2016.06.30

古代中国思想編(8)礼記を読む&抄訳

 ―第178号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2016(平成28)年6月30日号(No.178)-160630-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(8)礼記を読む」


本誌は、中国古代思想<四書五経を読む>の8回目、「『礼記』を読む」でした。

 ●抄訳

私が読んだものは、抄訳でした。
抄訳だからダメということはないのですが、全容を知るという意味では全訳を読んでおきたいという気持ちはあります。
内容を理解できるかどうかは別にして、一度は見ておくことが大事だと思っています。

意外に、何かしら参考になる部分があったり、感じる部分があったりするかもしれません。

抄訳について書けば、“分かっている”訳者さんによる抄訳なら価値ありだと思います。

ただ自分と合う合わないという面もあります。
どうしても訳者による意図的な省略があるので、それが適したものなら、という条件があります。

そこで、全訳なら翻訳の問題だけですので、課題が一つということになります。


最近は「超訳」という本も増えています。
これは正直ちょっと……という気がします。

確かな人物のものなら抄訳でもいい、と書きましたが、超訳というのはどうしても信用できません。

意訳でもなければ抄訳でもなく、すべてが訳者の意にかかっているので、適当な感じがして、どうも信頼感に欠けてしまいます。
読んでもらえればよい、というものでもないでしょう。
最近の悪い傾向の一つだと考えています。


例えば、最近のもので集英社文庫で『ポケット・マスターピース』という海外の19世紀を中心とした作家の文学作品シリーズが出ています。
マスターピースという各作家の代表作を集めた入門書となっています。

ここでは、分量的に限度があり、長尺もの作品を抄訳で収録しているケースがあります。
トルストイ篇では『戦争と平和』マーク・トウェイン篇では『ハックルベリー・フィンの冒険』抄訳で収録されています。
それぞれ一流の編訳者が抄訳にチャレンジしています。

*ポケットマスターピース|集英社文庫ヘリテージシリーズ
『マーク・トウェイン』柴田元幸/編


その作品をよく分かった人が精力的にダイジェストしたものなら、それなりの価値が認められます。
まずは、抄訳を入り口にその作品に親しんでもらうという姿勢は有効です。

そういう意味では、抄訳も決して捨てたものではありません。
ただ余裕があれば、全訳を、と言いたいですね。

優れた作品と呼ばれるものには、理由があるのです。
その理由を知りたいと思いませんか。
私は思います。
だから一ページも逃さず読んでおきたいと思うのです。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』


*本誌で参照した本:
『論語 孟子 荀子 礼記(抄)』平凡社〈中国古典文学大系・1〉1970.1
―礼記(抄) 竹内照夫/訳


竹内照夫『四書五経入門 中国思想の形成と展開』(平凡社ライブラリー320 2000.1.24)
 「第三章 礼、その形と心―『礼記』」


野間文史『五経入門 中国古典の世界』研文出版・研文選書119 2014.3.20
 「第五章 礼(儀禮・禮記・周禮)」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.06.29

左利きの剛力彩芽さんの3度目の始球式は大暴投

ちょっと前のニュースですが、
6月25日、剛力彩芽さんが、東京・神宮球場で開催された「東京ヤクルトスワローズ×中日ドラゴンズ」で始球式を行ったそうです。

始球式は3度目だそうで、“剛”速球のノーバン投球をめざし、山田哲人選手から斜め45度で投げるようにアドバイスを受けて練習したものの、結果は大暴投だったと言います。

始球式後のインタビューで、「今までで一番ひどかったですね」と答える剛力さんに、つば九郎は「50(ゴー)」点を付けていました。


160625gouriki4

160625gouriki

160625gouriki3

160625gouriki2

(画像:剛力彩芽さんの始球式―産経フォトより)

剛力彩芽、3度目は大暴投 『東京ヤクルトスワローズVS中日ドラゴンズ始球式』(oricon)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.06.15

左利きってなんだ(7)両使いと両利き(3)-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第470号

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』6月4日発行、第470号のメルマガのお知らせです。

160611hokozakisoichi

(画像:箱崎総一著『左利きの秘密』1979 [図書館本]『左利きの世界』1968)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第470号(No.470) 2016/6/4
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
左利きで心地よく生きるための方法(19)
左利きってなんだ(その7) 両使いと両利き(3)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第一土曜日掲載
―その22― 左利きで心地よく生きるための方法(19)
左利きってなんだ(その7) 両使いと両利き(3)」
------------------------------------------------------------

 今回もまた引き続き、
 「両使い」と「両利き」について考えてみます。

 ・・・

 よく「両利き」という人がいます。
利き手の研究をされている
学者の先生方も使っている言葉なのですが、
実際は「中間的な人」が、「利き手」とは別に
 反対の手も使えるというだけのことで、
 両方の手が同じレベルで使いこなせる「両利き」ではなく、
 反対の手もある程度使える、単なる「両使い」だ、
 と私は考えています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
―その22― 左利きで心地よく生きるための方法
 世界がもし100人の人が立つ橋だったら(19)
  左利きってなんだ(その7) 両使いと両利き(3)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ●前回のおさらい
 ●“自発性”

授かった贈り物をどう使うかは、授けた者ではなく、授かった者が決めることなのです。リチャード・バック 法村里絵訳『フェレット物語 V 名探偵の大発見』(新潮文庫 平成21年 2009/9/29)

 ●片側への依存度が低い
 ●〈片側利き⇔両側利き〉

『「左利き」は天才?―利き手をめぐる脳と進化の謎』デイヴィッド ウォルマン/著 梶山 あゆみ/訳 日本経済新聞社 2006.7「第9章「左vs右」ではなかった」
―左利きの科学ジャーナリストが、左利きの疑問を解決するべく、世界を巡り、左利きの周辺情報を探る、科学エッセイ。日本編もあり。

 ●自発性
 ●それでも挑戦するなら
 ●おとなになれば、自力で変革できる

子どもが成長していく過程で、まず最初に出会う他者――、それが父親であり、母親である。利き手に対する理解は、誰よりも子どもの親が持たなくてはいけない。それなくして、左手の解放はありえないのである。箱崎総一『左利きの秘密』「第5章 左利きの子を持つ親に」より(立風書房・マンボウブックス 昭和54年 1979.6)

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私の読書論81-読みやすい本(形式)とは何か

 ―第177号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2016(平成28)年6月15日号(No.177)-160615-
「私の読書論81-読みやすい本(形式)とは何か」

本誌では、ある本のレヴューにあったご意見を基に、「読みやすい本(形式)とは何か」というテーマで、対話形式と論文形式との比較をしています。

思いのほか話が膨らまず、自分としてはもう一つ何な結果でした。
考えが甘かったというか、熟成不足と言いますか、ちょっと納得できませんでした。

またいつか機会があれば、もう一度チャレンジしてみたいものです。

 ・・・

詳細は本誌で!


*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』


*本誌で取り上げた本:
『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見 一郎、古賀 史健/著 ダイヤモンド社 2013/12/13

『アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために』岸見一郎/著 ベスト新書 1999/9

『アドラー心理学 実践入門――「生」「老」「病」「死」との向き合い方』岸見一郎/著 ベストセラーズ ワニ文庫 2014/5/21

--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.06.07

『ミステリマガジン』2016年7月号創刊60周年記念号を読む

前回の『ミステリマガジン』の記事:
2016.6.6 『ミステリマガジン』2016年7月号創刊60周年記念号を買う

160531_hmm717s

(画像:「創刊60周年記念号」を手にニッコリの筆者)

特集は、「創刊60周年記念号」です。

本誌にゆかりの内外著名作家の再録や新訳の〈短編競作〉、人気コラムニストによる選りすぐりの名編を再録した〈コラム・アンコール〉、本誌にまつわるミステリ史と人物ファイルで綴る「60年史」松阪健さんの選んだ年間この一冊「60年60冊」〈資料と研究〉

〈短編競作〉では、久しぶり?に海外作家の作品4作を交えて。
〈コラム・アンコール〉では、都筑道夫さん、田中小実昌さん、青木雨彦さん、瀬戸川猛資さん、児玉清さん、そして小鷹信光船長といった今や伝説になってしまった人々と現役組と。
〈資料と研究〉の「60年史」はもう少し詳しくてもよかったのでは? 「60年60冊」も力作。

これから二カ月かけてじっくり読ませてもらおうと思います。

とにかく、おめでとうございます。


 ●『ミステリマガジン』の思い出、イラストレーター編

今回、私は『ミステリマガジン』の思い出として、イラストレーターさんのことを書いてみましょう。

一番始めに挙げるべきは、やはり真鍋博さんです。70年代からの表紙他。
次に、ユーモアスケッチ等の畑農照雄さん。
幻想と怪奇等の楢喜八さん。
ハードボイルドやクライム系?等の山野辺進さん。

最後に私の一番好きだった人を挙げますと、それは怪盗ニックやイラストマップ等の桜井一さんです。
小説家に転身されたと思ったら、突然亡くなられて……。

この辺の方々が記憶に残るベスト5でしょうか。

またHMM回顧の機会がございましたら、ぜひともイラストレーターさんの特集をお願い致します。

『ミステリマガジン』2016年7月号創刊60周年記念号

Hayakawa Online News【通巻717号】より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ミステリマガジンが創刊60周年を迎えました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカのミステリ専門誌「エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン」の
日本版として、1956年に誕生したミステリマガジンが
今月25日発売の2016年7月号をもって、創刊60周年を迎えました。

今回の記念特集号では60年の歴史を振り返る年表に加え、
名作家たちによる短篇やコラムの再録をお届けします。
ロス・マクドナルド、トマス・H・クックの初訳、
ジョン・チーヴァー、片岡義男、皆川博子の再録のほか、
田口俊樹によるコーネル・ウールリッチの新訳を収録。
どれも60年という節目を飾るに相応しい内容となっています。

特集のほかに、今年来日した北欧作家
『猟犬』のヨルン・リーエル・ホルスト氏のインタビューと
〈エーランド島四部作〉のヨハン・テオリン氏による
特別講演の誌上再現記事にもご注目下さい。

ついに還暦を迎えたミステリマガジン。
これもひとえに読者の皆様のおかげです。
次の70年、80年、そして100年と
これからのミステリマガジンをどうぞよろしくお願いいたします。


*過去の『ミステリマガジン』の記事:
・2014.5.7 『ミステリマガジン』2014年6月号創刊700号と思い出のコラム
・2014.5.26 私の投書が『ミステリ・マガジン』読者欄に掲載されました


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.06.06

『ミステリマガジン』2016年7月号創刊60周年記念号を買う

まずは、60周年おめでとうございます。

160531_hmm717700


(画像:2014.6<創刊700号記念特大号>と2016.7<創刊60周年記念号>)

ここまでの頑張りは特筆ものです。
『SFマガジン』と並んで、孤高の雑誌と言ってもよいでしょう。

途中いくつかのライバル誌が登場しましたが、そのすべてをことごとく退けてきたのはひとえに、制作者(作家、訳者、コラムニスト、書評家、イラストレーター、編集者諸氏並びに経営陣、営業担当等社員等)及び印刷製本等製作者、広告主の皆様方一同、その情熱の賜物でしょう。
もちろん、私たち愛読者の力もありますが。

 
 ●海外/翻訳ものはオワコンか?

1970年9月号〈E・S・ガードナー追悼特大号〉以来のHMMオールドファンである私の中ではオワコン化しつつある本誌ではありますが、“最後”の〈○十周年/○百号記念号〉だろうと思い、購入に踏み切りました。

数年前のリニューアルで、『SFマガジン』同様、メディア・ミックスの国内海外を含めた情報と文芸(作品)の、ミステリ専門誌となりました。

さらに隔月刊化されてからは、大きく国内作品に偏重したミステリ誌となりました。
海外情報こそ今まで同様といった感じですが、作品に関しては、まったくと言っていいほど掲載されなくなりました。
一度など、一作のみ、それもページ数にして本文2ページのみ、という号もありました。

今でもアマゾンでは《この雑誌について》の欄に《海外ミステリの高級専門誌》と書かれています。
こんな看板はもうとうの昔に下ろされています、よね。


ここまで説明すれば、海外/翻訳もの好きの私がオワコン扱いする理由もおわかりでしょう。

様々な事情があるのでしょう。
版権の問題とか、読者の傾向とか。

そもそも雑誌や書籍の売り上げも落ちている。
特に紙のものが。

本屋さんでも海外の翻訳もののスペースが極端に減っています。
数年前の何分の一かに激減です。

そういう状況で、HMMも海外ものだけでは誰も読んで/買ってくれない、ということなんでしょう。

これは単に本誌に関する話だけではなく、早川書房の翻訳書自体がそうなんでしょう。

雑誌で赤が出ても、書籍が売れれば、雑誌を出す意義もあるというものです。
しかし、掩護射撃するはずの雑誌が足を引っ張る中で? 本体もダメとなりますと……。

かつて〈海外文学の早川〉という看板を挙げていました。
今のように紙の本の売れ行き自体が落ちている中で、特に海外/翻訳ものが読まれない/売れない時代では、どうにもならないのでしょう。

仕方がないとはいえ、残念至極です。
私なりに応援しているのですけれど、ネ。


 ●代替わりした老舗洋食店

で、もう一度書きます。

最近の本誌は、まったく困ったものです。
老舗の洋食店として通い続けていたのに、代替わりしたら和食中心の店に代わっていたようなものです。

メニューを見ると、一応洋食らしい品目も掲げてありますが、前菜やデザート類で、肝心のメインディシュは和食ばかり。

これでは詐欺だ、とは言いませんが、先代や先々代が見たらどう思うだろうと気になります。
第一、昔の馴染み客はどうすればいいんでしょうか。

年寄のぼやきだと一蹴されるのでしょうか。

昔も、小林信彦さんの『大統領の密使』矢作俊彦さんの『リンゴゥ・キッドの休日』等がありました。

和食がダメというわけではありません。

一つは配分であり、もう一つはお店としての“らしさ”です。
後者は「伝統」と言い替えることもできるでしょう。

そこを勘違いしては、新規の客は取れても馴染み客は去ってゆきます。

行く末短い客だから切ってもいいと考えるのか、逆に最期を楽しく全うしてもらおうと感謝の気持ちを抱くのかでしょう。

 ・・・

内容については、後篇で――。

『ミステリマガジン』2016年7月号創刊60周年記念号

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.06.05

AKB48選抜総選挙、暫定21位倉野尾成美・同53位坂口渚沙はTeam8の左利き

6月1日、AKB48の45枚目のシングル選抜メンバーを決める『第8回AKB48選抜総選挙』の投票速報が発表されました。

ここで私が注目したいのが、AKB48 Team8のメンバー、第21位(9,349票)の倉野尾成美ちゃん(熊本県代表・くらのおなるみ)と第53位(5,667票)の坂口渚沙ちゃん(AKB48 TeamB兼任/北海道代表・さかぐちなぎさ)です。

まだ投票は始まったばかりで、あくまでも一日限りの暫定順位ですが、結成3年目のTeam8からは初のランクインです。

二人は、2000年生まれの15歳、Team8期待の両エースといったところです。

Akb48team8kuranoo_left

Akb48team8_kuranoonarumi

Akb48taem8_sakagutinagisa_lhw

Akb48taem8_sakagutinagisa_534bc624

特に、成美ちゃんは熊本県代表でもあり、熊本地震の被災者の方々に元気を届けようと、笑顔でガンバっています。
そういう彼女に21位を与えたファンの皆さまの気持ちもよくわかります。


 ●AKB48には左利きが少ない?

さて、AKB48の左利きさんと言えば、かつて不動のエースといわれた“あっちゃん”こと前田敦子さん(私の最初の推しメン)、2期メンバーでNMB48に移籍し卒業した“梅ちゃん”梅田彩佳さん、第1回じゃんけん大会優勝者で焼き肉IWAオーナーの内田眞由美さんといったところが、比較的よく知られています。

ところが、300人を超えるといわれるAKB48グループですが、上に挙げたように有名な人はいても、実際のところ、人数的には意外に少なかったようです。

しかし、Team8は、都道府県代表47人(この春3人が卒業、現在44人)のうち、今回総選挙に暫定ランクインした二人、倉野尾さんと坂口さん以外に、私の知るところでは、東京都・小栗有以(おぐりゆい)ちゃん、新潟県・佐藤栞(さとうしおり)ちゃん、福井県・長久玲奈(ちょうくれな)ちゃん、香川県・行天優莉奈(ぎょうてんゆりな)の4人がいて、都合6人です。
左利き率は、およそ12.7%で、最近よく言われる数字、13%にほぼ一致します。

近年左利きの子がよく目につく、増えているといわれています。
これは多分に、左利き本来の姿で生活している人が増えている結果でしょう。

左利きの私から見れば、当たり前のことですけれど、そうとは言え、こういう傾向は嬉しいものでもあります。

 ・・・

まだ速報の段階で喜ぶのは早いのですが、二人にはこのままランクインして欲しいものです。
もちろん、他のチーム8のメンバーにも。

ちなみに私の8メンバーの推しは、右利きですが、群馬の清水麻璃亜ちゃんです。

1_151219_en_013_7901s


倉野尾 成美 - AKB48 Team 8 supported by TOYOTA
#倉野尾成美 hashtag on Twitter

坂口渚沙 - AKB48 Team 8 supported by TOYOTA
#坂口渚沙 hashtag on Twitter

AKB48 Team 8公式ホームページ

(画像は、AKB48 Team 8公式ホームページ等より拝借しています。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.06.02

左手左利き用品考-右用左用の違い(3)カッター編-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第469号

Cutter_lefty

(画像:左手用カッターナイフあれこれ)

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』5月21日発行、第469号のメルマガのお知らせです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第469号(No.469) 2016/5/21「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(3) カッターナイフ 編」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
【左手・左利き用品を考える】 ..第三土曜日発行分掲載
 右用と左用の違い(3) カッターナイフ 編
------------------------------------------------------------

 左手・左利き用品における右用との違いについて―
 前回は、ハサミ編に続き、定規編を紹介しました。
 今回は、刃物のなかで左利きにも比較的やさしい道具である
 カッターナイフ 編をお送りします。

 ・・・

 左(手/利き)用と右(手/利き)用との違いについて
 勘違いをしていたり、よく理解されていなかったり、
 というケースが少なくなく、
 私のサイトへの訪問者の検索キーワードを見ていますと、
 その類のものが結構あります。

 「○○の右用と左用はどう違うの?」といったものです。

 それぞれの右用と左用の違いを、
 私にわかる範囲で説明していこうと思います。

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
 【左手・左利き用品を考える】
  右用と左用の違い(3)
  カッターナイフ 編
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

 ●カッターナイフの右用左用
 ●右手用
 ●右用を左手で使う
【※】 危険性について

 ●左右対応型小型カッターナイフ
 ●左手専用
【大型カッターナイフ】
・タジマツール サウスポー LC-504

・タジマツール 左刃 サウスポー替刃 10枚入 LB-50LP

・オルファ:OLFA レフティL型

・オルファ レフティ替刃 大 LBL10B

 ●左右共用可能品
【小型カッターナイフ】
・コクヨ カッターナイフ(標準型・グリップ付き)青 HA-7NB

 ●物足りなさ
 ●形状の左右性
【縦型カッターナイフ】コクヨ「フレーヌ」カッタ―ナイフ
・コクヨ カッター フレーヌ 大型 HA-S200YR オレンジ

・コクヨ カッター フレーヌ 標準型 HA-S100B 青

 ●刃を折る折り目の溝
【左刃の写真】
『レフティやすおのお茶でっせ』2013.7.10
LGPJ14カッターナイフ5~左刃&持ち方~左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii371号

Tajima_southpaw_kaeba


 ●ロータリーカッターナイフ
◆大型でも左右変換できる
・【クロバー】ロータリーカッター45mm

◆左右対称形の例として挙げたロータリーカッター
「オルファ ロータリーカッターLL型 136B」

 ●ケガをしないために

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』

--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.05.31

古代中国思想編(7)詩経を読む(後編)

 ―第176号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記

★古典から始める レフティやすおの楽しい読書★
2016(平成28)年5月31日号(No.176)-160531-「古代中国編―
中国の古代思想を読んでみよう(7)詩経を読む(後編)」


本誌は、中国古代思想<四書五経を読む>の7回目、「『詩経』を読む(後編)」でした。

印象に残った詩篇のいくつかと、『詩経』出典の「維新」等の成語・成句を紹介しています。

あれこれ書いているうちに、長いメルマガになりました。
カットしてもいいのですが、読んでいただくことにします。

長く書くことは簡単です。
グダグダと書き連ねればいいだけ。

短くするのは大変です。
要所をきちんと押さえて必要不可欠な言葉のみを抽出する。

頭を使わなければできません。
集中力が必要です。


どこまで読み取れているのか、怪しいものではありますが、文章を書くとは恥をか(書)くこととも言います。

できる限りガンバって書いてみました。
楽しんでいただければ、幸いです。

 ・・・

中国の古代人の詩篇に、現代人にも通じるものを見ることができます。

いつの時代にも政治というものは、人民の生活に大きな影響を与えるものです。
一部の人たちが握っていた政治とはいえ、その影響は波紋が広がるように末端にまで及ぶのです。
それは古代であっても現代であっても変わりません。

今、私たちは政治に関与する権限を与えられています。
粗末に扱うことのないようにしたいものです。

 ・・・

詳細は本誌で!

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『(古典から始める)レフティやすおの楽しい読書』


*本誌で参照した本(◎:原典邦訳 ○:概説書):
◎白川静/訳注『詩経国風』平凡社・東洋文庫518 1990/5


◎白川静/訳注『詩経雅頌1』平凡社・東洋文庫 1998/6


◎白川静/訳注『詩経雅頌2』平凡社・東洋文庫 1998/7


白川静『詩経 中国の古代歌謡』中公文庫BIBLIO 2002.11.25


『白川静 漢字の世界観』松岡正剛/著 平凡社新書440 2008.11.14

--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.05.26

『文房具図鑑』山本健太郎くんは左利きの小学生(当時)

以前から噂では聞いていましたが、なんと左利きというではありませんか、というわけでここでも取り上げておきましょう。

(情報源:いつものガボちゃんブログ 2016年05月24日左右性も検証してる? から)

Yamamotokentarou_lh


(画像:左利き発言・左手書き てがきびと・いろは出版・ねとらぼ より)

小学生(《この春からは中学生だけど》)文房具研究家・山本健太郎くん

平成15年5月6日生まれ。1年近くかけて手書きでつくった「文房具図鑑」がニフティの「デイリーポータルZ」で取り上げられて話題に。その後、テレビやラジオに出演するなど注目を集めている。
<出演した主なWEBサイト・番組>
ニフティ「デイリーポータルZ」、TBS「白熱ライブビビッド」、日本テレビ「スッキリ!!」「ズームイン!!サンデー」「所さんの目がテン!」、ニッポン放送「戸田恵子オトナクオリティ」

2016年3月21日
TBS 白熱ライブ ビビット

2016年3月25日発売
「文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説」1500円(税抜)いろは出版


2015年10月20日
夏休みの宿題で作った文房具図鑑がすごい - デイリーポータルZ:@nifty
2015年12月29日
文房具図鑑を作った小学生、その後すごいことに - デイリーポータル Z - nifty
2016.01.28
小学生が作った“文房具図鑑”いろは出版での制作秘話を公開 スッキリ
2016年3月
小学6年生が作った「すごい文房具図鑑」は書籍になってもすごかった
2016年3月16日
コクヨ「てがきびと」 第15号「溢れる好奇心を緻密に書く人」山本健太郎


 ●《紙に引っかかる気がする》

上↑の「てがきびと」のインタヴューから――

健太郎くんは細字のペンや硬めの鉛筆なんて好きじゃないでしょ?》という問いに、
最近の子は、筆圧が低く、3B・4Bの柔らかいものを使う子が多いといい、
僕は筆圧強いんですけど、逆に3Bとか4Bとか使うのが好きなんです。ペンでも細字だと紙に引っかかる気がするし。ガッガッって書きたいの。》と返答しています。

この《ペンでも細字だと紙に引っかかる気がするし。》という発言は、やはり左手書きによるものではないか、と推察します。

いつも(このブログやメルマガ等で)書いていますように、左手で書くとどうしても左から右へ鉛筆を動かす場合に不都合な面があります。
鉛筆を押すような書き方になり、硬めの鉛筆では芯の先が紙面に突き刺さったり引っ掛かったりしがちです。
左手書き特有の問題です。

私は、芯の柔らかいものを推奨しています。


「てがきびと」のサイトに紹介されていた画像に、ハサミを紹介するくだりで、《左手用もほしい/(自分は左ききだし)》と書かれています。

本を見ていないので、他にどのような記述があるのか存じませんが、このような左利きのユーザー視点のコメントが含まれていることを期待しています。


 ●左利きの現実

もう一つ、ペンにしろハサミにしろそれぞれの製品のロゴの類がみな横書きなので、右利きの人が持つときの方向で図示されています。
この辺が、左利きの私から見ますと、通常使うときとは“逆向き”表示で、ちょっと馴染めません。
(私がサイトに画像を挙げる際には、できるかぎり、左手で持つときの方向を採用するように心掛けています。もしくは縦置きで。)

Dsc050817_108

(画像:鉛筆と持ち方補助具)

左利きの人が使用する持ち方に準じて左から右へ向って描くと、ロゴの文字が逆立ちしてしまうので、見づらいと思われるのかもしれません。

でも、それが左手使いの左利きの人たちの“現実”なのです。
そういう事実を右利きの人たちに知っていただきたい、という気持ちがあります。

右利きの人たちの常識をひっくり返したいものです。

もし次回があれば、そういう左利きユーザーの視点をいっぱい取り込んだものにしていただきたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«左利きってなんだ(6)両使いと両利き(2)-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第468号