« きょう8月13日はINTERNATIONAL LEFTHANDERS DAY | Main | 最後のカウボーイ、ハヤブサ『マディソン郡の橋』 »

2004.08.15

第7回アンケート「左利きでも字は右手で書くべきか?」のお知らせ

私のもうひとつのサイト「レフティやすおの左組通信」で毎月(正確には4週毎に)行っている、左利きアンケートの第7回「左利きでも字は右手で書くべきか?」 を「利き手左右別」で、きょう8月15日より実施します。

*
左利きでも字は右手で書くべきか?

左利きのお子さんに対して、左利きを右手使いにするべきだと考える人は徐々に少なくなっています。
しかし、他の動作はともかく字を書くことに関しては、書道の先生ならずとも、字は右手で書くべきだという人が少なくありません。
主に右利きの人に多い意見ですが、左利きの人にも見られます。この場合はご自分が右手使いの方に多いようです。
理由としては、左手では字は書きにくい、字は右手で書くようにできている、というところです。

ある字の書き方を教えるサイトの先生も、左利きでもきれいな字を書くのなら右手で、と教えています。

左利きの子であっても、お箸はともかく字だけは右手で、もしくは、男の子はいいが女の子はカッコ悪いからやはり右手で、という意見の親御さんもおられます。

また状況により、時と場合により、右手と左手を使い分けるべきだという人もいます。
人前では右手で書き、私的な場面では左手を使って良い。あるいは、習字・書道などの毛筆書きの大きな字などは右手で行い、同じ毛筆でも小筆や通常の鉛筆やボールペンなどで字を書くときは左手を使う、というような使い分けをすればよいというのです。

さて貴方は、左利きの場合でも「字は右手で書くべきだ」と思われますか、それとも「左手で良い」と考えておられますか。
次の中からいずれかひとつを選んでお答えください。

*投票者の利き手別で選択肢を用意しています。ご自身でご自分の利き手を右もしくは左と、どちらか判断した上で投票してください。

*一言言わせて、というお方は投票後に表示されます一番下の「ご意見ボード」をご利用ください。もっと言わせて、というお方は掲示板もご利用ください。貴方のご意見ご感想をお聞かせください。

1(右利きの人)「やはり右手で」
2( 〃 )「女の子は右手で」
3( 〃 )「状況により右手と左手の使い分けを」
4( 〃 )「左手でよい」
5(左利きの人)「やはり右手で」
6( 〃 )「女の子は右手で」
7( 〃 )「状況により右手と左手の使い分けを」
8( 〃 )「左手でよい」


~過去に実施したアンケート~ 第1回 左利きイメージ調査  (参照)→*〈左組〉「左組通信」〈2004年3月〉 第2回 左利きで困ったこと(物理的バリア編) →*〈左組〉「左組通信2」〈2004年4月〉 第3回 左利きの子に右手使いを試みるか否か →*〈左組〉「左組通信2」〈2004年5月〉 第4回 貴方の好きな左利きの呼び名は何ですか? →*〈左組〉「左組通信3」2004年6月〉 第5回 左利き?と思うのはどんな仕草ですか →*〈左組〉「左組通信3」〈2004年7月〉 第6回 生まれ変わってくる時は右利きor左利き? →*〈左組〉「左組通信3」〈2004年7月〉

*2008.4.30追記* 左手書字について―
・『左利きを考える レフティやすおの左組通信』
「左手で字を書くために―レフティやすおの左利き私論4―」
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』
「左手書字の研究―実技編」(2008年より第三土曜日発行分に掲載)

|

« きょう8月13日はINTERNATIONAL LEFTHANDERS DAY | Main | 最後のカウボーイ、ハヤブサ『マディソン郡の橋』 »

左利き」カテゴリの記事

左利きアンケート」カテゴリの記事

左手書字」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/1198291

Listed below are links to weblogs that reference 第7回アンケート「左利きでも字は右手で書くべきか?」のお知らせ:

« きょう8月13日はINTERNATIONAL LEFTHANDERS DAY | Main | 最後のカウボーイ、ハヤブサ『マディソン郡の橋』 »