« そして誰もが左利きだった?「停電にご用心」鮎川哲也 | Main | メルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイ第5号エディンバラ利き手調査」発行 »

2005.10.29

左利きで生きるには 第4号「左利きの良いお手本を」発行

報告が遅れています。
メルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信 メールマガジン)』の 第4号(No.4) 2005.10.22「左利きの良いお手本を」を22日に配信いたしました。

─目次―
▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ―隔号掲載―
 ―その7― 左利きの良いお手本を
■マイ・ファースト・レフティ・グッズ■
 ―私の最初の左利き用品― (読者のお便り募集)

*
今回は14キロと少し減量できました(前二号は15k,19k)。
残念ながら、発行部数は変化なしの86部。

なかなかむずかしいものです。
早々右肩上がりで増え続けるというわけではなさそうです。
宣伝の機会も特にありませんでしたから、致し方ないと思います。
それより減らないだけでも良しというべきかもしれません。

私のメルマガは、読者を選ぶのではないかと思っています。ホームページやウェブログ同様、一部の人には受け入れられても、そうでない人にはちょっと重いと感じられるかもしれません。
ホントはそうでもないと思うのですが、どうでしょうか。

*
目次にもありますように、今回は、このブログでもご好評?をいただいている「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ」のメルマガでの再開の実質第一弾です。
前回第二号の「このシリーズについて」は、過去六回分の総復習的な説明でしたから。

このブログ「お茶でっせ」で昨年末から始めたシリーズですが、前回「その6・左利きの子にやさしい環境を整えよう」は、2005年6月4日に発表されました。その後しばらく途絶えていましたが、ひとつにはこのメルマガへの移行という含みもありました。
この度晴れて再スタートとなりました。

「―その7― 左利きの良いお手本を」では、左利きの子供さんへのお手本の示し方を取り上げました。
親御さんの愛情のこもったお手本こそ、もっとも良いお手本になる、と私は信じています。
根気良く教えてあげて欲しいと思います。

▼次号案内▼
 第5号(No.5) 2005/10/29 発行予定
  「あなたは本当に左/右利き?」
内容:
 ▲レフティやすおの左利き実用講座▲ ―隔号掲載―
  利き手調査の結果から利き手/側を分類する
右利き・左利きという単純な二分法が左利き、および利き手の理解を妨げているのではないか、という私自身の疑問に基づき、利き手の分類法を考えてみよう、という試みです。
あなたは本当に左/右利きなのでしょうか?
(※都合により、次回に順延します。第5号は「エディンバラ利き手調査」の紹介です。)
 ・<左利きプチ・アンケート>
  第22回 エディンバラ利き手テスト

▼バックナンバーの閲覧▼
「まぐまぐ」(バックナンバー)のページ
・『左組通信』の「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

ご登録がお済みでない方は是非この機会にご登録をお願いいたします。

また、「もうええわ」とどうしても登録解除(配信停止)をお望みの方も下記より、登録・解除のページにお進みください。

●読者登録の解除(配信中止)はこちら●
「まぐまぐ」のページ
『左組通信』の「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

※メルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」は、『まぐまぐ!』から発行しています。

※本稿は、gooブログ「レフティやすおの新しい生活を始めよう!」に転載して、gooブログ・テーマサロン◆左利き同盟◆に参加しています。

|

« そして誰もが左利きだった?「停電にご用心」鮎川哲也 | Main | メルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイ第5号エディンバラ利き手調査」発行 »

左利き」カテゴリの記事

左利きメルマガ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/6721983

Listed below are links to weblogs that reference 左利きで生きるには 第4号「左利きの良いお手本を」発行:

« そして誰もが左利きだった?「停電にご用心」鮎川哲也 | Main | メルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイ第5号エディンバラ利き手調査」発行 »