« February 2011 | Main | April 2011 »

2011.03.30

ブログ・メルマガ再開のお知らせ

以前お知らせしましたように、3月11日の東日本大震災後、しばらく不要不急のブログ更新、メルマガの発行をお休みしていました。
被災地の状況は、依然震度4以上の余震が続き、福島第一原発も改善の見通しが立たない状況です。
復旧も長期戦になりそうです。
しかし、徐々に進みつつあることも事実です。

かかる状況において、日常への復帰は、非常に重要な要素となります。
特に被災しなかった地域こそ、いち早く元気を取り戻し、
復興への確かな足掛かりを作る義務があると思います。

わがホームページやブログの閲覧状況を見ましても、21日以降徐々に回復傾向にあります。
11日を境に半減、日ごろの40-50%程度に落ち込んでいました。
それが、21日以降は、三分の二、60-70%程度に回復しています。

都道府県別が判明する分について見てみますと、
まだまだ東北北関東といった被災地からの閲覧は少なく、せいぜい日に1件あればいい所です。
しかし、皆無ではありません。

よって、少しずつ更新発行を進めていこうと思います。


「左利きの問題と取り組む活動は私のライフワーク」と宣言してきた私です。
ところが、このような非常事態を前にしますと、
「人間としてもっと他にやるべき重要なことがあるのではないか」、
「左利きの問題などは、昔右利きの人に言われたように《右手を使ば済む問題》ではないのか」、
「自分はちっちゃいことにこだわるだけの非常にちっちゃい人間ではないのか」、
と悩み、落ち込んだ時期もありました。

しかし、左利きの問題は、現実に私が取り上げなければ、
多分、他には誰も取り上げない問題であるのかもしれません

19世紀アメリカの文学者・思想家、H・D・ソローは、
「市民の反抗」(飯田実/訳『市民の反抗 他五篇』岩波文庫 p.22)の中でこう書いています。
 

《言うまでもなく、それがいかにけたはずれの不正であろうと、不正の根絶に献身することが人間の義務だというわけではない。ほかにもさまざまなものに関心をいだいて、いっこうにさしつかえないのだ。》

「不正」を「災害」と置き換えてもよいでしょう。
各自自分の考えに基づいて、やらなければと思うことをやればよい、ということです。

ただし、この後に、こういう条件を付けています。
 

《しかし、少なくとも不正には関与しないこと、また、今後不正を犯す気がないならば、実際に不正を支持しないようにすることは、明らかに人間の義務である。》

「災害」を発生させたり、拡大・助長したりしないこと、「災害」を見過ごさないこと、
これは人間の義務だ、ということでしょう。
(どっかの週刊誌―"天下の大A新聞"出版のA誌―のように、
売らんかな、とばかりに―としか思えません―
人の恐怖心をもてあそび、
風評被害を与えるようなショッキングな表紙や惹句を付けるバカ者にはなるな! ということです。)

また、こうも書いています。
 

《私が他の仕事や思索に専念する場合、私は少なくとも他人に負担をかけていないことを、まず確認しなくてはならない。私はまず他人の負担をとり除いてやり、彼のほうでも思索に専念できるようにしてやらなくてはならない。》

私も、今回の災害に関して、
自分自身が被災地に出かけ、直接援助の手を差し伸べる仕事に関与する立場であれば、
当然それをしなければならないでしょう。
しかし、幸か不幸か、私はその立場になく、
今私に直接できる援助といえば、せいぜい募金ぐらいでしょう。

常日頃から自分のしてきたことを継続することが、
結果的に間接的ではあっても、被災地の方々の支援にもつながるのではないかという
気がします。

というわけで、ボチボチですが、日常に復帰し、被災地を日本を後方支援したいと思います。
よろしく!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.03.13

東日本大震災の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます&今週のメルマガ休刊のお知らせ

皆様ご存知のように、2011(平成23)年3月11日、
東北関東を中心に大地震、大津波という大災害が発生いたしました。

私の住む大阪府東大阪市でも、長い横揺れがありました。
2時50分ごろと3時15分ごろと大きく二度。
その後も小さな揺れを感じました。

幸いこちらの方は、これといった被害もなく、平穏に過ごしています。

 ・・・

東日本大震災(東北太平洋沿岸地震?)の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災者の皆様方が
一日も早く新たな出発ができますように、
心からお祈り致しております。

また、不幸にしてお亡くなりになられました方々に心より哀悼の意を表します。

 ・・・

諸般の事情にかんがみ、
当面、不要不急のメルマガの発行を一時見合わせたいと思います。

今週発行を予定していました『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』『楽しい読書』はともに休刊致します。

ご了承ください。


今こそ日本に住む人々の良いところを大いに発揮し、この苦難の時を乗り越えましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.03.04

新社会人奮闘記ラノベ 渡瀬謙『新入社員ヒロと謎の育成メールの12ヵ月』

110304hiro12


(画像:集英社出版物折込チラシ)

★最初にグッときた言葉―

「プレゼントというのは、相手がビックリするくらいじゃなきゃ意味がないのよ」
p.42

渡瀬謙『新入社員ヒロと謎の育成メールの12ヵ月』集英社(2011.3.4)

まずは表紙を見てほしいですね。
ラノベ(ライト・ノベル)でしょ?
こういう表紙って、まあ、『もしドラ』以来のやり方と言ってもいいのでしょう。

集英社のビジネス書の一冊で、ビジネス系の自己啓発ラノベなんです。

出版社さんのこの本の売りとしては、
 

《仕事もマナーもダメダメ新入社員のヒロだが、
 昼夜を問わず届く謎の携帯メールが、
 ビジネスマンとしての心得、考え方のヒントを与えてくれる。
 涙と笑いでつづるサラリーマン自己啓発ストーリー。》

―ってことになってます。

実際に見た本屋さんでの風景は―
新刊や話題の本を並べているところの平台に、女の子のイラストが表紙の『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』岩崎夏海(ダイヤモンド社 2009.12.4) と『新人OL、つぶれかけの会社をまかされる (青春新書PLAYBOOKS)』佐藤義典(2010.9.29) と一緒に3冊ぐらい並べてありました。

アマゾンでもそうですが、全般にビジネス書扱いのようですが、元・町の「本屋の兄ちゃん」としては、どの棚に置こうかちょっと迷います

普通は、小説―文芸書の棚です。
でも、ビジネス書の棚に置いてみるのもいいかも

二冊以上あれば、分けて置いてもいいのですが、一冊だと迷います。
一か八か賭けてみるしかないですね。

文芸書の棚の方がより広く多くの読者の目に触れます。
一方、ビジネス書の棚に置くと、キャリアの向上を目指す人や新人教育に関わる人などの目には触れるでしょうけれど、一般の大学生や新社会人がそういう人ばかりとは限りません。

私の本屋感覚では、あくまでもラノベ扱いでいい、と思っています。
ビジネス書の棚に置いてもいいけど、ね、って感じで。

私が著者なら、主に新社会人に読んでもらいたい、って気持ちだと思うのです。
そこでわざわざ3月の初めに出しているわけでしょう。

新人教育担当者なども照準に入っているかもしれませんが、メインはそっちでしょう。

それなら、文芸書でいいと思います。


ジャンル分けの話が長くなりました。
本題に入りましょう。

作者は、ビジネス・ライターとして10冊ほどの実績のある人で、

 ◆「しゃべらない」営業の三著
営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく
「しゃべらない」営業の技術 (PHPビジネス新書)
誰よりも売る! アポ取りの達人【法人営業編】 口ベタでも無理なく話せる

 ◆“内向型”三部作
“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール
内向型人間の人づきあいにはコツがある
内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!

異色の本もあります。↓

左利きの人々 (中経の文庫)


本書は、初めて書いた小説です。

小説としての評価でいいますと、まだまだです。
「新入社員の一年間を追い、その成長ぶりを描く」という枠組みがあるので、書けたんじゃないかなあ、と思います。


新人教育のためのビジネス本を書くために集めた資料を基に、大学生へのリサーチなども実施した上での執筆で、紆余曲折あっての作品だそうです。
それゆえか、
ストーリイは面白く、キャラクターも「いかにもこういう人いそう」と思わせ、結構イケてるのです。

だからスイスイ読んでしまいます。
それなりにカタルシスも得られます。

そうそう、これは触れておかなきゃいけないのでしょう。
新入社員としてのビジネスに取り組む姿勢ですとか、ビジネス・マナー的な知識も副産物として得られます


ただ、やはり小説としては処女作で、3年かけたとはいえ、まだまだ深みに欠けます。
だから私の中では、ラノベ扱いしています。

ストーリイの運びにしても、キャラクターの使い方にしても、時に唐突感があります
悪く言えば、梗概を読まされている?

描写が平凡です。
極端に言えば、説明だけで終わっています
この人らしいオリジナル感がありません。

文章も細部まで神経を配る必要があります。
これからもっと勉強して欲しい、といったところです。

小説は一行で、東京スカイツリーも建てられます。
一瞬で世界を滅亡させることもできます。
それだけに説明を越えたリアリティーを持った描写が必要ではないでしょうか。

とりあえず『ミステリーの書き方』(日本推理作家協会/編著 幻冬舎)でも薦めておきます。
小説の書き方の基本を学べます。
実作で詰まった時にも役に立つでしょう。


別に純文学を書け、というわけじゃないのです。
直木賞を狙うにしても狙わないにしても、第二作を書くためには、今一つレベルを超えないと…、という感じがします。


ただ、初のチャレンジでいきなり完成作を書けたこと自体が素晴らしいことなので、その点は大いに褒めたいと思います。

ラノベの新人なら充分と言えます。
そこで満足しないで、もう一歩踏み出してください
第二作が勝負です。


内容ですが、基本、小説ですので、重要な点にはあまり触れたくありません。

ただ、失敗続きの主人公を見ていると、私自身のことが思い出されます
失敗したことが数珠つなぎで思い出され、正直、落ち込んでしまいました。

特に、彼の失敗の責任を取らされてクビになったりトバされたりした担当責任者の上司のことに、彼が思いを致す場面では思わず涙が…。

まあ、最終的には、立派に社会人一年生を卒業して、新人を迎える立場になるのですが…。

改めて良くできたストーリイだと感心します。
―と、書いて締め括って置きましょう。

(2011.3.6 追記:初稿が気に入らないところがありましたので、一部書き直しました。)

左利き仲間で友人・渡瀬謙の著書についての記事
(◆印:ビジネス書/□印:口ベタ・あがり症の“内向型”営業マンのための営業本)
◆2013.3.7 渡瀬謙『元リクルートNo.1の 日本で一番"効率"のよい営業法 このムダをなくすだけで、グングン売上が伸びる!』
◆2012.5.23 小さな努力で大きな効果:渡瀬謙『あなたの評価をガラッと変える たった3秒の声がけ習慣』
◆□2012.2.26 克服ではなく付き合う姿勢で:渡瀬謙『「あがり症営業マン」がラクに売るための6つの習慣』
・2011.12.31 雑学文庫フェアで『左利きの人々』が…
◆2011.7.13 渡瀬謙の新刊『相手が思わず本音をしゃべりだす「3つの質問」』届く
◆2011.6.10 流れ星に願い事…渡瀬謙『たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法』
◆【渡瀬謙/監修『毎日役立つ!もう悩まない!!即効ビジネスマナー』日本文芸社2011.1】
・2011.5.19 週刊ヒッキイhikkii260左利き教本について考える(2)おさらい
◆2011.3.4 新社会人奮闘記ラノベ 渡瀬謙『新入社員ヒロと謎の育成メールの12ヵ月』
◆□2010.6.28 実践で学ぶ本、渡瀬謙『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』
◆□2010.6.18 渡瀬謙の新著『“内向型”のための雑談術』届く
◆□【『内向型人間の人づきあいにはコツがある』大和出版】
・2009.12.12 今週の週刊ヒッキイ―第201号「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」
 ★左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
第201号(No.201) 2009/12/12「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」
 <特別編>原点に戻って―最初につまずかないこと または、左利き人間の生き方にはコツがある
◆□2009.3.4 お知らせ:友人渡瀬謙の新著「内向型営業マンの売り方にはコツがある」
2008.12.29 左利き本の新刊『左利きの人々』渡瀬けん著

--
※本稿は、レフティやすおの他のブログに転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.03.03

第5回<LYグランプリ>2011発表:週刊ヒッキイhikkii252

100701dfl


(画像は、「DESIGN for LEFTY」展パンフレット)

今週号から、プチ・リニューアルしました「週刊ヒッキイ」
もう週刊ではなくなるのかと思いますと、ちょっとさびしい気がします。

でも、仕方がないのです。

結構しんどいのですよ、これでも。
モチベーションの維持が、ね。

金銭的な見返りでもあれば、また違うのでしょうけれど、無料ですから。

読者の反応があってこそ、成り立つのです。

正直に言えば、声なき支持者は、いないのと同じです。

フレドリック・ブラウンの短編に「聞く人のいない場所で発生した音は、鳴ったのか」といった命題について書いたものがあります。
まあ、そういったものです。

基本的には、私の力不足でしょう。
誌面充実に失敗、読書のニーズに対応しきれていない、その他色々原因はあるのでしょう。
もう一つは新規の読者の獲得ができていない、という問題があります。

“卒業”する読者に変わる新規の読者を得る努力ができていない、ということです。


というわけで、来月からは、月二回の発行になります。

その分、その他の分野にもちょっと力を注いでみようと考えています。
よろしく!

 ・・・

無料メルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信メールマガジン)」2月26日発行第252号は、
「第5回<LYグランプリ>2011」結果発表」

2月10日「左利きの日グッズの日」(レフトの日)を記念して、前年最も活躍した、話題になった左利きの人物/左利きに関わる人・物・事を顕彰する「LYグランプリ」、その第5回「LYグランプリ」2011の発表です。

2月10日に締め切る予定でしたが、投票が進まず、二週間延期しました。

しかし、結果は振るわず…。
詳細は、以下 ↓ の本誌で。


・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
第252号(No.252) 2010/2/26「第5回<LYグランプリ>2011」結果発表」

─目次―
「第5回<LYグランプリ>2011読者大賞・審査員大賞 発表

☆━━━…‥・ ☆━━━…‥・ ☆━━━…‥・ ☆━━━…‥・

※【本誌で取り上げた本ほか】
・『絶対うまくなる!ボウリング初心者もアベレージ180を出せる』小原照之、五十嵐久乃/監修 主婦の友社 セレクトBOOKS(2010.2)
・左右両用ペン型ハサミ レイメイ藤井「ペンカット」ブラック


◆登録(無料)及び解除(配信中止)は、こちら、「最新号」は、こちら

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.03.02

チュートリアル徳井義美は左目利き!?

110228ktvboken

(画像は、「冒険チュートリアル」HP)

2月28日夜7時から関西テレビKTV放送の「冒険チュートリアル」の「雑学ツアー」で、
徳井義美さんが、ゲストたちと城崎温泉の射的屋で対決していました。

その時、銃を持つ手は右でしたが、狙いをつけるためにつぶった目は右

そうなんです、徳井さん、左の目で的に狙いをつけていました

左目利きなんでしょうか!?

証拠としてビデオでもあればよかったのでしょうが、惜しいことです。
でも、絶対左でしたよ。


利き手と利き目が異なる人っていうのも、結構多いものです。
利き手と利き足が違うって人も。

三人に一人ぐらいはあるようです。

利き目に関しての調査では、右目利きが60-70%と言われています。
(ちょっと古い本ですが、1989年『右利き・左利きの科学』前原勝矢著 講談社ブルーバックス「第5章利き眼について」による)

また利き目と利き手には相関関係があるそうです。(同)


利き手と利き目が同側にあるほうが都合がよい、といわれています。

上の射的のようなライフル銃で撃つ場合でも(他にも、ダーツとかアーチェリーとか)、腕を前方にまっすぐ伸ばしたとき、利き目と肩-腕-手-指とが同一直線上にあると照準がつけやすいでしょう。

ところが、利き目と利き手が逆の体側である場合は、利き目と銃を持つ肩のあいだにずれが生じ、照準しにくくなります。

もちろん、本人は生まれたときからそういう条件下にあったでしょうから、それなりに順応しているのかもしれませんが…。


利き目の調べ方については以下で ↓

『左利きを考える レフティやすおの左組通信』<左利きプチ・アンケート>
第14回 貴方の利き目は右左どちらですか
第49回 新版・利き目は右左どちらですか?

--
※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載しています。
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »