« 『読書力』齋藤孝 | Main | ネット接続不調で更新できません »

2005.01.25

左利き活動15年目

先日「左組通信」「左利き自分史年表」を更新していて気付いたのですが、私の左利き活動も今年で15年目に入ります。

15年目といっても、途中4年ほどブランクがあるので、実際には丸十年ということになります。
しかも、大半は自分のまわりだけで活動していただけですので、あまり表立ったことはしていません。

ネットで一般に広く公開した昨年が元年とも言えます。

とはいえ、これも自分は何もしていないわけです。ネットに接続しているだけです。
そして、多少読んでもらえるようにと、ネットで知った方々に一方的にリンクをお願いしたり(幸い快くお受けしていただけた方ばかりで、大助かりしています。感謝感謝です。)、検索で拾ってもらえるようにあちこち登録した以外は。

今年はその二年目になります。
プロ野球では二年目のジンクスなどといいますが、そういうことにならぬよう気を引き締めてかからねばと自戒しています。

今年も従来どおり、自らの左利きに関する体験を交えた、左利きおよび利き手についての啓蒙活動、左手・左利き用品や左利き・利き手関連の本の紹介、等続けて行きたいと考えています。

まあ、曲がりなりにも十年余り左利きについて考えてきたので、それなりに感慨、あるいは、昨今の事情について、思うところもありますが、それらはまた機会があるごとにふれてゆきたいと思います。

一言だけ言えば、実感としては手作りで新聞や季刊誌を出していたときの方が、活動しているなぁ、と言う手ごたえがありました。ピンポイントで相手に郵送するわけで、反響も直接手にすることができ、無視されることも多い半面あたたかいお手紙をいただくと、もう言葉では表現できぬほどの喜びでした。

最近はアンケートに対する御意見などいただけると、同じような感激はありますが、直接やり取りするのとはやはり違います。

最後に、引き続き、「左利きプチ・アンケート」における皆様のご協力をお願いいたします。(特に今年は、今まで以上に多くの、右利きの皆様の御意見をお聞かせ願えたら、と切にお願い申し上げます。)

* 左利きの話題の予告 *
1 1月24日付産経新聞の記事「生命ビッグバン/こども大変時代/第1章ただいま成長途上/右利きと左利き」について―私の知識と記事の文との間に多少の解釈?の違いがありますが…。
2 左手・左利き用ハサミについて―フィスカース、プラスの子供用の新しいハサミが出ていました。
3 100円ショップの左手で持ってもロゴや絵柄が逆立ちしないお箸について―以前から話には聞いていたのですが、先日初めて目にしました。
4 「左きき」が書名に入っている小説について―ヤング・アダルト(中高生以上)向けの小説です。
―それぞれ、近日中に掲載の予定ですが…。

|

« 『読書力』齋藤孝 | Main | ネット接続不調で更新できません »

左利き」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

なかのです。こんにちは。

15年目、凄いですね~。
15年前の私は、まだ幼稚園児だったので、たぶんほぼ完全に左利きだった・・・と思います(^^;

最近の私ですが、時間をみては左手で字を書く練習を始めました。
ま、これはとある事情により“必要にかられて”なんですけど・・・(汗)

30ウン歳の手習いなので、どこまでできるかわかりませんが、この先1ヶ月程度である程度モノにできれば・・・と思っているところです。

Posted by: 中埜実(亀井) | 2005.01.26 at 12:15 AM

中埜さま、遅くなりましたが、コメントありがとうございます。

十五年目、他人に向けて自慢するつもりではなく、それが自分の人生だったからその歴史は大切にしたい、という思いです。
それゆえ、他人からもそれなりの扱いをして欲しいと願う気持ちも、皆様にご理解いただきたいと思っています。
他人の人格を尊重するということは、大切な人間としての心の持ち様、思いやりです。それはまた自分に帰ってくるものでもあると思います。

年数に関しては生きていれば自然に積み重ねられるものです。お若い方は当然不利です。でも、いつかはそうなるのです。あまり意味はないものなのですよ、ホントはね。
でも、誰でもみんな、自分の中では自分が一番大きな存在なのです。

さて、左手で字を書くことを始めたとのこと、どういう事情があるのかは存じませんが、私から贈る言葉としては、どちらの手を使うにしろ、どのような道具を使うにしろ、自分の持つ能力を最大限に発揮する方法は何か、ということを第一に考えてほしいな、ということです。

たいていの右利きの人は、利き手である右手を使い、その右手で右利き用の道具を使い、自分の持つ能力を最大限に発揮して、日々を暮らしています。
私は左利きの人にも、それと同様の機会を与えて欲しいと願っているのです。

本当の自分に会えるかもしれませんね。意外に右利きだったりして???(^^;
もしよろしければ、サイドバーでも紹介している『左利き用 ボーペン字練習帳』をご利用ください。ちょっと使いにくいとこもあるけど…。

Posted by: レフティやすお | 2005.01.30 at 04:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/2695190

Listed below are links to weblogs that reference 左利き活動15年目:

» 普段は忘れていますが、 [裏浦別館庫]
 管理人は左利きです。自分から言わない限り、あまり気付いてくれる人がいないので、 [Read More]

Tracked on 2005.01.29 at 01:54 PM

« 『読書力』齋藤孝 | Main | ネット接続不調で更新できません »