« レフティやすおの左組通信 一周年 | Main | 11回アンケート投票結果:「利き手(左利き)の矯正」という言葉をどう思いますか »

2005.01.11

『探偵学入門』マイクル・Z・リューイン

マイクル・Z・リューイン『探偵学入門』THE RELUCTANT DETECTIVE AND OTHER STORIES (2001) 田口俊樹・他訳 早川書房 ハヤカワ・ミステリ 2004年刊


私の好きな作家イギリス、バース在住のマイクル・Z・リューインの初の短編集。全21編収録。

リューインの本は、"問題解決犬"ローヴァーの連作短編集『のら犬ローヴァー町を行く』2004.03.25、やパウダー警部補シリーズ第3作『男たちの絆』 2004.09.24 を紹介してきました。

今回は、まだリューインをお読みでない方には、ちょうど良い入門書となるでしょう。
今好調の〈探偵家族〉ルンギ一家ものが6本、パウダーもの1本(日本人女性が登場します)、ローヴァーものの中から最もミステリっぽい作品1本、副大統領ダニーもの2本、さらに新キャラクター、ハードマンもの1本、などシリーズ・キャラクターも勢ぞろいで、それ以外にも単発のおもしろい作品が並んでいます。

シリーズ・キャラクターでもれているのは、デヴュー作の主人公やさしい知性派探偵といわれるアルバート・サムスン(私のもっとも好きなキャラクターです。)ぐらい。

インディアナポリスを舞台とするものより、イギリスに移ってイギリスを舞台にしたもの多いのですが、これがまた、従来のアメリカを舞台にした作品とは違ったユーモアに満ちたものになっています。
最初はちょっとついていけないか、とも感じたのですが、さほどのことはありません。これもまたおもしろいものです。別の一面を見るのもいいものです。

私のおすすめは、税金対策で「探偵をやってみたら」依頼客が現れて事件調査をやるはめになリ…、という一本目、テレビの特番にある警察もののドキュメントのような、パトカーに一般市民が同乗する二本(パウダーものの「夜勤」とノン・シリーズの「女が望むもの」)、ローヴァーもの「恩人の手」も優しくていい気持ちにさせる、「少女と老人のおはなし」なども軽くていいし、探偵家族ものはそれぞれ愉快な登場人物たちが読ませます。

ストーリー・ノートや巻頭の「はじめに物語ありき」という序文など自作解説があり、リューイン・ファンもお買い得の一冊でしょう。

できれば新しいサムスンものが読みたい気もしますが…。

|

« レフティやすおの左組通信 一周年 | Main | 11回アンケート投票結果:「利き手(左利き)の矯正」という言葉をどう思いますか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外ミステリ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/2545107

Listed below are links to weblogs that reference 『探偵学入門』マイクル・Z・リューイン:

« レフティやすおの左組通信 一周年 | Main | 11回アンケート投票結果:「利き手(左利き)の矯正」という言葉をどう思いますか »