« 左利き短歌に挑戦 | Main | OUTはアウト/桐野夏生「OUT」エドガー賞逃す »

2004.05.01

左利き短歌その2

<右利き偏重社会>
かなしみは利き手の違いで差別され頑固な社会になみだなみだ
改札でからだとともに心までひねってねじれてかなしくて 

自動改札は、常に心して通らねばならない関門だ。あらかじめの用意がスピードに現れる。常に次の行動を予測して、シミュレーションすることが成功の秘訣だ、何事も。 04.4.18

<幼き日の思い出から―右手筆記の特訓>
おかしいといわれた言葉胸に秘め右手使いに挑んだあの日 
おかしいといわれた言葉になにくそと震える右手折れる鉛筆

右手使いを強要される(かつてはこれを矯正と呼び、さも正しい行為のように考えられていた)ことはなかったが、あるとき大人から言われた言葉に発奮し、人に隠れて右手使いにチャレンジしたことがあった。(すごく穏当な表現で素直な感じが出ているが、実態はもっとどろどろしたものが心の中に渦巻いていたものだ!)
字を書くことだったが、カタカナや画数の少ない簡単な漢字などは書けるようになったが、一画一画に力が入りすぎるのと時間がかかりすぎることなど、あまりに効率の悪さに非実用的で無駄な努力と見切りをつけた。 04.4.30

|

« 左利き短歌に挑戦 | Main | OUTはアウト/桐野夏生「OUT」エドガー賞逃す »

左利き」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9453/522417

Listed below are links to weblogs that reference 左利き短歌その2:

« 左利き短歌に挑戦 | Main | OUTはアウト/桐野夏生「OUT」エドガー賞逃す »