« 生き続けることは、あり続けること | Main | 左利きを右手使いに変えさせる理由 »

2004.12.05

第11回左利きプチアンケート「「利き手(左利き)の矯正」という言葉をどう思いますか」のお知らせ

サイドバーでお知らせしていますように、12月5日より第11回左利きプチアンケート「「利き手(左利き)の矯正」という言葉をどう思いますか」を始めます。投票にご協力いただけると幸いです。

---

貴方は「利き手(左利き)の矯正」という言葉を聞いた時どう思いますか、どう感じますか。

単に「変更する」という意味でこの言葉を使う人がいます。
声に出せば「きょうせい/キョーセイ」であって、特にその漢字に含まれている正邪・善悪の意味を問うものではない、という人もいます。

また、「矯正」は「強制」であると考え、この漢字で表現する左利きの人もいます。

「「利き手(左利き)の矯正」という言葉の使用について」でも書きましたように、私はこの「矯正」という言葉を左利きに適用するのは間違いだと考えています。
左利きは「正さねばならない欠点」ではありません。よって「欠点を正す/直す」という意味の「矯正」という言葉で表現すべきではないのです。漢字として「矯正」と表せば、漢字としての意味を持ちます。(くわしくは『お茶でっせ』「「利き手(左利き)の矯正」という言葉の使用について」他、『左組通信』「私論2」をご覧ください。)
*
さて、貴方はこの「利き手(左利き)の矯正」という言葉にどんな印象をお持ちでしょうか。
使っても良い、使うべきではないと両意見があるようですが、それをどう思われますか。

以下の中から、貴方の意見に一番近いと思われるものをひとつ選んでお答えください。

*投票者の利き手別で選択肢を用意しています。ご自身でご自分の利き手を右もしくは左と、どちらか判断した上で投票してください。

*一言言わせて、というお方は投票後に表示されます一番下の「ご意見ボード」をご利用ください。もっと言わせて、というお方は掲示板もご利用ください。貴方のご意見ご感想をお聞かせください。


1 右利きの人/使用:可 /昔からの用法であり、右手使いへの変更を表現する言葉として普及しているので、それでよい
2  〃 /使用:可 /厳密な言葉の意味など神経質になる必要はないし、ただの言葉なので気にすることではない
3  〃 /使用:自由/使いたい人は使えばよいし、使いたくない人は使わなければいい、それだけの問題だ
4  〃 /使用:不可/もはや左利きは矯正すべき性質とは考えられないので、不適切な言葉で使うべきではない
5 左利きの人/使用:可 /昔からの用法であり、右手使いへの変更を表現する言葉として普及しているので、それでよい
6  〃 /使用:可 /厳密な言葉の意味など神経質になる必要はないし、ただの言葉なので気にすることではない
7  〃 /使用:自由/使いたい人は使えばよいし、使いたくない人は使わなければいい、それだけの問題だ
8  〃 /使用:不可/もはや左利きは矯正すべき性質とは考えられないので、不適切な言葉で使うべきではない

*
投票は『レフティやすおの左組通信』の「表紙」アンケートでお願いいたします。

*この記事は(goo部外者ですが)、gooブログ◆左利き同盟◆に参加しています。

|

« 生き続けることは、あり続けること | Main | 左利きを右手使いに変えさせる理由 »

左利き」カテゴリの記事

左利きアンケート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/2153754

Listed below are links to weblogs that reference 第11回左利きプチアンケート「「利き手(左利き)の矯正」という言葉をどう思いますか」のお知らせ:

« 生き続けることは、あり続けること | Main | 左利きを右手使いに変えさせる理由 »