身体】の欲求に任せる-週刊ヒッキイhikkii280号より

先週に引き続き、メルマガ登録読者のみならず、より広く、より多くの方にお読みいただきたい、という思いで、今回も、以下に先週発行分の内容を丸ごとを転載しておきます。

第280号(No.280) 2011/10/1
「創刊7年目へ~よく生きるために~(2)前回言い忘れたこと」


------------------------------------------------------------
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii≫ 創刊7年目へ
 左利きの問題に関して今一番思うこと~よく生きるために~
 (2)前回言い忘れたこと
------------------------------------------------------------
先週から7年目に入りました、お知らせしました。
読者さんからお祝いの言葉もいただいています。

改めて、ありがとうございます。

まずは自分のため、できれば人のためになるように、
今後とも努力してゆきます。

よろしく!

 ・・・

先週ちょっと書き忘れたことがありますので、
今週も書いておきます。


 ◆利き手は心につながっている

先週、左利きの問題は、【身体】の問題だけれど、
実は、【心】の問題なのだ、と書きました。


それは、
私がいつも言ってきた持論―

 【利き手は心につながっている】

という見解から生まれたものでもあるのです。

その点を指摘するのを忘れました。

きっかけは、左手用カメラを手にしたことだ
ということは書きましたが…。


私たちが利き手を使うのは、
それは、誰かから教えられたからではなく、
それが身体の自然な動作だからです。

内発的な力によるもので、
外発的な力によるものではありません。

内発といっても、意志/意思的なもの―【頭】の作用よりも、
もっと肉体―【身体】そのものに内在した力によるもの、
という気がします。

理知的な意思が高度の知的反応だとすれば、
もっと原始的な(に~んげん?的な)反応そのものではないか、
という気がするのです。

脳神経系のなかでは、
大脳半球の左右の機能分担に発するものが、
利き手の違いにつながるというのが、
一般的な解釈になりつつあるようです。

しかし、
もっと下部の神経系に起因するものもあるのではないか、
というのが、私の考えです。


 ◆【心】と【身体】そして【頭】の関係

精神科医の泉谷閑示先生の著作

『「普通がいい」という病』講談社現代新書1862(2006.10.20)

「第3講 失楽園~人間の苦しみの起源~」<人間の仕組み>の
62ページの図3-1は、
【心】と【身体】そして【頭】の関係を図示したものです。

ちょうど「H」という字のような形です。
(↓こんな感じだと思ってください。)


111001hikkii_no280_2


「H」の左側の柱「|」の上部の先っぽに当たる部分が【頭】、
まん中から下部が【心】で、右側の柱「|」が【身体】を示し、
【心】と【身体】を横棒「―」がつないで、
両者が「一心同体」の存在であることを示しています。

【頭】と【心】の間には「フタ」(上図の∠)があり、
これは【頭】によって開閉されます。

これが閉じているときは、【頭】と、【心】=【身体】が
「内部対立」や「自己矛盾」の関係にあることを示しています。


【頭】は理性の場で、
【心】は感情や欲求の場で、
【身体】と一心同体につながっていて、感覚の場でもある。

(利き手も【身体】の性質の一つですから、
 【心】につながっている! と言えるのです。)


【頭】は、理性の場で、
コンピューターのように1/0の二進法で、
計算や情報の蓄積、それをもとにした情報処理―
推測・分析・計画・反省などを行う。
「~すべき」「~してはいけない」という。
論理的で因果関係を考える。
時間・空間の認識では、過去を分析し、未来をシュミレートする。
過去の「後悔」や未来への「不安」などはここで生まれる。
自分の【心】や【身体】を含めて、
何でもコントロールしたがる特性を持つ。

【心】は、「~したい」「~したくない」「好き」「嫌い」と、
理由や意義・意味など一切関係なく、
いきなり判断だけを言ってくる。
時間・空間の認識では、「今・ここ」に焦点を当て、
シャープに反応する。
過去の情報に基づいた反応はしない。
(それは【頭】の仕事。)
喜怒哀楽の「深い感情」が生まれる。
(期待に対する反応としての感情は、
コントロール志向に由来するもので、【頭】から生まれる。)

【身体】は【心】と直結しているので、
欲求や感覚はこの両者によって生まれる。
【心】に元気がなければ、【身体】も元気がなくなる。

間違ってはならないのは、「欲望」は、
「欲求」と違って、【心】からではなく、
【頭】のコントロール思考から生まれるものだということ。

―と説明しています。


人間と他の動物とで決定的に異なる部分が、
この【頭】という部分にあると泉谷先生は言います。

この【頭】が人間にまつわる現象の鍵を握っている、と。


 ◆「快/不快」は【心】=【身体】の判断

先ほども言いましたように、
機能分化している大脳半球の左右どちらかの優位性が
利き手に関わっている、
というのが、昨今の有力な考え方のようです。

それに準じて言いますと、大脳の働きとは、
上記の【頭】の働きと、
【身体】をコントロールする働きとから成り立っています。

もちろん大脳以外の下部の脳神経系も【身体】に関与しています。


左利きに関して言いますと、
大脳であれ、下部の脳神経系であれ、
【頭】と【身体】の関係―せめぎ合いが【心】に影響している
と見られます。

【心】=【身体】のつながりから発せられる欲求を、
【頭】でコントロールして人間は生きています。

しかし、それが様々な障碍につながることにもなるのです。

不当に【頭】が介入することで、
自然な欲求の履行が妨げられることになります。


 《... 人間の「身体」も「心」も、本来は、「快/不快」とい
  うシグナルでもって、見事に適切な判断を自分に教えてくれ
  ているものなのです。... 》
   同書「第3講」<「心」=「身体」の知恵> p.77より


「利き手である左手を使いたい」という
【心】=【身体】の発する自然な欲求が、
【頭】によって、
「右手を使え、その方が色々便利なことがあるよ」
「左手だと不便だよ」
等の理由をつけて、理性的に妨げられる。

すると、そこに【心】=【身体】の不満が生まれてくる…。

昔から利き手の「矯正(変換)」により、
チック症状が出るとか、吃音になるとか言われるのは、
まさに、そういう身体的な不都合が生じた結果でしょう。


 ◆【心】=【身体】の欲求に任せる

【心】の平安のためにも、【身体】の健康のためにも、
私たちは【心】=【身体】の欲するままに、
自然に任せていいのではないか、という気がします。

なぜなら、右利きの人はそれで過ごしているのですから。

私たち左利きの人も、自然に任せていいのではないでしょうか。

そして、
それを社会が公認してくれるように、
今まで以上に、
積極的に働きかけていくべきではないでしょうか?


※参照:
『「普通がいい」という病 「自分を取りもどす」10講』
泉谷閑示/著 講談社現代新書1862 2006.10.20
―頭と心と身体の関係だけでなく、
 「第9講 小径を行く~マイノリティを生きる~」では、
 少数派の苦しみについても書かれています。


----------------
◆先週号はこちら↓

・2011.10.1 左利きの子には生活の便不便よりも利き手を使う心の充足を!-週刊ヒッキイhikkii279号より
「お茶でっせ」版「新生活」版
第279号(No.279) 2011/9/24
「創刊7年目へ 今一番思うこと~よく生きるために~」

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

|

« 左利きの子には生活の便不便よりも利き手を使う心の充足を!-週刊ヒッキイhikkii279号より | Main | 《死すべき者》人間~<アキレウスの怒り>『イリアス』ホメロス »

左利き」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/52923720

Listed below are links to weblogs that reference 左利きは【心】=【身体】の欲求に任せる-週刊ヒッキイhikkii280号より:

« 左利きの子には生活の便不便よりも利き手を使う心の充足を!-週刊ヒッキイhikkii279号より | Main | 《死すべき者》人間~<アキレウスの怒り>『イリアス』ホメロス »