« March 2011 | Main | May 2011 »

2011.04.26

フェリシモ新・左きき友の会ウェブサイト

110426felissimo_hidarikiki

[画像]フェリシモ左きき友の会ウェブサイト

わが週刊ヒッキイの読者さんでもある、こちら(「手の道具だけなら」)の情報から。

左手・左利き用品の通販でおなじみ「左ききカタログ」フェリシモさんですが、
カトサンのつぶやき030:新・左きき友の会と、定規セットリニューアル
によりますと、
フェリシモの左きき友の会のウェブサイトが3月に開設されていたそうです。

《『フェリシモ 左きき友の会』は、左ききの人、左ききのお子さまをお持ちのお父さん、お母さんを応援しています。/新しい左きき商品の開発や情報交換、お悩み相談を通じて、みんなの使いにくいを一緒に減らしていきませんか?》

・左ききの暮らし調査
・左きき商品モニターの募集
・左ききのお悩みアンケート
・「身の回りの使いにくい」はありませんか?アンケート

というように、アンケートやモニター募集など実施中です。
他にも「左ききでも使いやすいキッチンアイテム」の紹介などもあります。
(オクソー(OXO)が多いようですが、このメーカーの商品は左右平等思想に裏打ちされているようです!)

最近は、左手使い・左利きの情報を専門に扱うところが少なくなっています。

フェリシモ・左ききカタログのような左手・左利き用品を扱った商用サイトは増えていますが、
純粋に左手使いの人、左利きの人のための情報を中心に提供するところは余りありません。
それだけに、今後の展開が楽しみです。

「左きき友の会」なので、「左きき」中心になるのは、致し方ない面もあります。
それだけ冷遇されてきたという過去があるので、納得の部分もあります。

ただ突っ込んで言えば、右利きと左利きとの中間的な人もいます。
また、これからの時代は多様性の時代ですので、プラス・アルファとして、左側使用者への取り組みも必要でしょう。

できれば左利きだけでなく、左手使いの人・左側使いの人への視点も加味していただければ、よりベターかと思います。

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.23

週刊ヒッキイhikkii257 見えぬけれどもあるんだよ

◆編集後記(のようなもの)◆

-見えないものを大切に-

利き手について、生まれたての赤ちゃんには利き手はない、とか
生まれたときは右利き左利き半々なんだ、
それが右手を使わせることで右利きになるんだ、といったことをいう人がいます。

私は、そうではなく、利き手は生まれたときにはもう既に決まっている、と考えています。
遺伝が関係している、と。

まあ、遺伝と言いましても、右利きの遺伝子や左利きの遺伝子があるといった単純なものではなく、
引鉄になるものが遺伝するとでも言いましょうか。


右利きになるのは、
右利きそのものを選んだのではなく、右利きにつながる何かを選んだ結果で、
左利きになるのは、
左利きそのものを選んだ結果でも、右利きそのものを選ばなかった結果でもなく、
右利きにつながる何かを選らばないで、他の何かを選んだ結果かもしれません。


その辺の成因については、ともかくとして、
赤ちゃんの利き手です。

赤ちゃんには利き手がないように見えるだけで、実は利き手は決まっている、のです。

それはちょうどこんなものです。

通りすがりにビルの工事現場を見て、どんなビルが建つのか「見える」人はいないでしょう。
でもどんなビルになるのかは、あらかじめ決まっています。
設計図はできているのです。
それに従って建築中なのです。

子供の利き手も同じです。
設計図はできていて、それに従って成長してゆくのです。

それは見えないだけです。


金子みすゞの童謡詩「星とたんぽぽ」にあるように、

「見えぬけれどもあるんだよ、/見えぬものでもあるんだよ。」

―なんですね。

その見えないものを大切にしてほしい、と私も思うのです。

その見えないものが見え始めたときになって、親たちは色々と悩むようです。
その見えなかったものが、どうやら「左利き」だったりすると…。


でも、見えなかったものが見え始める、ということは、
その時、既に工事が本格化している、ということです。

そこで手を加えるということは、本来の設計を勝手に変更することになります。

隣りが15階建てになったから、うちも10階建てを15階建てにしよう、
あるいは20階建てにしよう、とするようなものです。

既に設計図通り基礎工事が済んでいるものに勝手に継ぎ足すのは、危険です。

もちろん安全率を多めに掛けているので問題ない場合もあるでしょう。
しかし、ダメな場合もあるでしょう。

うまくいけばいいのですが、ダメなときはどうするのでしょう?


それと同じことを、左利きの子供についても考えるのです。

アカデミー賞を受賞した映画『英国王のスピーチ』の例もあります。
重度の吃音に悩むジョージ六世は、
幼少時、左利きとⅩ脚を「矯正」させられた苦い体験が一因だった、と言います。


あるがままに子供の姿を受け入れるのが一番だと思うのです。

左利きというのは、身体的な性質です。
背が高いとか低いとか、やせ型とか太り型とか、血液型の違いとかと同じです。

この子背が低そうだからといって、
牛乳を飲ませたら、バレーボールやバスケットボールをでもやらせたら背が高くなる、
というものでもありませんよね。

それはそれとして受け入れるしかないのです。
それを認めることで、長所として活かしてやれば、「輝く」のです。


「矯正」の「矯」という字には、
「ゆがみを正す。ためる。」という意味のほかに、
「うわべをかざる。いつわる。」という意味もあります。

左利きの子に右手を使わせて、「右利きに矯正する」ということは、
右手を使うことを正しい作法とする昔の考えから言えば、「欠点を正す」ことです。
けれど、
左利きの子供から見れば、「うわべをかざって、自分をいつわる」ことでもあるのです。

「角(つの)を矯(た)めて牛を殺す」(小さな欠点を直そうとして、かえって全体をだめにする)
ということわざもあります。

たかが利き手です。
右でも左でもいいじゃないですか!

でも、されど利き手です。
右利きの子は右利きとして、左利きの子は左利きとして、
そして、その中間的な子はその中間的な子として、
自分らしく生きる道を進ませてあげたいものです。


★左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii★
第257号(No.257) 2010/4/23「見えぬけれどもあるんだよ」

※【本誌で取り上げた本】
『みすゞさんへの手紙』矢崎節夫/選 JULA出版局 1998.7.24

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.21

左手で(それらしい)字を書く方法(左手書字考)1ペンを持つ手の構え

【左手書字考】-左手で字を書くために(その3)-

左手で私自身左手で字を書く者として、左手でそれらしい(見栄えの良い)字を書く方法を色々と考えてきました。(※)

ここでそのまとめを画像を入れて紹介します。

以前から「画像を入れて説明して欲しい」というリクエストがありました。
希望に応えたいと思いつつも、なかなか手ごろな、他人様に見せられるような画像を作れず、延び延びになっていました。

できれば、写真よりも図解する方がわかりやすいと思うのですが、まずは手始めとして、この程度の写真で申し訳ないのですが、スタートとします。


従来、左手で字を書く場合の大きなマイナス・ポイントとして言われてきました点は、主に以下の三点ではないかと思います。

(1)現行規範に則った書き方(*1)では、横画が左から右へ「押す」形になり、ペン先が引っ掛かるなど、書きにくい。
   (右手では、スッと「引く」形で書きやすい。)
(2)きれいとされる文字の形(*2)が、右手で書く時の癖を反映したものであるために、左手でまねにくい。
(3)文字は左から書く規則になっている(*3)ので、書いた文字が手で隠れることもあり、全体のバランスが取りにくい。

注(*):
(*1)現行規範に則った書き方
 =書道や学校書写の授業等で示される、運筆の規則や筆順(書き順)等に従った書き方。
(*2)きれいとされる文字の形
 =右上がりの横画や右手書きに合わせた筆順からくる筆勢によるお手本の文字の形など。
(*3)文字は左から書く規則になっている
 =(1)に書いたように、横画は左から右へ引く。
  漢字を書くときは左の偏から右の旁に進む。
  横書きの文章は左から右へ綴る。


これらのポイントを克服することができれば、大きな前進になると考えられます。

そこで、私が長年の左手書字経験(*)から導き出した書き方をこれから紹介してゆきます。
(*:左利き歴50数年、左手書字歴50年超、左利きライフ研究歴20年超。)

 ・・・

まず第一回目は、ペンを持つ時の手の構えについて考えてみます。

1・ペンを持つ手の構え

簡単に説明をしておきます。

(A)リスト・レストを使用する例 

―画像[1]
110411_lhw_motikatarei_wrist_rest_s


 ―リスト・レストを使うことで、
  手首から先を自由に動かすことができるようになります。
  画像では、マウスに付属していたものを利用しています。

  これは本来、てのひらを伏せて、その上に手首を乗せて書く
  書道でのやり方を踏まえたものです。

  これでかなり可動範囲が広がると思います。
  ただリスト・レストをその都度移動させなければいけない、
  という欠点があります。

(B)支点は二つ(小指の第一関節先側面とてのひらの角) 

―画像[2]
110411_lhw_motikatarei_siten_orei


 ―字を書くとき、てのひらの側面全体をつけている人がいます。
  これは、手の動きが制限されます。
  また、横書きの際、書いた文字の上をこすり、
  手や字が汚れる可能性が高くなります。

  手首の関節を内側にひねり、小指の第一関節の先側面
  てのひらの角の出っ張りの部分で支えるようにします。
  てのひらの側面は浮いています。          

―画像[3]
110411_lhw_motikatarei_o_c


  こうすることで、手全体の動きが良くなり
  書いた字の上をこする率も減り、手や字の汚れが軽減します。

  最大の長所は、
  正面から見たときのペンの角度が垂直に近くなり
  左から右への動きに対して、
  ペンが紙面に突き刺さるような角度にならないで、
  横に滑らせるような感じになり、書きやすくなります。 

―画像[4]
110411_lhw_motikatarei_o_f_c


  てのひら側面をベッタリつけた状態でペンを持ちますと、
  ペンの角度がどうしても左上から右下への角度(\)
  になります。
  これでは、どうしても左から右への横画を書くときに、
  ペン先が引っ掛かりやすくなり、書きにくくなります。 

―画像[5]
110411_lhw_motikata_xrei_f_c


※ 参照:
2017.4.29 左手で(それらしい)字を書く方法(左手書字考)2ペン(筆記具)の持ち方

・『レフティやすおのお茶でっせ』カテゴリ:左手書字

~『左利きを考える レフティやすおの左組通信』~(2016年11月廃止)
<私論4> 左手で字を書くために
<私論4> 左手で字を書くために(その2)実技編

「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信メールマガジン)」
第253号(No.253) 2010/3/5【左手書字考】(2)左手で字を書くこと「左利き/左手書きは字が汚いか?」

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.08

メルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』再開

4月2日より、東日本大震災でお休みしていました、
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』を再開しました。

第254号(No.254) 2010/4/2「特別編・左利きの活動はちっちゃいことか?」

今回は特別編として、この大震災のような危急の時期に、
左利きの問題と取り組むことはどうなのか、
という疑問を持ち悩んだ点について、私なりに考えたことを書いています。

3月30日の「ブログ・メルマガ再開のお知らせ」のなかでも書きましたように、
人それぞれ当事者であるところの、自分の思うところのものと取り組んで行くことが、
それぞれの道ではないか、と思います。

被災した人は被災した人なりに、被災しなかった者は被災しなかった者なりに、
自分でこれはと思う道を進んでゆくことが大切ではないか、と思います。
もちろん、手が足りない時、手が届かない時には、お互いに助け合うことは、当然のことですが…。

私はやはり、左利きの問題と今まで通り取り組んで行こうと思います。

プラス何かできることがあれば、このたびの震災についても、微力ながらできる範囲のことをしたいと考えています。

では、これからもよろしく!

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.07

メルマガ『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』再開

110328miyazawakenji

3月31日より、東日本大震災でお休みしていました、
古典の名作名著と読書について書いているメルマガ
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』を再開しました。

2011年3月31日号(No.54)-110331-特別編 宮沢賢治の詩「永訣の朝」

今回は特別編として、大震災でお亡くなりになられた方々を思い、
東北の代表的な詩人・童話作家、宮沢賢治の詩
―最愛の妹を喪った際に綴った「永訣の朝」の一部と、
生き延びた人々、および日本に住む人々へのエールとして、
サミュエル・スマイルズ『自助論』からの言葉を、
この大震災に対する、私なりの気持ちとして紹介しています。

今後は、従来通り月二回の発行を続けます。
よろしく!

※「別冊 編集後記」~『レフティやすおの作文工房』~
3.31 特別編 宮沢賢治の詩「永訣の朝」
―第54号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」


『もう一度読みたい 宮沢賢治』別冊宝島編集部/編 宝島社文庫 2009.4.18
サミュエル・スマイルズ『自助論』竹内均/訳 三笠書房・知的生きかた文庫(2002)

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.03

…それでも春は来る:我が家編

110403wagaya_no_haru_2


大震災の三月から希望の四月へ。

まだまだ北の方は肌寒い今日この頃かもしれません。
でも春は来ています。
もうしばらくの辛抱です。

まずは我が家の春を見ていただきましょう。

画像は、左上が3月5日に咲いたクロッカス、右上は3月14日のパンジー(これはずっと咲いています)
左下は3月22日のヒヤシンス、右下は3月25日に収穫したブロッコリーです(これは植え付けが遅れたので今頃です)。

少しは春を感じていただけたでしょうか。


自然は、時に鋭い牙をむくけれど、こういう安らぎ恵みも忘れてはいません。

希望を失わず、種をまき続ければ、きっと花も咲き、実もなることでしょう。
その日を信じて待ちましょう。


金子みすゞの童謡詩から―

「四月」

 新しいご本、
 新しいかばんに。

 新しい葉っぱ、
 新しいえだに。

 新しいお日さま、
 新しい空に。
 
 新しい四月、
 うれしい四月。

 『金子みすゞ童謡集 このみちをゆこうよ』
  矢崎節夫/選 JULA出版局
(1998)より

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »