« August 2011 | Main | October 2011 »

2011.09.24

推理小説と左利き:週刊ヒッキイhikkii278名作の中の左利き~推理小説編1

無料メルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』先週分の告知です。

第278号(No.278) 2011/9/17
「名作の中の左利き~推理小説編-1-推理小説と左利きについて」は、

名作の中に描かれた左利きについて紹介するこのシリーズ。
今までドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』サリンジャー『ライ麦畑~』、ノーベル賞作家グラスの短編「左ぎっちょクラブ」ボーム『オズのつぎはぎ娘』など、世界的な名作を中心に紹介してきました。

しかし、左利きについて細かく、その性質に至るまで取り上げて描いている作品というのは、一般の小説では意外に少なく、思い当たる大半は、推理小説にトリックとして利用されているものです。

ただ推理小説の場合、紹介するのはかなり難しい問題があります。

どうしてもネタばれになりかねないからです。
メインの謎に絡んで左利きを扱っている場合があるからです。

たとえば、犯人を指摘する決め手となる場合や、事件の核心になる自殺の偽装トリック等に関連して使われている場合などです。

そこで今までは避けて来たのですが、いよいよネタに困り、とうとう「推理小説編」の登場となりました。


まず第一番目は、すでに以前紹介したものではありますが、推理小説の歴史を考えるとき避けて通れないということで、改めて触れているポー「黄金虫」です。

次に、これも推理小説を考えるとき忘れてはならない定番中の定番コナン・ドイルの、名探偵の代名詞とも言うべき、シャーロック・ホームズものの一編「黄色い顔」

三番目にやっと本シリーズ初登場の一編は、同じくホームズもの「ボスコム谷の謎」です。


今後何が飛び出すか、まずはお楽しみに!


*参照:

『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』
第180号(No.180) 2009/5/16
「名作の中の左利き(2)」―その2―『黄金虫』エドガー・アラン・ポー
第197号(No.197) 2009/9/19 
「名作の中の左利き(6)ホームズの名推理」
『レフティやすおのお茶でっせ』
2005.9.17 依頼人は左利き―ホームズの名推理「黄いろい顔」より

「黄金虫」収録本
『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』ポオ/作 八木敏雄/訳 岩波文庫(2006)


アーサー・コナン・ドイル「黄いろい顔」収録本
新潮文庫『シャーロック・ホームズの思い出』延原謙/訳

光文社文庫<新訳シャーロック・ホームズ全集・2>
『シャーロック・ホームズの回想』日暮雅通/訳(2006.4)


ホームズのモデルとなった恩師のエピソード収録本
『コナン・ドイル』ジュリアン・シモンズ/著 深町真理子/訳
創元推理文庫(1991) ―図版を多用したコンパクトな伝記。
コナン・ドイル

『コナン・ドイル』ジョン・ディクスン・カー/著 /訳
ハヤカワ・ミステリ(1993) ―2段組500ページの本格的伝記。
コナン・ドイル (ハヤカワ ポケット ミステリ)


「ボスコム谷の謎」収録本
光文社文庫<新訳シャーロック・ホームズ全集・1>
『シャーロック・ホームズの冒険』日暮雅通/訳(2006.1)

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.22

左利き活動の第一弾を作った「プリントゴッコ」、完全に終了

110920printgokko


2008年(平成20年)に、プリントゴッコ本体の販売が終了した、あの「プリントゴッコ」、完全に終了、というニュース!

《平成24年(2012年)12月28日をもってプリントゴッコ事業を終了いたします。》

まだ一年ありますが、非常にさびしいことです。

私にとっては、これは思い出多い、感傷的になるニュースです。

今、私はネットで左利きの活動をしています。

しかし、そもそもは、紙媒体で始めたものでした。
その第一弾は、この「プリントゴッコ」を利用したハガキによる通信でした!
(1992-平成4年1月1日、ハガキ大の「左組通信」創刊0号発行。(*))

理想科学のサイトにある「プリントゴッコのあゆみ」(画像参照)によりますと、
1977年(昭和52年)『プリントゴッコB6』が発売されたのが始まり。

それまで一般の人が手軽にできる印刷と言えば、せいぜいガリ版ぐらいでした。
それも結構むずかしい。
道具が必要で、しかもガリ切りなどはコツが要りました。

それが、このセットを使えば、ごく簡単に印刷が可能になる!

特に、年賀状などの挨拶状は、手作りしてこそ味わいがあるというもの。
これはまさにそういう需要にピッタリでした。

1986年(昭和61年)には高精細印刷が可能な『プリントゴッコB6ハイメッシュセット』発売。

1991年(平成3年)、重ね刷りに便利な「位置あわせ」機能つきの『プリントゴッコPG-10スーパー』が発売されます。
これで多色刷りが簡単になりました。

私も、この「プリントゴッコ」を年賀状作成のために購入したのですが、これを使えば簡単に印刷できるわけで、何かに使えるのではないか、とすぐに考えました。

そして、当時スタートを考えていた左利きの会『左組』の通信用(『左組通信』)に利用することにしました。

まあ、結果的には、ハガキの分量では書ききれないことが多く、コピーを利用した新聞へと進化してゆき、さらに小冊子スタイルの季刊誌『LL』に発展するのですが。(*)


そういう歴史を作れたのも、この「プリントゴッコ」のおかげでした。

今も棚の上に放りあげてありますが、
ご苦労様でした、と感謝の言葉を贈ります。
ホントにありがとう!

(*)『左利きを考える レフティやすおの左組通信』
「レフティやすおの左利き自分史年表(1990年目覚め)」参照

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.17

週刊ヒッキイhikkii277左利きの教本~(5)まとめ編1『左きき書道教本』

なんとなくスランプ状態が続いています。

「えっ、スランプ? スランプって、一流選手の使い言葉でしょう?」
って?
まあ、そうですね。
並みの選手はスランプなんて言っちゃいけないんですよね。
ただの不出来、怠漫とか手抜きとか、あるいはメッキがはげたとか…。

要するにそれが実力。
今までが幸運続きだったってことです。

まあ、なんにしても書けない日が続いています。
なんとか毎週のメルマガだけ!
これだけはなんとかしなければ、という気持ちで続けています。

でも時に不調は、こちらにも影響して内容に問題ありの時も…。

先週のメルマガもそんな気がしなくもない?

 ・・・

無料メルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』先週分の告知です。


第277号(No.277) 2011/9/10
「左利きの教本について考える(5)「まとめ」編-1-『左きき書道教本』」は、


これまで途切れ途切れに掲載してきました「左利きの教本について考える」でしたが、
今までに紹介しました「左利きの教本」をまとめてみようと思います。

その第一弾!

やはりこの教本は外せません。

ということで、『左きき書道教本』です。

これは本誌のをお読みいただきたいいのですが、
精神科医で左利きの悩みについて取り組み、「左利き友の会」を主宰されました故・箱崎総一先生が、
左利きにとっての難関の一つだった学校での習字授業に対処する方法として、会員の力を得て考案され、昭和46年に出版されました。

現在、フェリシモ左ききカタログ「左きき友の会書道教本」として販売されています。

非常に合理的な書法で、毛筆のみならず硬筆においても、左手書き・左利きの人の書字のヒントになるものです。


【本誌で紹介した「左利き筆法」を紹介している本】
・『見えざる左手―ものいわぬ社会制度への提言』大路直哉/著 三五館(1998.10)
・『左ききでいこう!―愛すべき21世紀の個性のために』大路直哉・フェリシモ左きき友の会/共著 フェリシモ出版(2000.6)


--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.15

読書の効用:最初の一冊の選び方(4)文学は連続している

早わかり世界の文学―パスティーシュ読書術 (ちくま新書)/清水 義範

私の読書論-24-初心者のための読書の仕方を考える(7)
最初の一冊の選び方(4)文学は古代から現代まで連続している
―第65号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2011(平成23)年9月15日号(No.65)-110915-
私の読書論-24-初心者のための読書の仕方を考える(7)
最初の一冊の選び方(4)文学は古代から現代まで連続している
http://archive.mag2.com/0000257388/20110915120000000.html


今月は、文学は古代から現代まで連綿と続いているものだ、というお話でした。

本誌本文で紹介しました、
清水義範『早わかり世界の文学―パスティーシュ読書術』ちくま新書712(2008.3.10)で、
本を読むこと、読書の効用について書いています。

一つは、【論理的思考力を養う】

『ファーブル昆虫記』の「不思議なスカラべ」という章に関してこう述べています。

《... という話の進め方の論理性ね。頭のいい人間はそういうふうに考えるのか、というくらいの論理的思考力。本を読んで納得していくということは、論理的思考力があるということですから、そういう論理的思考力だって読書すれば身につくの ですよ。... 思考の魅力みたいなことに気がつくでしょう。それが読書の面白さですね。》
「講義II 読書で学べること」p.83-4

次に、小説の効用ですが、一つは【人間を知ることができる】
人間の心の動きについて知ることができる。

《... 小説を読んでいる人は、人間について多くを学ぶことになり、そういう豊かさが増すんだということを言ってきました。言い換えれば、人の心の動きがわかるようになるってことですね。持ってるとすごくチャーミングな能力ですよ。》
同p.91

もう一つは、【社会を知ることができる】

《社会っていうのは、人間が造っている世の中の構造だと考えればいいでしょう。その世の中が、どんなふうに人間を縛りつけているかってことに気がつくのも、社会がわかるっていうことです。人間はどういうふうに自由であって、どういうふうに自由ではないかわかるのも、社会が見えるということです。》
同p.92

ゾラの小説『居酒屋』を例に挙げて説明しています。

《... 小説を読むということは、人間には心があるのだということに気がつくことで、人間を理解することにつながるんですね。[...] 小説というものは、自然のうちに書かれた時代だとか、社会というものが色濃く反映されているものです。その時代の一番の文学のテーマは何かというのは、その時代はどういう時代だったかということに関係しているのですから、そこまでわかってくるん です。》
同p.101-2


そこで、氏は、古典でなくても現代ものでもいいんですよ、とも書いています。
たとえば、『世界の中心で、愛をさけぶ』でも『電車男』のようなものでも、

《今、話題のものを読んで行けばいいんです》(同p.104)。
《知らないうちにガンガンいろいろなことを教えてくれるはずだ》(同p.104)と。

その時代を表すものが描かれていて、それを読みとれるはずだから、ということでしょう。

この部分は、古典を薦めたい私はカットしたい気持ちですがね。

とにかく、「本を読めば、読んだなりに何かしらプラスになるのだ」、というのが世間一般の「本読み(読書家)」たちの「結論」です。

私も同感!

―というところで今回はおしまい。

--
・完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上/ジャン=アンリ・ファーブル
・居酒屋 (新潮文庫)/ゾラ


『世界の中心で、愛をさけぶ』について―

この作品は本で読むより、映画やドラマの方が面白いのかもしれません。
本は読みましたが、基本的にはよくあるお話で、現代版リメイクといったところ。

私より上の世代には『愛と死をみつめて』(大島みち子・河野実/著 1963)という名作がありました。

リメイクとしては良くできているとは思いますが、タイトルも"パクリ"だし、
どうしてもマイナス評価にならざるを得ないところがあります。

純愛ものとして読むなら、伊藤左千夫『野菊の墓』の方をおススメします。

--
・野菊の墓 (新潮文庫)/伊藤 左千夫

・愛と死をみつめて ポケット版 (だいわ文庫)/大島みち子
・日活100周年邦画クラシック GREAT20 愛と死をみつめて HDリマスター版 [DVD]/吉永小百合,浜田光夫,笠智衆

・世界の中心で、愛をさけぶ/片山 恭一

・世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]/大沢たかお,柴咲コウ,長澤まさみ
・世界の中心で、愛をさけぶ <完全版> DVD-BOX/綾瀬はるか,大島さと子,桜井幸子

--
※本稿は、『レフティやすおの作文工房』より
2011.9.15「読書の効用:最初の一冊の選び方(4)文学は連続している」を転載したものです。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.09

週刊ヒッキイhikkii275,276《左利き教科書プロジェクト》&アンケート第68回(後4)

気が付きますと、なんとメルマガの告知を二週忘れていました。

8月末から9月にかけて、天気が夏とは思えない状況で、なんとなく自分の気持ちも乗らない感じでした。
で、いつしか忘れていたのです。(もろに言い訳です!)

まあ、メルマガを発行するのを忘れていないので、それだけでも「まあ、マシか」という気がします。

お読みくださる人は、告知の有無にかかわらずお読みくださっているはずですし、
(メルマガですから購読手続きさえしていれば、発行し続けている限り、自動的に送られてくるのですし。)
この告知を見て読む人は一部でしょうから。

書いても書かなくてもいいようなものかもしれません。

自分なりの一つの区切りではありますが…。

では、
忘れていたメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』二週分の告知です。

第275号(No.275) 2011/8/27
「<左利きプチ・アンケート>第68回 小1書写教科書に左手書き(左利き)例を入れるべきか?(その後)4 教科書校閲者の指摘」は、

第258号(No.258) 2011/4/30<左利きプチ・アンケート>第68回 小1書写教科書に左手書き(左利き)例を入れるべきか?掲載のアンケートの途中経過と、
それに関連して考えたことを書いています。

今回は、ネットで見た「教科書校閲者」さんの教科書の右利き仕様の配膳図に関して、「右利きの場合」というキャプションを入れるように指摘した、という話を紹介しています。
この意見は、私が以前、指摘した方法の一つです。

こういう人物がいらっしゃることに感心し、かつ非常に心強く感じました。

すべての部門でこういう左利きの「真っ当な」意見を反映できるようになればいいなあ、と思います。


第276号(No.276) 2011/9/3
「《左利き教科書プロジェクト》学校教科書に左利き(左手・左側)例を!(5)教育用コンテンツ集」は、

第272号(No.272) 2011/8/6
「《左利き教科書プロジェクト》学校教科書に左利き(左手・左側)例を!(4)左手・左利き例を含む小学校における教育用コンテンツ集」で紹介しました、
「小学校における教育用コンテンツ集」のようなものを、現場の先生の手をわずらわすことなく、できれば製品について一番よく知っているはずのメーカーさんの手によって、自主的な配慮で製作されればいいのではないか、と訴えています。

道具にはそれにふさわしい用い方というものがあります。

特に、左利き(左手・左側)用の道具の場合、右利きの人には正しい使い方が理解できにくい部分もあるかと思います。
そういう欠点を補う意味でも製作者自身が意図する使い方を、動画なり静止画なりそれぞれにふさわしい媒体でお手本として見せてもらえると、子供たち(大人もですが)には都合がよいように思います。

百聞は一見に如かず、と言います。
こういう非常に効果的な教材が増えること、普及することを願っています。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.04

《死すべき者》人間~二大英雄叙事詩~ホメロス『イリアス』『オデュッセイア』

110904_homeros


―第64号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ★
2011(平成23)年8月31日号(No.64)-110831-《死すべき者》人間~二大英雄叙事詩~ホメロス『イリアス』『オデュッセイア』

実は今回、ホメロスを一回で紹介するつもりでした。

でも実際に両作を読んでみますと、
「一回で済ますのは惜しい」という気持ちになりました。

そこで、今回は総論的に両作を扱い、その後、個々の作品を見てゆくことにします。
8、9、10月と、都合三カ月にわたってお送りすることになります。

それほど強い感銘を受けた、ということです。

ただそれを私の文章でお伝えできるかどうかは、心もとないのですが…。

 ・・・

とにかく約2800年前の古代ギリシアで成立したといわれるお話です。

現代の日本とは遠くかけ離れた時と場所―。
さらに、登場するのは神様たちと神様の子供でもある人間たちとただの人間たち―。
彼らが繰り広げる人間(?)模様のあれこれ―。

とにかく神様といえども、実に人間臭いのです。
そして、神様の子供として生まれた人間<英雄>たちの振る舞いも、
ただの人間の王様たちも。


《死すべき者》としての人間の悲嘆と、それでも勇気を持って生きてゆく姿を描いている、
とでもいうべきでしょうか。

現代の日本では一部の研究者でもない限り全編を読みとおす人は少ない、と言われているようです。
しかし、これはもったいない。

(翻訳でも)原典を読んでいなくても、おおざっぱな話の内容を知っている人は多いでしょう。

ブラッド・ピッド主演の映画『トロイ』とか、シュリーマンのお話とかで、
<トロイの木馬>とトロイア戦争のことはご存知でしょう。

あるいは、<オデッセイ>と呼ばれる一連の物語等により、
オデュッセウスの冒険物語についても。


しかし、それでも原典を読んでいただきたい、と痛切に感じます。

私のような人間でもこれだけ楽しく、かつ心にジーンとくる感動を、感銘を受けたのですから。

これから人生の機微に触れてゆく若い人、人生経験を積んでゆく人は、必読です。

感受性豊かな人、人間味の濃い人なら、また人生を味わい尽くしてきた人等には、
読み応え十分な内容でしょう

だてに2800年生き延びてきた作品ではありません。

もちろん、ギリシア語の原典で読めればそれに越したことはありませんが、
私も含めて、一般の人にはそれは無理なお話です。

翻訳で十分楽しめます。
さいわい日本には読みやすい翻訳本があります。

先人の苦労に大いに感謝いたしましょう!

ホメロス
『オデュッセイア』[上下] 松平千秋/訳 岩波文庫 1994.9
『イリアス』[上下] 松平千秋/訳 岩波文庫 1992.9
(オデュッセイア〈上〉岩波文庫) (イリアス〈上〉岩波文庫)

簡単でわかりやすく優れた入門書・紹介書
『ホメロスを楽しむために』阿刀田高/著 新潮社 1997.4 (新潮文庫)2000.10
「トロイア戦争」を描く映画
[DVD]トロイ 特別版〈2枚組〉(出演)ブラッド・ピット、エリック・バナ他 (監督)ウォルフガング・ペーターゼン


--
※本稿は、『レフティやすおの作文工房』より
2011.8.15「《死すべき者》人間~二大英雄叙事詩~ホメロス『イリアス』『オデュッセイア』」を転載したものです。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »