« ネットで拾った左利きの話題:マナーの悪いCM | Main | goo ブログ 左利き同盟 »

2004.11.17

左利き文化史年表の試み

前々から「左利き文化史年表」といったものがあればいいなぁ、と思っています。
左利きに関する文献だけでなく、社会現象なども含めたもの。

たとえば、こんな時期にこういう本が出ていたな、とか、この頃に左利き用の道具○○が発売された、といったこと。
あるいは「わたしの彼は左利き」のヒットした年は? とか、どん兵衛の山城新吾さんと川谷拓三さんとの左利きコンビのCMはいつだったか、とか知りたいことがあったりします。

また、自分の体験からこの時期から左利きに対する風当たりが変わったなとか、いろいろ考えることがあります。

そこで、左利きにまつわる様々の事柄を年表式に記載したものがあると便利じゃないか、と思うのです。

まあ自分でできる範囲で、ということで『レフティやすおの左組通信』で「レフティやすおの左利き自分史年表」というものをこしらえて、それらしいものを作っています。

そこではどうしても自分が関与した事柄や出来事が中心になります。
そうではなく、もっと広く社会全体の動きを記録に留めて置けたらなぁ、と考えています。

『クラブレフティ』のサイト管理者、大路直哉さんのお書きになられた本『見えざる左手』(サイドバーの「左利きのサイト」および「左利きの本」参照)には、そういう明治以降の日本の社会的な動きが克明に調査されて描かれていました。

これをもっと広げて、戦後の各企業の左利き用品の取り組みなども付け加えて、左利きの文化史を総合的に鳥瞰できるようなものができればいいな、と思います。

自分の生きている間だけでも、と思い自分なりに年表に手を加え、少しでも多くの社会的な動きを書き加えるように努力しています。
しかしそれだけでは足りません。歴史の一ページにしかすぎません。

もっと広いレンジで歴史全般を扱うものにしたいものです。
私にはかなり手ごわい仕事ですので、どなたかお若い方でわれこそはという方が現れないものかと首を長くしています。

個々の事象においてはそれぞれに研究する人がいるようです。
たとえば利き手についての研究、脳と利き手の関係といった脳神経科学の問題や左利きの全人口に占める割合とか、自動改札機における左利き対策についてとか、あるいは左利き用品のあれこれ、共用品・ユニバーサルデザインと左利き、などなど。

しかし、社会における左利きに対する見方や考え方の変遷とか、それに伴う左利き用品の普及の状況についてなど、具体的な現象や事件を通して時系列の中で総合的に左利きについて考察し、わかりやすく書き表したものは出ていないようです。

こういうものが出てくると、左利きに関する現状認識というものがどの辺にあるかということも明らかになると思います。

そして左利きの問題というものの存在が明瞭になり、誰にも優しい社会の実現に向かっての改善への大きな一歩になると思うのですが…。

*
というわけで私なりに自分史年表の枠で、色々な左利きにまつわる情報を書き記しています。

つきましては、何かこれはという情報をお持ちの方はご連絡ください。
また、メーカーさんや販売店の皆様で左手用・左利き専用品や左右両用・共用製品などに関して、いついつからこういうものを扱っている等の情報がございましたら、ぜひご一報くださいますようお願いいたします。

|

« ネットで拾った左利きの話題:マナーの悪いCM | Main | goo ブログ 左利き同盟 »

左利き」カテゴリの記事

左利きを考える」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/1990760

Listed below are links to weblogs that reference 左利き文化史年表の試み:

« ネットで拾った左利きの話題:マナーの悪いCM | Main | goo ブログ 左利き同盟 »