« クツワSTAD左手用・左利き用文具 | Main | そして誰もが左利きだった?「停電にご用心」鮎川哲也 »

2005.10.21

JSCジャパン・サウスポー・クラブのサイト消滅

JSCのサイトが消滅しています。九月の下旬か、末頃に消えたようです。

JSCと言っても、日本SOHOセンター(JAPAN SOHO CENTER)でも、日本時間生物学会(Japanese Society for Chronobiology)でも、日本サイドカー連盟(japan Sidecar Community)でも、日本映画撮影監督協会(Japanese Society of Cinematographers)でも、 JENサポータズクラブ(JEN SUPPORTERS CLUB)でもありません。

Japan Southpaw Clubです。ジャパン・サウスポー・クラブ、左利きの会です。

ついこの間までは、Yahoo!Japanの登録サイトでも「生活と文化 > 文化、民族、集団 > 左ききの人」で登録されていました。(今でもJSC設立者の「Takeshi」さんのサイトは上っています。)
キャッシュにも「Japan Southpaw Club(JSC)が運営する左利きのコミュニティです。/左利きの方はもちろん、左利きに興味のある右利きの方もお楽しみください!」というホームページが残っていました。

しかし、今はもうURL(http://www.webee.co.jp/southpaw/)に行っても「ページが見つかりません」と出ています。

もうかなり以前(二年半ぐらい前?)からホームページは更新されないまま放置されていました。外部からの掲示板などの書き込みはできましたが、休眠(仮死?)状態でした。

しかし、ML(メーリング・リスト)はそれなりに機能して、たまには新たな会員登録もあり、会員間のやり取りで少しは盛り上がることもありました。
こちらもコクヨの「レフティマウス」が最期のやり取りになりました。

しかし、これらもついに消えてなくなりました。

1996年9月くらいに始まったというJSCですから、丸10年ということになります。
今ほどはネットが一般的ではなかった時に、ネットを使った活動により、広く人を集め、一時期かなりの活動を行ったというのは、日本の左利きの歴史にとって画期的なことでした。

1999年にはJSC公認の『おいしい左きき』造事務所編著(イーハトーブ出版)という本も残しています。

これだけブログが発達し、新たなネット活動の時代に入った今日この時期に消えてゆくというのは、それなりに感慨深いものがあります。

役割を終えたということでしょうか。

一方、新しい芽も出てきているようです。

これからはgreeやmixiといったコミュニティの時代なのでしょうか。
そして、ブログを通して個別に思いのたけを発信する時代になったのでしょうか。

それにしても―ひとりぼっちでそっと悲しみに耐える、左利きで泣かされた時代はもう終わりになる、(あるいは)なった、のでしょうか。

「サウスポークラブには左利きの社会に対する偏見と不具合について、うんぬんかんたら色々書いてあるんですが、私としては特に左利きだったからといって差別されたり偏見持たれたりした経験はありませんね。/逆に、「アーティスト思考だ、俺はー。」なんて喜んでる始末で。/時代が変わったんでしょうね。」
といった意見の人も少なくない時代です。

※参照:rezoomic blog: Japan Southpaw Club

(それでもね、あえて言いますが、それはうわべだけのことです。「あなたがた」に見えてないだけのことなんですよ。本質は変わっていません。まだまだ、ね。その辺をしっかりと見つめて欲しいのですが…。これ以上はまた別の話になりますので、置いておきます。―老婆心、ならぬ老爺心より)

とりもなおさず、ひとつの時代が終わったという印象です。
JSC関係者の皆様、お疲れ様でした。

※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載して、gooブログ・テーマサロン◆左利き同盟◆に参加しています。

|

« クツワSTAD左手用・左利き用文具 | Main | そして誰もが左利きだった?「停電にご用心」鮎川哲也 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

左利き」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

Comments

TBありがとうございます。

自分はポジティブで天邪鬼な性格なので、マイノリティな存在で居る事が嬉しいんですよね。

確かに、「ぎっちょ」と言われたり、ゴルフで左利きクラブのレンタルが無かったり、公共機関でのボールペンの紐が短かったり、色々と不便で偏見?な経験は多々ありますが、それについて悲観的に考えたことは一度もありません。

ぎっちょと言う人には「みぎっちょ」と返すし(的外れ?)、左利きクラブのレンタルが無ければ今日はパターの練習をするし、ボールペンの紐が短かったら、どうやって体をよじらせて上手に書いてやろうかと苦心するのが楽しかったりと・・・まぁ、変わってるのかもしれません、自分。

むしろそれより、左利きだからとサッカーで重宝される方がよっぽど嬉しく、不便に思っていた部分なんて小さなものだと感じてしまうんですよね。

もしかしたら、やすおさんの仰るとおりに、まだまだ自分はうわべの部分だけしか見ていないのかもしれません。ただ、本質と呼ばれるものを見た所で、特に自分の考えが変わるものだとも思えません・・・というのは若さ故の驕りでしょうか・・・。

だって、明らかに左利きの方が"カッコイイ"じゃないですか。
人と違った人間の方が、楽しいヤツが多いじゃないですか。

Posted by: tuttin | 2005.10.22 at 10:32 AM

tuttinさん、丁寧なコメントありがとうございます。

すばらしいご意見です! ポジティヴで爽快な気分になります。
心からうれしい考え方です!
それでいいんですよ。私も大賛成です。
私も個人的には、かなりピノッキオです。

ただ、人には個人的な部分と社会の一員としての役割とがあると思います。

たとえば、ここに段差があるとします。
段差にけつまずかぬようにふだんから身体を鍛えておこう、というのが個人的な生きかた、心の持ち方で、まっとうな考えです。
一方、段差のないバリアフリーな社会にしてゆこう、というのは社会的な問題意識を持った、社会の一構成員としての義務だと思います。

そういう両面を持つべきである、と考えます。

で、年をいくと一センチ以下のちょっとした段差でもけつまずきます。
こういうことは当事者か、その周りの人でないとわかりません。

同様に、左利きの人の悩みであるとか、不便さというものは当事者でないと気付かぬことが多いのです。

偶然自分がその中にいる当事者なら、自分自身の体験を通して理解したこと、発見した事実などをきちんと発言して周囲に伝えることが、社会の為であり、自分にとっても大切なことではないでしょうか。

自分がこの世で最期の左利きなら、自分ひとりのことですから、自分の問題として解決できれば、それでよいのです。しかし、実際にはこれからも左利きの人はこの世に何人も現れるのです。その人の為にも、目の前のゴミぐらいは拾っておきたい、と私は思っています。

Posted by: | 2005.10.23 at 02:50 PM

あわてていたので、先のコメントに名前を入れ忘れました。当ブログのレフティやすおです。
本文と少しかみ合わない部分もあるようですので、もう一言付け加えると―

個人的な立場とは別に、マイノリティの当事者なら、当事者として、当事者ならではの視点で、社会性を持って現状をしっかり見つめて欲しいな、ということです。
当事者でなければわからないマイノリティの立場というものもあるのですから。
そして、それは当事者がしっかりと発言してゆかないと、認めてもらえない場合がある。
「知らないこと」イコール「存在しないこと」、とされてしまいかねないのです。

まあ、マイノリティでなくとも(ただし、マイノリティなら特に)、ひとりの人間として、そういう社会的にものごとを考える習慣を持って欲しい、ということです。

Posted by: レフティやすお | 2005.10.23 at 11:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/6506724

Listed below are links to weblogs that reference JSCジャパン・サウスポー・クラブのサイト消滅:

» JSCジャパン・サウスポー・クラブのサイト消滅 [レフティやすおの新しい生活を始めよう!]
JSCのサイトが消滅しています。九月の下旬か、末頃に消えたようです。 JSCと言っても、日本SOHOセンター(JAPAN SOHO CENTER)でも、日本時間生物学会(Japanese Society for Chronobiology)でも、日本サイドカー連盟(japan Sidecar Community)でも、日本映画撮影監督協会(Japanese Society of Cinematographers)でも、 JENサポータズクラブ(JEN SUP... [Read More]

Tracked on 2005.10.25 at 10:53 PM

« クツワSTAD左手用・左利き用文具 | Main | そして誰もが左利きだった?「停電にご用心」鮎川哲也 »