« 開ける不便さブログ | Main | ただいま充電中! »

2006.02.26

クリストファー・プリースト『魔法』

爆弾テロに巻き込まれ負傷した報道写真家リチャード・グレイは、リハビリ中。記憶喪失に陥り、事故以前数週間の記憶がない。そこへスーザンという元ガールフレンドという人物が現れる。
彼は恋におち、彼女との会話と催眠療法のおかげで、徐々に記憶を取り戻すのだが…。

スーザンをめぐる奇妙な三角関係の物語の行く末は…?

クリストファー・プリースト『魔法』古沢嘉通訳 ハヤカワ文庫FT(FT378) 2004(平成16)
1995年刊早川書房<夢の文学館>の文庫化(訳文改稿) 原著1984,85年刊(85年再版による訳書)


まさに魔法の物語。
一転二転する物語における真実とは…。

とにかく読んでください。としか言えない。
ストーリイを紹介することはたやすいのだが、それでは多分何も伝わらないと思う。

第一部から第六部まで記述の視点となる人称を変え、この不思議な物語は語られる。
リチャードの視点から見た物語、スーザンの視点からの物語、三人称で語られる章…。
どれが真実の姿を映しているのか、まさに魔法の雲に包まれたようなストーリイである。

書名である「glamour(グラマー)」という言葉に多くの意味が込められている、という訳者と解説の法月綸太郎各氏のお話の通りであろう。

ジャンル的には、SFともファンタジーともメタ・フィクションとも言えそうで、記憶喪失を扱ったミステリとも言える。まあ、無難にいえば奇想小説と呼ぶのが一番ふさわしいのかもしれない。

とにかく、おもしろかった。

次はいよいよ、評判になった『奇術師』を読んでみよう!


|

« 開ける不便さブログ | Main | ただいま充電中! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外ミステリ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/8852957

Listed below are links to weblogs that reference クリストファー・プリースト『魔法』:

« 開ける不便さブログ | Main | ただいま充電中! »